Country

キューバ

キューバ CUBA

ヘミングウェイが見た、「地上の楽園」

カリブ海の真珠といわれるキューバは、フロリダの南、東西に延びる細長い島です。カストロやチェ・ゲバラの率いる革命軍がバチスタ政権を打倒した革命戦争ののち、冷戦に巻き込まれましたが、独自の社会主義を築いてきました。ヘミングウェイの愛した風景、19世紀から変わらないコロニアルな町並み、40年代のクラシックカーが走る風景は旅行者にそれらを肌で強く感じさせ、今も変わらず在り続けているのです。

Look Up 地図で探す

キューバ CUBA

Reccomend SPOT キューバで行くならココ!企画担当おすすめスポット

HAVANA

音楽と笑顔に溢れた町 ハバナ

Reccomend
SPOT

01

首都ハバナはスペインコロニアルの情緒を残す旧市街と、高層ビルの立ち並ぶ新市街とからなる大都市です。しかし、世界遺産にも指定された旧市街のコロニアルな街並みは、都会と言うよりも異次元の世界に迷い込んだ様なエキゾチックな雰囲気で観光客を虜にします。街角では楽器を演奏している人がいたり、音楽と笑顔で溢れた街を歩いてみればいろいろな発見があるかもしれません。

TRINIDAD

絵葉書のような街並み トリニダー

Reccomend
SPOT

02

街全体が世界遺産に登録されているトリニダー。石畳をポコポコと軽快なリズムで走る馬車、パステルカラーのカラフルな家々とオレンジ色の瓦屋根の広がる風景は、どこを切り取っても絵画のようです。近辺には露店のお土産屋さんが並び、とてもにぎやかです。そして忘れてはいけないのは音楽。トリニダーには生演奏の聞ける場所がたくさんあります。

VARADERO

キューバの極上リゾート バラデロ

Reccomend
SPOT

03

青い海、降り注ぐ太陽の光、どこまでも続く白砂のビーチ。バラデロはヨーロッパの人々の求めるものが全てある南国リゾートです。外国資本が入り豪華なリゾートが建ち並び、オールインクルーシブの豪華な滞在が楽しめる、他の都市とは雰囲気が異なるリゾートです。ここでは思う存分リゾートとキューバの自然を楽しみましょう。他のカリブの国よりも値段が手軽なのも嬉しい点です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge キューバを知る

基本情報

首都
ハバナ
通貨
主として外国人が使う兌換ペソ(CUC)と、主として国民が使う人民ペソ(CUP)の2つ
言語
スペイン語
宗教
カトリックとアフリカ宗教が中心
電源
A、B、C、L型
民族
ヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%(推定)
時差
日本から14時間遅れ サマータイム時は13時間
気候
亜熱帯性海洋気候で年間平均気温は25.5℃ほどです。1~2月は毎日の平均気温が22℃ほど、8~10月は28℃ほどになります。年間を通して貿易風が吹くため、暑い夏も比較的しのぎやすいです。乾期は11~4月、雨期は7~10月です。ハリケーンは9月と10月に多くなります。