Tour Special Feature.

山と共に生きる国スイス。国土の7割を山岳地帯が占め、4,000級の山がいくつも連なるアルプス山脈はあまりにも有名です。牛がカランカランとベルを鳴らすのどかな山の風景、湖に反射しどこか神秘的にも思える名峰の姿、雪や氷河に覆われた荒々しい岩峰など、土地によって全く異なった印象を受けるスイスアルプス。そんな違いを楽しむことこそが、スイス・アルプス旅の醍醐味です。さあ、憧れのアルプスへお気に入りの1枚を撮りに出かけましょう!

CONTENTS

スイスアルプス特集

RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 1

スイスアルプスについて

アルプス山脈とスイスの大自然
スイスアルプスと言うとマッターホルンを思い浮かべる人も多いでしょう。特徴的なシルエットでアルプス山脈の代表格とも言える山ですが、他にも名峰と呼ばれる山が幾重にも連なり、壮大な景色が広がります。まるでハイジの世界のような村でハイキングを楽しんだり、氷河特急に乗って車窓からもその絶景を堪能したり…。スイスの魅力に触れるならアルプスの山々に行かないことには始まりません。忘れられない景色を求めて、いざスイスアルプスへ!
グリンデルワルト
世界中から観光客の集まる小さな街グリンデルワルト。多くの観光客の目的はもちろんユングフラウヨッホにあります。アイガーの中を通る登山鉄道で標高3,454mの鉄道駅まで上がると、目の前にはヨーロッパ最長のアレッチ氷河と、美しい風景が広がります。ここでは氷河の中を歩く体験も可能。またトレイルもいくつかのびていて、美しい山々に四方を囲まれながらのハイキングも気持ちが良いです。ここには、まさに理想的なスイスの姿があります。
ツェルマット
スイスのアルペンリゾートの中でも人気の高いツェルマット。ここでは日帰りで登山列車に乗り、標高3300mのゴルナーグラード展望台へ昇るのがお勧めです。ツェルマットの美しい町並みやマッターホルンなど、標高が上がるに連れて変わっていく車窓からの景色は飽きることがありません。スイスNO.1と言われる眺望はド迫力!マッターホルンをはじめ4,000m級のモンテローザなどの山々やゴルナー氷河など、絶景が360°の大パノラマで広がります。
シャモニー
アルプス最高峰・モンブラン(標高4,810m)への観光拠点は、スイスではなくフランス領のシャモニーになります。ここは標高1035mの小さなアルペンリゾートの町。ホテルやレストラン、土産物屋などが軒を連ね、アルプスの玄関口らしい雰囲気が漂います。ロープウェイが出ているエギーユドゥミディ展望台はモンブランを間近に臨める世界有数の展望台。雪をかぶったアルプスの雄大な山々がどこまでも続き、息を吞むほどの絶景が私たちを迎えてくれます。
マイエンフェルト
スイス東部の小さな村マイエンフェルトは、アルプスの少女ハイジの舞台として知られる場所。駅からはハイジの道を歩き、ハイジの村(ハイジドルフ)へ。この村では何でもハイジの名が付いていて、まさに物語に出てくるようなアルプスの風景が広がっています。ハイジがお祖父さんと暮らしたアルプスの山小屋のモデル・ハイジヒュッテへは、車では行けないので、片道1時間半ほどのハイキング。ヒュッテではハイジになった気分で紅茶を飲んで、景色を眺め寛いでみるのもいいでしょう。
サンモリッツ
高級アルペンリゾート地として名高いサンモリッツ。洗練された家並みと、それを囲むようにそびえる山々と湖が美しい湖畔の町です。ここにはアイガーやマッターホルンなどの近寄りがたさを感じる険しい山の姿はありません。素朴で小ぶりなベルニナアルプスが優しく町を見守り、町全体に穏やかな空気が漂っています。氷河特急の出発地点の町でもあり、アルプス観光の拠点としてここから多くの旅人が山へと向かっていくのです。
クールマイヨール
クールマイユールはイタリアンアルプスきっての山岳リゾート。小さいながら洗練された町のすぐそばに、名峰モンブランが迫っています。モンブランはフランスとイタリアの国境に位置し、どちら側からでもロープウェイで展望台へ行くことが可能。イタリア側からのロープウェーは、なんと登りながら360度回転する面白い構造で、一気に登るフランス側よりも人気なのです。美しい山々を楽しんだ夜は、美味しいポレンタを名産ワインで流し込んで、イタリアン・アルプスを満喫しましょう!
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 2

