Country

トリニダードトバゴ

トリニダードトバゴ REPUBLIC OF TRINIDAD AND TOBAGO

「音楽」と「鳥」!魅力満載なカリブの島!

カリブの島々の中でも最南端に位置するトリニダードトバゴ。リオ、ベネチアと並ぶ世界3大カーニバルのひとつが行われることで有名なこの国は、周辺のカリブ諸国より面積がひとまわり大きく豊かな自然に恵まれています。ハチドリをはじめとするバードウォッチングや、「20世紀最後にして最大のアコースティック楽器の発明」といわれるユニークな楽器スチールパンやダンス音楽カリプソなど、幅広い魅力を秘めています。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge トリニダードトバゴを知る

基本情報

首都
ポート・オブ・スペイン
言語
英語
宗教
キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教
時差
日本との時差は-13時間(日本が正午のとき、トリニダード・トバゴは23:00)
通貨・両替
通貨単位はトリニダード・トバゴドル。コインにはセントがあります。日本円からの両替はできないので、アメリカドルを持って行き両替します。空港や町中に両替所があります。クレジットカードはホテルやレストラン等で使用できる場合もあります。
物価・チップ
チップの習慣がありますので、気持ちの良いサービスを受けた際は渡すようにしましょう。ホテルでは1ドル程度の枕銭を置いたり、タクシーでは荷物を積んでもらったら1ドル程度、レストランでサービス料が含まれていない場合は10~15%程度を上乗せすると良いでしょう。送迎ガイドへは1日あたり10ドル程度渡すことがベストです。
気候・ベストシーズン
熱帯と亜熱帯の中間ほどの気候で、四季はありませんが乾季(12〜5月)と雨季(6〜11月)に分かれます。貿易風の影響で、朝晩は気温が下がりますが、年間平均気温は26度前後と過ごしやすい気温です。他のカリブ海諸国と異なり、ハリケーンの被害は少ないです。ベストシーズンは乾季の12~5月とされています。
服装・マナー
年間を通じて暑いので、日本での初夏から真夏の間の夏服が良いでしょう。雨期(6〜11月)は毎日スコールが発生する可能性もあるので、レインコート、傘は必需品です。日焼けや蚊除け対策として、長袖の上着、長ズボンもあると安心です。
治安
治安はあまり良くない国とされています。殺人や強盗の凶悪事件に合う確率は低いかもしれませんが、窃盗や置き引き事件は比較的高い確率で見受けられるようですので、十分注意して旅行するようにしましょう。特に夜中の不用意な外出を控えることや、人通りの少ない路地に近づかないことも大切です。
病気
熱帯性の気候から体調を崩すことも考えられるので、熱中症対策を十分にして、体調を整え無理のない範囲での観光を楽しむようにしましょう。カリブ海地域では、ジカウイルス感染症(ジカ熱)の報告がされていますので蚊除けの対策をしておくのが良いでしょう。万が一、現地で病気になってしまった場合に備え、日本出発前に海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。
食事
サメの肉を使った料理が名物です。クセがないため食べやすく、ハンバーガーのようにパンに挟んで食べられています。インド系住民も多く、汁気の無いカレーを平パンで包んだロティも見られます。ジャマイカで見られるジャークチキンも食べられています。お寿司やてんぷらを出す日本料理屋もあります。
飲み物
トリニダード・トバゴで最もポピュラーなお酒はラム酒です。フルーツジュースも豊富にスーパーマーケット等で売られています。トリニダード・トバゴ産のビールは「カリブ」と「スタッグ」があります。水道水は飲まずに、ミネラルウォーターを持ち歩くことをお勧めします。(ホテル及び市内売店等にて購入が可能です)

North America Central America Caribbean 北米・中米・カリブ海の他の国を探す