Country

セイシェル

セイシェル SEYCHELLES

美しい海に浮かぶ楽園 “インド洋の真珠”

驚くほど美しいセイシェル諸島は、世界で最もロマンティックな旅行先の1つといえるでしょう。アフリカ東部から1300kmの海原に浮かぶ115も島々から構成される国で、その美しいビーチは「インド洋の真珠」と讃えられています。日本人旅行者はまだ少なく、種子島と同じくらいの面積に広がる大自然が日常を忘れさせてくれる、まさに手つかずの楽園です。

Look Up 地図で探す

セイシェル SEYCHELLES

Reccomend SPOT セレブが愛するリゾート「セイシェル」おすすめスポット

PRASLIN ISLAND

最も魅力的なリゾートアイランド「プララン島」

Reccomend
SPOT

01

セイシェルで2番目に大きい島のプララン島は、人の手がはいっていない白砂のナチュラルなビーチが魅力です。また、世界遺産のヴァレ・ド・メ公園が有名で、入国スタンプのデザインにもなっているセイシェルのシンボル、双子ヤシが自生しています。ヴァレ・ド・メ公園は島の中心に位置し、どこのホテルからも観光しやすいのポイントです。隠れ家的な豪華ホテルも多く、リラックスした自分だけの時間を過ごすことができます。

LA DIGUE

水牛のタクシーが人気の「ラ・ディーグ島」

Reccomend
SPOT

02

プララン島からフェリーで15分、わずか10平方kmの広さの島がラ・ディーグ島です。町には50mほどのメインストリートがあるのみで、プララン島でさえ都会に感じるほどです。車は少なく、代わりに水牛タクシーが人気です。1日あれば自転車で回れる程の広さのため、美しい海岸線をサイクリングや、リュニオン・エステイトで陸ガメを見たり、花崗岩が美しい海岸線アンス・スース・ダルジャンでピックニック等がお勧めです。

MAHE

リゾート以外の地元セイシェルも楽しめる島

Reccomend
SPOT

03

マヘ島にはリゾート以外にも、セイシェルの首都のビクトリアの街があり、半日もあればショッピング、観光、食事が楽しめます。リゾートでの滞在となると、なかなか現地の人達の生活を感じることができませんが、街には生鮮食品や民芸品が並ぶマーケットや、スーパーマーケット、民芸品店があり、現地の生活を直に感じることができるでしょう。マヘ島内に滞在の際は、タクシーやバス、レンタカー等で気軽に訪れることができます!

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge セイシェルを知る

基本情報

首都
ビクトリア
通貨
セイシェル・ルピー (SCR)
言語
フランス語、英語、クレオール語
宗教
キリスト教
電源
BF、C、SE型
民族
クレオール人
時差
日本から5時間遅れ
気候
セイシェルはモンスーンの向きで2つの季節に大別されます。南東風の吹く5月~9月が乾季で北西風の吹く11月~2月が雨季にあたりますが極端な差はありません。1年を通じて暖かく平均気温は29℃です。 はっきりとした季節はなく、1年を通じて気温の差があまりない常夏の国です。