スイスアルプスでできること

展望台に登ってアルプス山脈の名峰を一望したり、ハイキングを楽しんだり、パノラマ列車でお馴染みの氷河特急に乗ってみたり…ここでしか出来ない体験です。

フィルスト・ハイキング

グリンデルワルト周辺でのベストハイキングコース
ハイキングシーズンにグリンデルワルドに滞在するならお勧めなのがフィルストからバッハアルプゼーへの絶景トレイル。アイガーやオーベラー氷河の雄大な景色に、きっと何度も足を止めて見入ってしまうはず。片道約1時間半でバッハアルプゼーに到着。風のない天気の良い日は、この美しい湖にシュレックホルンが映し出されます。このトレイルは人も少ない為、まさに絶景を独り占め。心身ともにリフレッシュできること間違いなしのお勧めルートです。

リッフェルアルプハイキング

まるで絵画!逆さマッターホルンを眺めるハイキング
ツェルマットに滞在するなら是非行ってみたいのがこのハイキングコース。約1時間程度で行ける初心者向きの簡単なコースで、5分程歩けばすぐにリュッフェル湖が見えます。マッターホルンが水面に美しく反射して鏡のように映る景色はまるで絵画のよう。綺麗にマッターホルンが映る条件は、天気が良いこと、風がないこと、そして空が青いこと、この3つです。美しい山々に囲まれながらスイスのアルプスを堪能できるハイキングはスイスに行くなら絶対に欠かせません。

ヨーロッパ最高地点の駅へ

ヨーロッパ最高地点の駅・ユングフラウヨッホでアルプスの絶景を堪能します
グリンデルワルトに滞在中忘れてはいけないのが、ユングフラウ鉄道に乗ってヨーロッパ最高地点のユングフラウヨッホ駅に行くことです。ユングフラウ鉄道の工事が始まったのはなんと100年以上も前。標高3571mのスフィンクス展望台では、南側にヨーロッパ最長のアレッチ氷河、北側に緑鮮やかなクライネ・シャイデックの絶景が広がります。澄んだ空気の中で深呼吸すれば、きっと清々しい気分になれるはず。

アルプスの絶景の村ミューレンに泊まる

絵に描いたようなスイスの風景が広がる、静寂に包まれた小さな村に滞在します
ラウターブルンネンからロープウェイと列車を乗り継いでようやく辿り着くミューレン村は、アイガー・メンヒ・ユングフラウの3名峰が目の前に広がる贅沢なスポットです。村の小道をそぞろ歩けば、アルプスの山々を背景に可愛らしい木造の家が並び、絵に描いたようなスイスの風景が広がります。車の乗り入れが禁止されているため空気も美味しく、観光客が少ないのも魅力。ここでは是非1泊して、夕陽を受けてオレンジ色に染まる山をお部屋のベランダから堪能してみては?

氷河特急に乗車!!

憧れの氷河特急に乗って移動中も絶景に酔いしれる!
特急と名はつくものの、普通列車や自動車にぐんぐん追い抜かれてしまう世界一スローな特急列車「氷河特急」。名峰マッターホルンへの入り口として有名なツェルマットからサンモリッツまでの道のりを平均時速34キロでゆったりと進んでいきます。どこまでも続く牧草地、カランカランと首につけたベルを鳴らす牛、絵本に出てくるような可愛らしい家々、そしてその背景には夏場も氷河を残し続ける高峰。スイスの美しい風景を大きな車窓から楽しむ贅沢な時間です。

大迫力のアルプスベルニナ特急に乗る!

