Tour Special Feature.

南部ドイツツアー特集

ロマンチック街道の最終地点、美しい自然の中に突如現れる白亜の城、それがノイシュヴァンシュタイン城です。ディズニーのシンデレラ城のモデルとしても知られ、多くの観光客を魅了してやまないこのお城。見る角度によって異なった印象を受けるので、お気に入りの1枚を撮るのも楽しみです。
またせっかくドイツ南部まで来たなら合わせて楽しみたいのがロマンチック街道の美しい街やグルメ。秋はオクトーバーフェスト、12月はクリスマスマーケットと楽しみも目白押しです!

CONTENTS

ノイシュヴァンシュタイン城 特集

RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 1

ノイシュヴァンシュタイン城 について

ノイシュヴァンシュタイン城
ロマンチック街道のハイライト、ノイシュヴァンシュタイン城はシンデレラ城のモデルになったと言われるお城。芸術を愛したルートヴィヒ2世は17年という歳月と巨額の費用を注ぎ込んでこの城を建設しますが、完成を目にすることなく謎の死を迎えます。しかし、その美しさは今もたくさんの観光客を魅了してやみません。目もくらむような豪華な内装は思わずため息がでるほどの美しさ。マリエン橋からはお城の全景とそれを取り囲む素晴らしい自然美を眺めることができます。
ミュンヘン
ミュンヘンにはたくさんのビアホールがあり、まさにビール天国とも呼べる街!ドイツでは中世以前からビールが飲まれており、液体のパンとも呼ばれるほど重要な栄養源でもありました。16世紀から今も守られている「ビール純粋法」という法律により悪質なビールが製造されないよう徹底されているため、ドイツビールは間違いなく美味しいのです。造り方によって、風味や香り、色も様々。たくさんの種類があるのでついつい色んなビールを試したくなってしまいます。
ローテンブルク
中世の面影をほぼ完璧に残しているといわれているローテンブルク。12世紀頃の城壁が今も町を囲み、その周りには緑が輝くタウバー渓谷が広がっています。世界中から観光客が集まるこの町では、やはり1泊するのがおすすめ。15時を過ぎると観光客を乗せたバスは一斉に立ち去り、この可愛らしい町並みをゆっくり楽しむことができます。小さな町ですが見どころも多く、個性的な博物館や人気のクリスマスグッズ専門店、名物お菓子シュネーバルを楽しんでみるのも良いですね。
ホーエンシュヴァンガウ
ノイシュヴァンシュタイン城から最も近く、その姿を居ながらにして見ることの出来る村ホーエンシュヴァンガウ。通常ノイシュヴァンシュタイン城へはミュンヘンから日帰りで行くことが多いですが、これでは慌ただしく日中の混雑した風景しか見られません。しかしホーエンシュヴァンガウに1泊すれば、遅くまでお城のライトアップを楽しめたり、まだ観光客がいない早朝からゆっくりお城を眺められます。ホーエンシュヴァンガウ城やアルプ湖を訪問するのもまた楽しみです。
フュッセン
ノイシュヴァンシュタイン城やホーエンシュヴァンガウ城など、中世のお城巡りの拠点となる町フュッセン。ロマンチック街道の終着点でもあり、深い森や湖に恵まれた美しい町です。見る角度によって異なる印象を受けるノイシュヴァンシュタイン城ですが、オススメはテーゲルベルク山のロープウェイに乗った時に見える、湖を背景に佇む姿。ちょうど正面から全景を臨むことが出来て、ロープウェイからでしか見えない特別な景色なのです。
ネルトリンゲン
「進撃の巨人」で一躍有名になったネルトリンゲン。中世の面影を残す直径1kmほどの町は、その周りをぐるりと城壁が囲み、上空から見ると綺麗な円形になっているのが分かります。1500万年前隕石が落下して出来たクレーターに街が形成されていて、他には無い景色が広がります。ドイツには現存する城壁が複数ありますが、ネルトリンゲンが他と違うのはその城壁の上を歩けるということ。まるで登場人物になったような気分が味わえるこの街は、ファンなら是非訪れてほしい場所です。
ニュルンベルグ
周囲を城壁に囲まれ、まるで中世のような雰囲気を今に伝える街、ニュルンベルク。一度は戦争で街の大半を失ったものの、忠実に復元されかつての美しさを取り戻しました。旧市街の入り口には中世の職人広場が再現されています。聖ローレンツ教会の美しいレリーフや、丘の上からの眺望がすばらしいカイザーブルクは必見のお勧めスポットです。世界最大のクリスマスマーケットが開かれる場所でもあり、その時期になると街は可愛らしいオーナメントやイルミネーションで彩られます。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 2

