Country

オーストラリア

オーストラリア AUSTRALIA

美しい都市とワイルドな大自然が魅力の地

オーストラリアは大陸丸ごとが1つの国という、世界でも他に類を見ない特異な環境にあります。日本の約21倍の広大な国土を持ち、それぞれ気候も、楽しみ方も異なる6つの州と1つの準州で成り立っています。圧倒的迫力の自然、美しいビーチ、魅力的な動物たち、過酷な砂漠地帯など、見どころ満載の国なので、オーストラリア旅行ではそれぞれのエリア独特の味わいが楽しめる周遊旅行が一番のおすすめです。

Look Up 地図で探す

オーストラリア AUSTRALIA

Reccomend SPOT オーストラリア担当者がおすすめする見所スポット!

AYERS ROCK

一生に一度は見ておきたい!
驚異の1枚岩・エアーズロックの大自然

Reccomend
SPOT

01

世界遺産のオペラハウスとハーバーブリッジの夜景はシドニーの代名詞です。夕陽に染まった港と行き交う船、そのすぐ後ろに構える高層ビル群が織りなす景色は絶景です。都会の華やかさの一方、街の中心部には重厚な雰囲気の歴史的建造物が多くそれらを見て回るのも楽しいものです。ウォーターフロントエリアで夜景とシーフードを楽しみながら、歴史あるホテルに泊まるちょっと贅沢な滞在ができるのもシドニーならでは!

SYDNEY

魅力たっぷり港町シドニーの楽しみ方

Reccomend
SPOT

02

世界遺産のオペラハウスとハーバーブリッジの夜景はシドニーの代名詞です。夕陽に染まった港と行き交う船、そのすぐ後ろに構える高層ビル群が織りなす景色は絶景です。都会の華やかさの一方、街の中心部には重厚な雰囲気の歴史的建造物が多くそれらを見て回るのも楽しいものです。ウォーターフロントエリアで夜景とシーフードを楽しみながら、歴史あるホテルに泊まるちょっと贅沢な滞在ができるのもシドニーならでは!

CAIRNS

2大世界遺産と豊富なアクティビティで楽しむケアンズ!

Reccomend
SPOT

03

ケアンズにはオーストラリアを代表する2つの世界遺産があり、この2つの世界遺産のグレートバリアリーフに浮かぶ珊瑚礁の島グリーン島と 熱帯雨林の村キュランダを巡るツアーが一番のおすすめです。他にも「天空の城ラピュタ」のモデル言われる神秘の城、パロネラパークも見所です。ダイビングやラフティングやゴルフ、ディナークルーズなど様々なアクティビティもあり思い思いの楽しみ方ができます。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge オーストラリアを知る

基本情報

首都
キャンベラ
言語
英語
宗教
キリスト教
時差
日本との時差は+1時間 ※サマータイム時は+2時間 (日本が正午のとき、オーストラリアは13:00)
通貨・両替
通貨単位オーストラリアドル(AUD)、補助通貨単位はセント(Cent)です。現地で両替する場合は、比較的レートの良い民間両替所を利用するのがおすすめです。
物価・チップ
物価は日本と比べると高いです。スーパーで買うと水500mlは2ドル(約170円)、カフェでの食事は18ドル~(約1,500円~)です。チップは基本的に不要です。お店によってはレジ横にチップ入れが用意してあるので、気持ち良いサービスを受けた時に、余った小銭を入れると喜ばれます。
気候・ベストシーズン
日本の約21倍の国土を持つオーストラリアは、温帯性から熱帯性まで変化に富み、都市によって気候が異なります。また季節は日本と真逆です。エアーズロックのあるウルルは年間を通して雨が少なく、さわやかで過ごしやすい気候です。南部のシドニー、メルボルン、パースなどは四季がはっきりしていて、日本の気候と似ています。
服装・マナー
地域によって昼と夜の気温差が激しいので、カーディガンなどの羽織るものは1年を通して必須です。都市によって気温がまったく違うので、都市に合わせた服装を用意しましょう。
治安
オーストラリアは安全度の高い国ですが、置き引きや窃盗などの軽犯罪発生率は日本に比べると高いので、注意が必要です。特に観光客は狙われやすいので、レストランでは荷物を置いて場所取りをしない、など十分な注意が必要です。
病気
温度差、時差による体調不良や胃腸炎には注意が必要です。慣れない環境や食の違いにお腹を壊す事もあるので、整腸剤を持っていく方がいいでしょう。
食事
多民族、多文化国家として知られるオーストラリアは食文化も多様です。国民食として有名なのはミートパイ、フィッシュアンドチップス、バンガーズ(ソーセージ)などで、オーストラリアの人々に親しまれています。脂肪が少なく赤身の多いオージービーフは日本でも馴染みがありますね。
飲み物
水道水は飲用可能ですが、日本の水と成分が違い硬水であることが多いです。飲酒は18歳以上から可能です。オーストラリアはビールの消費量が日本の2倍というビール大国で、地域によって味わいが異なるクラフトビールがたくさんあります。爽やかな味わいのビクトリアビターや心地よい苦みがクセになるカールトンドラフトなど、お気に入りのビールを見つけるのも旅の楽しみです。

Oceania South Pacific Indian Ocean オセアニア・南太平洋・インド洋の他の国を探す