車窓からの景色は氷河特急以上!4,000ⅿ超えの山々と雄大な氷河を楽しむ列車旅
氷河特急より景色がいいといわれるベルニナ特急。スイス東部の町サンモリッツからイタリアのティラーノを結ぶパノラマ列車です。4,000m級のベルニナアルプスや3大氷河の雄大な景色が車窓の外に広がり、スイスを代表する人気路線の一つとなっています。サンモリッツからアルプグルムへの道中、ベルニナ・ディアボレッツァで途中下車し、ベルニナアルプスの展望台ディアボレッツァへ行ってみるのもいいでしょう。年中雪と氷河に覆われた美しい銀世界が魅力です。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 3

スイスアルプスのおすすめホテル

ベルグハウス・メンリッヘン Berghaus Männlichen

スタンダード

名峰アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山が間近に迫る山岳ホテル「ベルグハウス・メンリッヘン」。木の温もりが感じられるロッジは可愛い小屋風で、3名峰が目前に迫るテラスはなんとも贅沢な空間。本格的な料理やワインと共に絶景を堪能してみてはいかがでしょうか。

ホテルアイガー Hotel Eiger

スーペリア

ミューレン村にある1886年開業の老舗ホテル。迫力のあるアイガーの岩壁とメンヒ・ユングフラウが目の前に迫り、朝昼晩と表情を変え続ける山の姿に魅了されます。スイス名物の絶品チーズフォンデュを食べて英気を養い、翌日のハイキングに備える…まさに理想の休暇です!

リッフェルアルプリゾート2222m Riffelalp Resort 2222m

ラグジュアリー

スイスの中でも指折りのラグジュアリーな5ツ星山上ロッジ「リッフェルアルプリゾート2222m」。屋外にある温水プールで泳ぎながら見る朝日に輝く美しいマッターホルンは格別です。山側のお部屋ならいつでも窓からマッターホルンを眺められ、独占気分を味わえます。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 4

スイスのおすすめツアー

EW051

2大アルペンリゾート、ツェルマット&グリンデルクルト
マッターホルン&ユングフラウ☆スイス2大名峰満喫プラン☆気ままな乗り放題のレイルパス付
8日間
169,000円〜
ツアー詳細

EW509

スイス国鉄乗り放題の鉄道パス付き!
アルプス2大名峰にじっくり滞在☆マッターホルン&ユングフラウと水上の迷宮都市ベネチア周遊 スイス&イタリア
9日間
184,000円〜
ツアー詳細

EW032

アルプスの少女ハイジの舞台マイエンフェルト村滞在
アルプスの少女ハイジの世界に大感激!!☆美しきマイエンフェルト村に泊まる☆スイス2大名峰、氷河特急の旅
9日間
204,000円〜
ツアー詳細

EWA23-QR

マイエンフェルト&ミューレン かわいい村に各2連泊
氷河特急乗車とスイスのかわいい村訪問☆ハイジの舞台マイエンフェルト&ユングフラウの絶景・ミューレン村☆マッターホルン麓のツェルマットにも滞在
9日間
203,000円〜
ツアー詳細

EF339

スイス特急一番人気!【憧れの氷河特急】に乗車
氷河特急乗車とスイスのかわいい村訪問☆ハイジの舞台マイエンフェルト&ユングフラウの絶景・ミューレン村☆マッターホルン麓のツェルマットにも滞在
10日間
245,000円〜
ツアー詳細

EF332

3つの国のアルペンリゾート 4ヶ所周遊
スイスアルプス・フレンチアルプス・イタリアンアルプス☆3つの国のアルペンリゾートを大周遊☆モンブラン・マッターホルン・ユングフラウ名峰の旅
10日間
238,000円〜
ツアー詳細
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 5

スイスアルプスへの旅モデルコース

[ EWA15-KL ]

モデルコースのポイント

車シャットアウトのミューレン村でのんびりバカンス!

