Country

ボツワナ

ボツワナ BOTSWANA

手つかずの自然と近代都市のコントラスト

国土の約17%が政府により自然保護区に指定されているため手つかずの自然が残され世界各国から観光客ばかりでなく多くの研究者が訪れます。自然の宝庫・ボツワナのチョベ国立公園は、ゾウの生息数が世界一といわれていて、その数およそ7万頭。モコロと呼ばれるボートで湿原をめぐるのも、とてもおもしろい体験となるでしょう。

Look Up 地図で探す

ボツワナ BOTSWANA

Reccomend SPOT ボツワナで訪れたい!おすすめスポット

MOREMI WILDLIFE RESERVE

地球最後の究極サファリスポット
モレミ動物保護区

Reccomend
SPOT

01

モレミ動物保護区はサファリファンなら一生に一度は訪れたい動物パラダイスです。オカバンゴデルタの東の端に位置し動物の種類や量も多く、大充実のサファリです。たくさんの草食動物はもとより、ライオンやヒョウ、チーターに加え、運が良ければワイルドドッグ(日本名リカオン)に出会えることも。オープンサファリカーやウォーキングサファリ、ボートサファリなど、バラエティに富んだサファリを満喫できます。

OKAVANGO DELTA

世界最大の内陸デルタ
オカバンゴ・デルタ

Reccomend
SPOT

02

オカバンゴ・デルタは世界最大の内陸性デルタです。アンゴラの高原から流れ出た雨水はオカバンゴ川となり、ボツワナを南下し、東京都の約7倍以上の巨大な三角形の湿地帯を造り出しています。木をくりぬいて作ったモコロと呼ばれる丸木舟でのサファリはオカバンゴならではの醍醐味です。音もなく象に近付いて行ったり、モーター付きのボートでは味わえないサファリ体験ができるのです。

THE RINYANTI MARSH AREA

動物天国・忘れられた楽園
リニャンティ動物保護区

Reccomend
SPOT

03

チョベ国立公園の西に隣接する私営動物保護区がリニャンティ動物保護区です。1100平方kmの広大な保護区はまさに野生動物の宝庫。川岸に集まる大群のゾウやバッファロー、シマウマなどが見られ、森ではキリンやインパラ、ライオン、ヒョウなどを見ることができます。ロッジや車が少なく、忘れられた楽園といわれるこの動物保護区でのサファリは本物志向のサファリにこだわる方に特におすすめです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ボツワナを知る

基本情報

首都
ハボローネ
通貨
プラ(pula)。補助通貨はテベ(thebe)。1プラ=100テベ
言語
英語が公用語とされているがツワナ語が主流
宗教
伝統宗教80%、キリスト教20%
電源
B、B3、BF、C型
民族
ツワナ族79%、カランガ族11%、バサルワ族3%、そのほかヨーロッパ系白人など7%
時差
日本から7時間遅れ
気候
全体的に平均標高1000mの高原地帯のため比較的穏やかな気候です。雨季は夏の11~3月に訪れ、乾季の4~10月は冬になります。年間降水量は250~700mmと多くありません。チョベ国立公園やオカバンゴのある北部は気温が高く雨も比較的多いですが、首都・ハボローネのある南西部・中央部は乾燥しており、真冬となる6~7月には気温が5度を下回ることもあります。