Country

アルメニア

アルメニア ARMENIA

豊かな民族文化と世界最古のキリスト教国

ノアの方舟伝説で有名なアララト山の麓に広がる、世界最古のキリスト教国です。このアララト山は現在トルコ領になっていますが、紀元前1世紀にアルメニア高原を中心に繁栄した大アルメニアの中心に位置していたことから、アルメニア民族のシンボルになっています。アルメニア最大の見どころは古い教会です。古都エレバン近郊にあるアルメニア正教の総本山、エチミアジン大聖堂は世界各国に散在するアルメニア人の心のよりどころとなっています。

Look Up 地図で探す

アルメニア ARMENIA

Reccomend SPOT アルメニアで訪れたい!おすすめスポット

TATEVU VILLAGE

世界でいちばん長いロープウェイで崖の上の教会へ タテヴ村 

Reccomend
SPOT

01

アルメニア一美しいと言われるタテヴ修道院がある村は、周囲を深い谷で囲まれています。そこで利用してみたいのが、2010年に完成された、所要約12分、ギネス公認の世界最長のロープウェイ!ただ距離が長いだけではなく、その12分間の絶景たるや!雪を冠したコーカサスの山々と、眼下に広がる深い緑の谷、抜けるような青空のパノラマはまるで鳥になり大空を羽ばたいているようです。

YEREVAN

不思議なロマンに満ちた
首都エレバン

Reccomend
SPOT

02

アルメニアの首都エレヴァンにある世界遺産のエチミアジン大聖堂。その内部に安置される「ノアの方舟の破片」や「イエスキリストの脇腹を刺した槍の一部」はこの国の不思議を物語っています。まさにキリスト教が生まれた歴史のある国ならではの数多い見どころに、旅人は魅了され、カルチャーショックさえ受けるはず。未知なる体験が待っていてくれます。

DILIJAN

アルメニアのスイス
ディリジャン

Reccomend
SPOT

03

アルメニアでも自然が豊かであり、アルメニアのスイスと称される「ディリジャン」。
ディリジャンは周りをディリジャン国立公園で囲まれており、野生の動物を観察できるスポットとなっています。また、歴史的な建造物として11世紀から13世紀に建造された、ハガルツィン修道院、ゴシャヴァンク修道院などもあり、岩の多いアルメニアの中で豊かな自然や歴史を感じることのでできる貴重なスポットです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge アルメニアを知る

基本情報

首都
エレヴァン
言語
アルメニア語。ホテルや観光地では英語、ロシア語も通じやすいです。
宗教
キリスト教(東方諸教会系のアルメニア教会)
時差
日本との時差は-5時間(日本が正午のとき、アルメニアは7:00)
通貨・両替
アルメニアの通貨はドラムです(Dram)。円から現地通貨への両替はできませんので、日本からはアメリカドルの現金を持っていき、現地にて現地通貨に両替します。ホテルや観光客が行くお店やお土産屋ではアメリカドルは通用することが多いです。クレジットカードは、VISAとマスターが利用できる場所もあります。
物価・チップ
アルメニアは長い社会主義時代の影響もありチップの習慣はありません。 個人的に特別なサービスなどを受けた場合や、感謝の気持ちなどでチップを渡す場合には、 ホテルのポーターには1ドル程度、送迎をしてくれたドライバーには1日10ドル程度も渡せば良いでしょう。物価は安くて、水500mlで150ドラム(約35円)ペットボトルのコーラが300ドラム(約70円)程です。 
気候・ベストシーズン
国土の90%が1,000m以上に位置する内陸国で、日本と同様に四季があります。大陸性気候で昼夜の寒暖差が大きく乾燥しているのが特徴です。ベストシーズンは5月下旬頃~10月上旬頃です。夏は東京並みの暑さになることもありますが、朝晩は涼しいので、防寒対策も忘れずにおこない、風邪をひかないようにご注意ください。
服装・マナー
首都エレヴァンはアララト盆地の標高約1000mほどにある街です。 大陸性気候で乾燥しています。山岳地帯では夏でも冷え込むのでセーター類が必要です。昼間は晴れていると半袖でもいいですが、 曇り空の時には少し肌寒いです。 特に朝夕は冷えるため薄手のセーターやフリースなどの上着があれば安心です。紫外線が強いので、日焼け対策もしておきましょう。
治安
治安面は比較的良好で、あまり問題はありませんが、スリや置き引き等の軽犯罪には用心し、貴重品には気を付けて下さい。飲食店やタクシーでのぼったくりにも注意したいところです。また、水道水は飲用に適しておりませんので、飲み水はミネラルウォーターをご購入ください。
病気
特に気を付けるべき病気は見当たりませんが、慣れない土地なので体調をしっかり整え、無理のない範囲で観光を楽しみましょう。なるべく水道水は飲まないように気を付けておきたいところです。頭痛薬や下痢止めなど、飲み慣れた常備薬を日本から持って行く様にして下さい。万が一、現地で病気になってしまった場合に備え、日本出発前に海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。
食事
アルメニアを代表する料理は豚、羊、牛、鶏の肉を味付けし、串に刺しグリルした「ホロヴァッツ」になります。パセリやトマトを刻んだものに、レモンの絞り汁やガーリックを加えて混ぜ合わせたさっぱりとした風味の「タブレ」や、チーズを使わず牛ひき肉を使ったお酒にも合うアルメニアのピザ、「ラマジュン」も家庭料理として人気です。日本人が経営している和食レストランもあります。
飲み物
アルメニアは、古くからギニー(ワイン)の製造が盛んです。ワインが今も定着しているのはキリスト教の影響が大きく、キリスト教が広まり始めた世界最初のキリスト教を国教化とした国です。ワインはイエスの血の象徴とされる聖なる飲み物とされています。「アルメニアコニャック」という名酒のブランデーもあります。アルコール強めで、甘くフルティーな香りがする飲みやすいお酒です。