アイガーやメンヒ、ユングフラウが目の前に聳えるミューレン村には、カラフルな花やスイス国旗が飾られた木組みの家が立ち並び、スイスを絵に描いたような可愛らしい風景が広がります。グリンデルワルトなどの人気観光地とは違い、車も走らず観光客が少なめであることが、この村を静かで落ち着いた雰囲気にしています。村の中心から出ているロープウェイに乗れば、映画『007』のロケ地ともなったシルトホルンの展望台で360度の大パノラマが堪能できます。

トップ・オブ・ヨーロッパことユングフラウヨッホ!

ヨーロッパ最高地点のユングフラウヨッホ駅(3454m)。富士山に匹敵する高度に鉄道で行けてしまうなんて感動です。隣接されたトップ・オブ・ヨーロッパのスフィンクス展望台からは、ベルナーアルプスの三名山とアルプス最大・最長のアレッチ氷河を一望できます。その他にも地下20mの氷河の中につくられたアイスパレス、万年雪が楽しめるプラトー展望台、100周年記念で造られたアルパイン・センセーションなど、圧倒的な高度と景観、エンターテイメント性が人々を魅了します。

ツェルマットで楽しみたいこと

ツェルマットを訪れる旅人の目的はスイスアルプスのシンボル・マッターホルンなのですが、ここからはマッターホルンの先端しか見えません。滞在中は必ずこの町を拠点にスイス随一の展望台ゴルナーグラートへ登ってみましょう。きっと大迫力のアルプスの名峰や氷河に心打たれるはず。帰りには登山鉄道でローテンボーデン駅で途中下車。ミニハイキングを楽しんで、リッフェルゼーで湖に映った逆さマッターホルンを楽しむのもオススメです。

モデルコースの行程

アイガー、メンヒ、ユングフラウの3名峰とマッターホルンを8日間で味わうスイス旅行の良いとこどりプランです。定番のグリンデルワルトとツェルマットだけでなく、3名峰が一望できる標高1,638mのミューレン村の滞在も楽しみです。一般車両の乗り入れを禁止しているため観光客も少なく、その静寂さが他の2都市にはない魅力になっています。初心者向きの花畑の中を歩くハイキングコースは3名峰を楽しみながら。ツェルマットでは是非スイス随一の展望台ゴルナーグラートへ足を運んでみましょう。角度によって様々な表情を見せるマッターホルンですが、ゴルナーグラートでは真正面からそれを臨むことが出来ます。

1日目

11:00~15:00:東京(成田)発

到着後、ご自身でホテルへ移動をお願い致します。
【チューリッヒ泊】

2日目

午前:チューリッヒ→インターラーケン・オスト→グリンデルワルト

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
【グリンデルワルト泊】

3日目

午前:グリンデルワルト→ツヴァイリッチーネン→ラウターブルンネン→ミューレン

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
※この日の移動は列車パスを使わずに移動をお願いします。
※途中、クライネシャイデックを経由して標高3,573mのユングフラウヨッホ展望台の観光も可能です。
アイガー、メンヒ、ユングフラウの3山が一望できる標高1,638mのアルプスの村、ミューレンに宿泊します。
【ミューレン泊】

4日目

午後:ミューレン→ラウターブルンネン→インターラーケン・オスト→ブリーク→ツェルマット

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
※ミューレンを起点にハイキングをお楽しみください。
【ツェルマット泊】

5日目

終日:フリータイム

スイス一の展望台といわれるゴルナーグラード(標高3,089m)などを訪れたり、各自にてツェルマットの滞在をお楽しみ下さい。
【ツェルマット泊】

6日目

午後:ツェルマット(約3.5時間)→チューリッヒ

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
【チューリッヒ泊】

7日目

午前:チューリッヒ発

ご自身で鉄道駅へ移動をお願い致します。
【機中泊】

8日目

08:00〜13:00:東京(成田)着

RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 6

スイスアルプスへの旅モデルコース

[ EWA02-NH ]

モデルコースのポイント

マッターホルン・モンテローザの大眺望を楽しむ

スイスにはアルプス山脈を臨む展望台が数多く存在しますが、その中でもNO.1と呼び声高いのがゴルナーグラート展望台(3,090m)です。ツェルマットから登山鉄道に乗って30分ほど。4,000m級の山がいくつも連なり、山脈を覆う氷塊の美しさに息を呑みます。360°の大パノラマで、モンテローザやドームなど4,000m超えの山々が見渡せますが、やはりここでの主役はマッターホルン。気まぐれにその姿を見せてくれる名峰は、威厳すら感じられます。

