Country

クック諸島

クック諸島 COOK ISLANDS

南太平洋に隠れたようにひっそりと浮かぶ美しい島国

未知なる秘島「クック諸島」。ここは手付かずの自然が残る海と山の楽園です。クック諸島最大の島・ラロトンガは火山の隆起島で、山と海の色のコントラストが美しい島です。神々しい緑が広がる奥深い山の中を歩くネイチャーウォークに参加したり、少しハードな島縦断トレッキングに挑戦するのも楽しいですね。また、クック諸島に来たなら是非訪れてほしいのがアイツタキです。どこまでも透き通る透明度の高いラグーンと白い砂浜、まさに楽園です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge クック諸島を知る

基本情報

首都
アバルア
言語
マオリ語と英語
宗教
キリスト教(クック諸島教会派、カトリック)
時差
日本との時差は-19時間(日本が正午のとき、クック諸島は前日の17:00)
通貨・両替
通貨単位はニュージーランド・ドル(NZD)とクックアイランド・ドルですが、銀行や店舗での通貨表示は、ニュージーランド・ドルが主に使用されています。両替は日本でニュージーランド・ドルに替えて行くか、現地ではラロトンガ島アバルアのANZ銀行やウエストパック銀行でも可能です。ラロトンガ島やアイツタキ島にはATMがあるのでクレジットカードでのキャッシングもできます。
物価・チップ
物価は日本よりやや高く、特に輸入品は高いです。例えば500㎖の炭酸飲料が4ドル(約300円)、ランチワンプレートのフィッシュサンドイッチが15ドル(約1,200円)程です。基本的にチップの習慣はありません。
気候・ベストシーズン
年間を通じて気候はそれほど大きく変わりません。日中の平均気温は26℃前後、夜も23℃前後と基本的に過ごしやすいです。旅行のベストシーズンは4~10月ですが、6~8月は冬にあたり若干気温が下がるため、ときおり肌寒い日があります。11~3月は平均気温が28℃前後とやや高く、雨が降ることが多いです。
服装・マナー
年間を通じて基本的に夏服で問題ありませんが、朝夕や6~8月は肌寒い日もあるので薄手の上着があると便利です。基本的にフォーマルな服装は不要ですが、ホテルでのディナー時などはTシャツや短パン、ビーチサンダルといったカジュアル過ぎる格好は避けましょう。
治安
治安は良く安全ですが、必要以上に貴重品を持ち歩かない、夜間のひとり歩きは避けるなど最低限の注意は怠らないようにしましょう。また、ラロトンガ島内に100か所程ある伝統的集会場所・マライ(石が環状又は四方形に設置してある場所)では,部外者が神聖な石に触れることは避けるべきとされています。
病気
一年中気温が高いので食中毒には注意が必要です。一般的な治療はラロトンガ島では可能ですが、大きな病気や怪我をした場合には国外への緊急搬送、ラロトンガ島以外の島で医療が必要な場合には、ラロトンガ島への緊急搬送が生じることがあります。クック諸島を訪れる際は、短期間の滞在であっても十分な内容の海外旅行保険に必ず加入しておくようにしましょう。
食事
海に囲まれているのでシーフードがおいしく、果物も豊富です。白身魚やマグロのグリル、フライをよく見かけます。また、イモも様々な種類と料理があり、付け合わせにはポテトフライが多いです。素材の味を生かしたクック諸島の郷土料理は日本人の口にも合います。
飲み物
水道水は飲用できる場合もありますがホテルや離島によって環境が異なりますので、基本的にミネラルウォーターを飲用した方が安心です。ビールやワインはニュージーランドやオーストラリア産がほとんどで、コーヒーはインスタントが多いです。

Oceania South Pacific Indian Ocean オセアニア・南太平洋・インド洋の他の国を探す