Country

ルワンダ

ルワンダ RWANDA

アフリカの自然や暮らしをコンパクトに満喫できる国

ルワンダはアフリカ大陸のほぼ中央に位置し、首都のキガリ以外はほぼ丘陵地で、北西の火山群から南東へは険しい山々が連なっています。熱帯雨林の森、火山、サバンナ、湿地帯、湖などの多様な自然環境と、そこに住むたくさんの貴重な動植物、そして王国時代から続く伝統的な文化…そのどれもが首都キガリから3時間以内で体験できるのがルワンダの魅力です。絶滅危惧種に指定されているマウンテンゴリラを見ることができるゴリラトレッキングは有名です。

Reccomend SPOT ルワンダで訪れたい!おすすめスポット

VOLCANO NATIONAL PARK

ボルカノ国立公園
ゴリラトレッキング

Reccomend
SPOT

01

ルワンダ・ボルカノ国立公園。標高2,300mもの山の中に生息するマウンテンゴリラ。ジャングルの道なき道をかき分けて歩いて行くと、その先に広がるのが、彼らの棲む熱帯雨林の真っただ中。運がよければ30分、乾季で水や食料を求めてゴリラが遠くまで移動している季節は片道2時間以上歩くこともあり、トレッキングの所要時間は運次第。苦労の末にその姿を至近距離で目の当たりにできる体験は、生涯の思い出になるほどの貴重なもので、まさに感動のひとときなのです。

GOLDEN MONKEY TREKKING

ボルカノ国立公園
ゴールデンモンキートレッキング

Reccomend
SPOT

02

ルワンダのボルカノ国立公園では、ゴリラのほかにも、ゴールデンモンキーのトレッキングが人気です。赤茶色の身体に、ふわふわとしたシルバーグレイの毛が生えた顔にはくりくり目玉が愛らしい、でもその姿はかなりユニークなお猿さんです。竹林の奥深く、竹の皮をはいで食べるのが大好きな彼らは、竹の木の枝の間や、地面に下りて歩き回っている姿も観察できます。

KIGALI

現代史の悲劇
キガリ

Reccomend
SPOT

03

ルワンダというと有名なのがマウンテンゴリラですが、もう1つ有名なのがルワンダのジェノサイド(大量虐殺)。現代の悲劇というべきこの虐殺は1994年に起こり、約80万人もの人々が犠牲になりました。決して訪れて楽しい場所ではありませんが、繰り返してはならない人類の記憶について学ぶことができるのがキガリ虐殺記念館です。この場所の訪問は私たちが再度平和について考える重要なきっかけを作ってくれることでしょう。

HOTEL DES MILLE COLLINES

映画「ホテルルワンダ」の舞台
ホテル・デ・ミル・コリン

Reccomend
SPOT

04

キガリにあるオテル・デ・ミル・コリンは映画「ホテルルワンダ」の舞台となったホテルです。1994年に起こったジェノサイド(大量虐殺)の際、当時の支配人であるポール・ルセサバギナが1000人以上の人をかくまった場所として有名になりました。現在「ホテル・デ・ミルコリン」は改築され由緒ある立派な4つ星ホテルとなり、今も宿泊が可能です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ルワンダを知る

基本情報

首都
キガリ
言語
英語(公用語)、ルワンダ語、フランス語
宗教
キリスト教(カトリック、プロテスタント)、イスラム教 他
時差
日本から7時間遅れ
通貨・両替
現地通貨はルワンダ・フラン(RWF)
気候・ベストシーズン
東部のサバンナエリアは1年中温暖な気候ですが、北部のヴィルンガ火山群は朝晩の気温が低く平均が10℃以下になるので薄手のセーターなどの重ね着できるものが必要です。ゴリラトレッキングが行われるニュングウェの森林エリアは頻繁に霧が出て雨も降りやすいので、雨具が必需品です。