憧れのグリンデルワルトでアルペンリゾートライフを

アルプスの名峰アイガーの山麓にあるグリンデルワルト。1時間もかからず1周出来るような小さな村ですが、古くから多くの観光客を魅了しアルピニスト憧れの地となっています。アルペンリゾートらしいシャレーや土産物屋、レストランが軒を連ね、皆この村から登山鉄道に乗って展望台へと向かっていきます。グリンデルワルト滞在中のハイライトであるユングフラウヨッホではスケールの大きいユングフラウとアレッチ氷河が目の前に広がり、忘れられない思い出となるでしょう。

スイス名物2大特急乗り比べも楽しい

スイスに行くなら誰もが乗ってみたいと憧れる氷河特急。ツェルマットからサンモリッツまで、1日かけてゆっくり走ります。その車窓風景は最高で、ランチ時なら自然を満喫しながらのフルコースメニューが楽しめます(別オーダー)。一方、実は氷河特急より景色がいいといわれるベルニナ特急は、氷河やビアンコ湖など迫力十分の車窓風景です。こちらは2時間ほどの短いルートですが手軽に列車旅が楽しめるとあって人気があります。

モデルコースの行程

マッターホルン、アイガーの2大名峰とアルプス最高峰のモンブランを楽しむツアーです。最大の魅力はスイスの2大パノラマ列車の乗り比べ!サンモリッツからマッターホルン観光の拠点の村ツェルマットまでは憧れの氷河特急で。時速34kmでゆっくりと走る列車の車窓からは、アルプスの名峰と美しい氷河が広がります。一方氷河特急よりも美しい景色が見えると評判のベルニナ特急。こちらでは是非途中下車をしてディアボレッツァ展望台に立ち寄り、ベルニナアルプスを堪能するのも良いですね。このツアーではモンブラン観光のためにフランス領のシャモニーにも入国します。日本-スイス間は往復スイスエアラインズ利用なので、乗り換えなしで移動できるもの便利です。

1日目

07:00~10:30:東京発

到着後、ご自身でホテルへ移動をお願い致します。
【チューリッヒ泊】

2日目

午前:チューリッヒ→サンモリッツ(ベルニナ特急)→アルプグルム→ベルニナ・ディアボレッツァ→サンモリッツ

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
氷河特急より景色がいいといわれるベルニナ特急。氷河やビアンコ湖など迫力十分の車窓風景です。帰りはアルプグルムよりお好きな列車でサンモリッツへ。
【サンモリッツ泊】

3日目

午前:サンモリッツ(氷河特急)→ツェルマット

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
有名な氷河特急の車窓風景を楽しみながら、ツェルマットへ
【ツェルマット泊】

4日目

終日:フリータイム

スイス一の展望台といわれるゴルナーグラード(標高3,089m)などを訪れたり、各自にてツェルマットの滞在をお楽しみ下さい。
【ツェルマット泊】

5日目

午後:ツェルマット→ヴィスプ→マルティニ→シャモニー

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
列車でシャモニーへ、フランスに入国します。
アルプス最高峰のモンブランの麓の村シャモニーに1泊します。
【シャモニー泊】

6日目

午前:シャモニー→ローザンヌ・マルティニ経由→インターラーケン・オスト→グリンデルワルト

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
【グリンデルワルト泊】

7日目

終日:フリータイム

登山電車で標高3,573mのユングフラウヨッホなどアルプスの展望台を訪れたり、各自にてグリンデルワルトの滞在をお楽しみ下さい。
【グリンデルワルト泊】

8日目

午前:グリンデルワルト→インターラーケン・オスト→チューリッヒ

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
【チューリッヒ泊】

9日目

午後:チューリッヒ発

ご自身で空港へ移動をお願い致します。
【機中泊】

10日目

07:00~19:30:東京着