ノイシュヴァンシュタイン城 でできること

ノイシュヴァンシュタイン城観光は勿論のこと、ビール祭りやクリスマスマーケットなどドイツらしいイベントも
南ドイツ観光の楽しみです。

ノイシュヴァンシュタイン城見学

憧れのノイシュヴァンシュタイン城を訪れてルードヴィヒ2世の愛した世界に触れる
ワーグナーの歌劇に心酔し、ヴェルサイユ宮殿に憧れを抱いていたルートヴィヒ2世。彼の命によって建てられたこの美しき白亜の城は、着工から17年もの歳月を要したと言われています。その外観の壮麗さに違わず内部の装飾も素晴らしく、城内には彼が愛したワーグナーのオペラを題材にした部屋も存在します。政務への関心も無いまま19歳で即位した彼にとって、このノイシュヴァンシュタイン城はまさに夢の世界。そんな歴史を知っていれば、より一層この城を楽しめるはずです。

お城の見えるホテルに泊まる

お部屋から好きなだけノイシュヴァンシュタイン城を眺められる贅沢!
日中の青空のもと佇むノイシュヴァンシュタイン城の美しさは言うまでもないですが、せっかくなら陽が沈んだあと、ライトアップされた姿も堪能したいという方は多いでしょう。ノイシュヴァンシュタイン城を臨む村ホーエンシュヴァンガウでは、お部屋からお城を眺められるホテルがいくつかあります。中でも1900年から続くゲストハウス、ホテルミュラーは当時の調度品をそのまま使っていて趣あり!眠る前、そして目覚めた後もロマンティックな景色が広がる絶好のロケーションです。

ビール祭り

世界最大のビール祭りオクトーバーフェストで盛り上がる!
毎年9月の第3土曜から10月の第1日曜にかけて、ドイツ最大のビッグイベントのひとつオクトーバーフェストが開催されます。このビール祭りを求めて毎年世界中から延べ560万人もの人が訪れるそうです。会場には8000人を収容できるテントが並び、遊園地が設置され、まるで大きなテーマパークのよう。販売されるビールは1リットルジョッキの1種類で、白ソーセージやプレッツェルなどドイツならではのメニューも充実。飲んで歌って踊って、陽気なビール祭に足を運んでみては?

ロマンチック街道ローテンブルク滞在

絵本の世界のように可愛らしい町並みが広がるローテンブルクでぶらり町を散歩!
ドイツ南部の町ヴュルツブルクからフュッセンまで約400kmも続くロマンチック街道。その名の通り、まるで夢の世界に迷い込んでしまったかのような美しい街が並んでいて、ローテンブルクもそんな魅力的な町の一つです。ドイツらしい木組みの建物はカラフルに塗られ、中世の面影を色濃く残します。町の中心マルクト広場にはローテンブルクの町並みを一望できる市庁舎塔も。オシャレなお土産物屋さんも多いので、ぶらりと町を散策するのも楽しみです。

バイエルン州のグルメ

賞味期限わずか1日!?バイエルン州に来たら是非ともトライしたい白いソーセージ!
ドイツ名物と言うとソーセージのイメージが強いかと思いますが、ここバイエルン州のソーセージは少し変わっています。赤色のものが主流の日本に対して、この地方では白ソーセージが主流。ハーブやレモンで香りをつけたあっさりとした味が特徴で、皮を残して中の肉だけ食べるというのもユニークです。また保存料などは使わず、出来立てをその日のうちに食べるというのがお決まりになっていて、私たちに馴染みのあるソーセージとは全く別物なのです。

