Country

ドイツ

ドイツ GERMANY

ビールとお城といえばこの国

ビールにソーセージを楽しみたいなら、南ドイツへ!ブラウハウスやメツゲライに行けば、街の個性ある味に出会えるはず。ノインシュバンシュタイン城は湖や森に囲まれ、ドイツの古城イメージそのもの。ロマンティック街道沿いに位置するローテンブルグは旧市街の城壁や石畳が美しく、まさにおとぎの世界です。ドイツ現代史に触れたいならドレスデン、そしてベルリンへ。ファイブスタークラブがドイツの魅力にこだわる究極の旅へご案内します。

Look Up 地図で探す

ドイツ GERMANY

Reccomend SPOT ドイツで訪れたい!企画担当者おすすめスポット

MUNICH

壮麗な古城巡りが楽しい
ミュンヘン

Reccomend
SPOT

01

ミュンヘンに滞在するなら町歩きや食べ歩きも楽しいけれど、ぜひ日帰りのオプショナルツアーに参加して、中世のお城めぐりをしてみたいものです。外せないのが、白鳥城こと、ノイシュバンシュタイン城。瑞々しい緑に包まれた初夏の季節、紅葉の季節、雪の季節と年中いつ行ってもその壮麗な美しさは変わらないもの。驚くほどたくさんの部屋がある豪華な城内の見学も楽しいものです。

ROTHENBURG

まるでおとぎの世界
ローテンブルク

Reccomend
SPOT

02

ロマンティック街道で欠かすことのできない街の一つ、ローテンブルク。ここはまるで中世のおとぎの世界。中世の時代にタイムスリップしたような美しく可愛らしい街並みを求めて世界各国からの観光客で溢れています。市庁舎の塔に登って町を見渡せば、赤レンガの屋根が折り重なるような町並みが一望できます。夜になると雰囲気がガラリと変わり、オレンジ色の街灯がふんわりと街を照らしロマンティックなムードに。

RHINE

雄大な景観と歴史的建造物の融合が魅力 ライン川

Reccomend
SPOT

03

ドイツの父なる川といわれるライン川。岸辺には深い緑の山々や古城が建ち並び、とてもロマンチックです。ライン川観光で外せない名所、リューデスハイムはワインの街としても有名で、わずか150mの通りにワイン酒場や土産物屋が軒を連ねるつぐみ横丁は、夜になるとバンドの生演奏が聞こえてくる、とても陽気な小道です。地元名産のワインを飲みながら音楽に耳を傾けてほろ酔い気分を楽しむのがリューデスハイム流です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ドイツを知る

基本情報

首都
ベルリン
通貨
通貨単位はユーロ 補助通貨単位はセント
言語
ドイツ語
宗教
キリスト教(プロテスタントとカトリックがほぼ半数ずつ)
電源
C、SE型
民族
ドイツ系がほとんど。ソルブ人、フリース人など少数民族も。総人口の10%弱は外国人。
時差
日本から8時間遅れ サマータイム時は7時間遅れ
気候
北海道の気候に似ており、梅雨はなく、夏は短いが時には30度を超える暑さの日もあります。また、夏であっても、気温がかなり下がることがあります。朝晩も冷えるので、カーディガンやジャケットは必携。山岳地帯は数段寒くなるので、特に冬は完璧な防寒着の用意が必要です。日照時間も季節によりかなり異なり、北部と南部でも差がありますので、準備が必須です。