クリスマスマーケット

街が一面クリスマスムード!世界最大規模のクリスマスマーケットで特別なひと時を
町全体がクリスマスムードに包まれる12月のドイツ。その中でも世界最大規模として知られるのがニュルンベルグのクリスマスマーケットです。おもちゃの町でもあるこの町。12月25日までの4週間、メイン会場である中央広場には色とりどりのテントが並び、木製のおもちゃやオーナメント、ドールハウスなどが町を彩ります。屋台の他にも移動遊園地までやってきて、まるでテーマパークのよう。クリスマスマーケットは大人から子供まで楽しめるビッグイベントなのです。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 3

ノイシュヴァンシュタイン城 のおすすめホテル

ホテルミュラー Hotel Mueller

スーペリア

1900年から続くゲストハウス「ホテルミュラー」。当時の調度品が残るお部屋はアンティークな雰囲気で、町の中心という立地も便利です。ノイシュヴァンシュタイン城が臨めるお部屋もあり、朝から夜まで好きなだけその姿を堪能できるのが魅力なのです。

ゲルマニア Germania

スタンダード

ミュンヘン中央駅から徒歩3分、主要な観光スポットへも徒歩での移動が可能という好立地が魅力です。オクトーバーフェストの会場やミュンヘンのクリスマスマーケットの会場となるマリエン広場も近く、リーズナブルなことからよく選ばれているホテルです。

ローテンブルガーホフ Hotel Rothenburger Hof

スタンダード

ロマンチック街道の中心都市ローテンブルクにあるゲストハウス。中央駅のすぐ横に位置するホテルで、各観光名所へのアクセスも良好です。木目調の室内は温かみがあり、居心地のいいモダンなつくり。客室はシンプルですがゆとりがあって快適な滞在が可能です。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 4

ノイシュヴァンシュタイン城 おすすめツアー

EG406-QR

ロマンチック街道の中心【かわいいローテンブルク】にもステイ
ノイシュヴァンシュタイン城観光の起点かわいい街・フュッセンとロマンチックなローテンブルク宿泊☆ミュンヘンでもフリーがうれしい
7日間
116,000円〜
ツアー詳細

EG106

ローテンブルクなどドイツ人気の3都市を周遊
列車で巡るドイツ 3都市ステイ☆ロマンチック街道ローテンブルクも滞在☆乗り放題のレイルパス付き
8日間
134,000円〜
ツアー詳細

EG018

中世の大学都市ハイデルベルグに滞在
スターアライアンス・ターキッシュエアラインズ利用☆ロマンチック街道・ローテンブルク滞在☆ドイツ中世都市紀行
8日間
128,000円〜
ツアー詳細

KP254

世界で最も美しい町チェスキークロムロフに滞在
絶景のノイシュヴァンシュタイン城へも行きたい!!☆世界で最も美しい町チェスキークロムロフ滞在☆魅惑のチェコ・ドイツ 2国周遊 8日間<朝食付き>
8日間
110,000円〜
ツアー詳細

EG015

古城巡りとドイツらしいビアホールの街【ミュンヘン】
ドイツ周遊★KLMオランダ航空利用☆ベルリン・ドレスデン・ミュンヘンとロマンチック街道・ローテンブルク滞在
8日間
148,000円〜
ツアー詳細

EGA75

城壁の中をオレンジの屋根が埋め尽くすネルトリンゲン泊
一度は見たいノイシュヴァンシュタイン城と「進撃の巨人」のモデルになったネルトリンゲン☆ロマンチック街道・ローテンブルクも訪れる7日間
7日間
123,000円〜
ツアー詳細
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 5

ノイシュヴァンシュタイン城 への旅モデルコース

[ EG019 ]

モデルコースのポイント

ライン川クルーズの起点・ワインの
故郷リューデスハイム

ライン川に面した小さな町リューデスハイム。ブドウ畑に囲まれた歴史ある街並みは、その美しさから「ラインの真珠」とも称されます。ワインの名産地としても知られ、ワイン酒場が連なる路地「つぐみ横丁」はリューデスハイム観光のハイライト。まるでジブリの世界のようなノスタルジックな建物が肩を並べており、常に観光客が集う賑やかな通りです。辛口の白ワイン・リースリングを片手に名物料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

香水の発祥の地!?
大聖堂だけじゃないケルンの楽しみ方

香水のオーデコロン(eau de Cologne)は、直訳すると「ケルンの水」。その名の通りオーデコロンはケルン発祥なのです。オーデコロンはゲーテやナポレオンなど世界の名だたる著名人が愛したとされています。世界最大のゴシック建築・大聖堂を一通り見学した後は、現在は博物館兼販売所の世界最古の香水工場「ファリナ・ハウス」を訪れてみましょう。有名ブランド「4711」本店ではオーデコロンが蛇口から湧き出てくること知られる人気スポットとなっています。

ロマンチック街道の中心
ローテンブルクを満喫するために

ロマンチック街道の中心ローテンブルク。まるで中世のおとぎの世界のように美しい家並みは、多くの観光客を魅了してやみません。市庁舎の塔に登って町を見渡せば、赤レンガの屋根が折り重なるような町並みが一望でき、溜息が出るほど美しい光景が広がります。ドイツ観光の目玉なので日中は人で溢れますが、静かなローテンブルクを楽しみたいなら、このツアーのように1泊するのがオススメ。朝や夕方になってはじめて町は本来の静けさを取り戻すのです。

モデルコースの行程

絶景のノイシュヴァンシュタイン城に加え、ロマンチック街道の主要都市にも訪問するドイツ周遊のハイライトとも言えるツアーです。ブドウ畑に囲まれた町リューデスハイムでは、ワインの試飲はもちろんライン川クルーズで優雅に船旅を楽しむのも一興です。ドイツ旅のキーワードには「古城巡り」「中世の街並み」「グルメ」が挙げられますが、このツアーではそのすべてが堪能出来ます。9月の第3土曜から10月の第1日曜にはドイツ最大のビッグイベント「オクトーバーフェスト」も開催されるので、ビール好きの人はこの日に合わせてミュンヘンを訪れるのも良いかもしれません。

1日目

21:30~22:30:東京発

【機中泊】

2日目

午後:デュッセルドルフ着

到着後、ご自身でホテルへ移動をお願い致します。
エレガントなライン河畔デュッセルドルフに1泊します。
【デュッセルドルフ泊】

3日目

午前:デュッセルドルフ→ケルン→ザンクトゴアール→(ライン川下り)→リューデスハイム

鉄道駅、ホテルまでの移動はお客様ご自身でお願いします。
ザンクトゴアールからリューデスハイム間はライン河クルーズの船旅をお楽しみ下さい。
ライン河の真珠、小さくかわいらしい町リューデスハイムに1泊します。
【リューデスハイム泊】

4日目

午前:リューデスハイム→フランクフルト→ヴェルツブルク→シュタインナッハ→ローテンブルグ

鉄道駅、ホテルまでの移動はお客様ご自身でお願いします。
ロマンチック街道の中心ローテンブルグに1泊します。
【ローテンブルグ泊】

5日目

午後:ローテンブルグ→シュタインナッハ→
夕刻:ミュンヘン

鉄道駅、ホテルまでの移動はお客様ご自身でお願いします。
【ミュンヘン泊】

6日目

終日:フリータイム

【ミュンヘン泊】

7日目

午後:ミュンヘン発

ご自身で空港へ移動をお願い致します。
【機中泊】

8日目

17:00~18:00:東京着

RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 6

[ KP258 ]

モデルコースのポイント

白鳥城とも呼ばれる白亜の
ノイシュヴァンシュタイン城

「白鳥城」とも呼ばれるノイシュヴァンシュタイン城。芸術を愛したルードヴィヒ2世の命によって建てられた城で、城内には彼の理想とした世界観が伺える部屋がいくつも見られます。とりわけワーグナーの音楽に心酔していた彼は、オペラを上映するためだけの「歌人の間」を造るなど莫大な費用をこの城の建設に投じました。内装の壮麗さは勿論のこと、マリエン橋から臨む城の全景、テーゲルベルグ山のロープウェイから見下ろす姿など見る場所によって違った印象を与えてくれるでしょう。

世界遺産の古都
チェスキークロムロフは必見!

チェコを旅するなら、プラハだけでなく地方の町にも足を伸ばすのがお薦めです。ボヘミア地方の珠玉の町チェスキークロムロフは旧市街全体が見所。モルダウ川が優しげに湾曲し、町を包み込むようにして流れ、緑の木々が彩る谷に囲まれ、息を呑むほどに美しい眺めです。赤レンガ色の屋根が密集するその町との出会いは感動的なもの。チェコの本当の魅力はここにあると言っても過言ではありません。

中世の重厚な町並みが魅力の
プラハへ

赤レンガ色の屋根が連なり、町中をゆったりと流れるモルダウ川。堂々とした風情のプラハ城がそびえ、川にかかる名物のカレル橋が夕陽を受け美しく輝きます。プラハの建築はロマネスク様式やゴシック様式といった重厚なものから、近代のキュービズム様式のものまで、あらゆる建築様式で建てられたものが存在しています。仕掛け時計が有名な天文時計はプラハを訪れたら必見。カレル橋を渡ってプラハ城を観光したり、細い路地に面して昔からある小さな家々が並ぶ黄金小路をそぞろ歩いてみては?

モデルコースの行程

ドイツ旅行のハイライト、ノイシュヴァンシュタイン城とチェコの珠玉の町チェスキークルムロフやプラハを訪れるツアーです。ノイシュヴァンシュタイン城の麓にある村ホーエンシュヴァンガウにも宿泊でき、遅くまでライトアップされたお城を楽しんだり、朝起きて部屋の窓からお城を見上げられるのが魅力です。またこのコースではチェスキークロムロフのかわいいホテルに滞在します。フリータイムにはモダンでセンスのいいブティックやカフェ、レストランが軒を並べている古い町並みを散策したり、町のシンボル的存在の美しき古城チェスキークロムロフ城を訪れるのも楽しみです。

1日目

21:00~23:30:羽田発

【機中泊】

2日目

09:00頃:プラハ着

各自にてホテルへ
午後:フリータイム
百塔の町・世界遺産のプラハでの町歩きをお楽しみ下さい。
【プラハ泊】

3日目

午前:プラハ→(定期バス/約3時間)→チェスキークロムロフ

ご自身でバス乗り場、ホテルへ移動をお願い致します。
世界で最も美しい町チェスキークロムロフで1泊します。
【チェスキークルムロフ泊】

4日目

午前:チェスキークロムロフ→(定期バス/約3時間)→プラハ

ご自身でバス乗り場、ホテルへ移動をお願い致します。
【プラハ泊】

5日目

午前:プラハ→(定期バス/約5時間)→ミュンヘン→(2等指定/乗継ぎ)→フュッセン

ご自身でバス乗り場へ移動をお願い致します。
午前:プラハ→(定期バス/約5時間)ミュンヘン
着後、ご自身で鉄道駅へ移動をお願いします。
午後:ミュンヘン→(2等指定/乗継ぎ)フュッセン
着後各自にてホーエンシュヴァンガウへ
ホーエンシュヴァンガウのお泊りはホテルからノイシュヴァンシュタイン城が見える4ッ星ホテル「ホテル・ミュラー」です。
【ホーエンシュヴァンガウ泊】

6日目

夕方:フュッセン→(2等/乗継ぎ)→
夜:ミュンヘン

出発までフリータイム
各自でじっくりゆっくりノイシュヴァンシュタイン城の観光をお楽しみ下さい。
各自にてフュッセンへ
ご自身で鉄道駅、ホテルへ移動をお願い致します。
【ミュンヘン泊】

7日目

20:30頃:ミュンヘン発

各自にて空港へ
【機中泊】

8日目

18:00~19:30:羽田着