Country

アルジェリア

アルジェリア ALGERIA

広大な国土に見どころいっぱいの秘境

アルジェリアは国土の大半にサハラ砂漠が広がり、北部には素晴らしいローマ帝国の遺跡があります。首都アルジェでは映画の舞台ともなったカスバを散策し、情緒溢れる町並みを満喫したいもの。郊外に足を延ばすなら、砂漠の中の涸れ谷に忽然と現れる不思議な町ガルダイアへ。また地中海を渡ったアフリカにローマ時代の遺跡が多くあるといわれますが、ここアルジェリアにも必見のティムガット遺跡やティパサ遺跡が存在しています。

Reccomend SPOT アルジェリアで訪れたい!おすすめスポット

ALGIERS

情緒あふれる町並み アルジェ

Reccomend
SPOT

01

アルジェの町並みは予想外に南仏風でモダンですが、丘に広がる旧市街のカスバは、まさにこれぞアルジェリア!と思わせてくれるアラブムードを色濃く残すエリアです。往年のフランス映画「望郷」で有名なカスバは丘の上の方に広がり、狭い路地に13~14世紀の家並みが密集し、下町のカスバには15~16世紀の豪華なドーム屋根やモザイク、タイルなどで飾られた大きな家が残っています。

GHARDAIA

ムザブの谷の不思議な町ガルダイア

Reccomend
SPOT

02

サハラ北部、砂漠の中の涸れ谷に忽然と現れる不思議な町ガルダイア。アースカラーやパステルカラーの立方体の家々が斜面にびっしりと張り付くように密集し、全景を見るとピラミッド状の丘の頂にはミナレット(尖塔)が聳え立つ、魅惑的な光景です。広場ではアーチ型のアーケードの店や露天のスーク(市場)に人が溢れ、活気に満ちています。

THAMUGADI

「アフリカのポンペイ」の異名を持つティムガット

Reccomend
SPOT

03

アルジェリア北部、乾燥地帯を走り抜けるとティムガット遺跡がその壮大な姿を見せてくれます。長い間砂の中に埋もれていたため保存状態がよく、発見されたときまるでイタリアのポンペイのようだったため、「アフリカのポンペイ」という異名があります。遺跡の中心にそびえる高さ12mの凱旋門は、コリント様式の3つのアーチを持つ砂岩でできた壮麗な門で、訪れる旅人の目を引く存在です。

DJEMILA

世界最大の古代ローマ遺跡 ジェミラ

Reccomend
SPOT

04

コンスタンティーヌから西に約200km、1世紀にローマ軍の要塞として建設され、2〜3世紀に最盛を誇ったとされる古代ローマ都市・ジェミラ。南北を貫くカルドにそって北から南へ、平地から高地にかけて数百年もの間拡大されていきました。高台からは広大なジェミラ遺跡を一望でき、悠久の歴史を感じさせます。

TIPASA

静寂の遺跡 ティパサ

Reccomend
SPOT

05

アルジェの西方約40km。地中海沿岸に存在するローマ時代の遺跡群、ティパサ遺跡。フェニキア人によって建てられたのが起源で、この町は古代ローマ時代に繁栄していたといいます。国立考古学公園の中にあり、海風が吹きすさび荒波が打ち寄せる海岸沿いの広い敷地の中にたくさんの遺跡が点在しています。ここは全体の36%位しか発掘されておらず、まだまだ未知なる遺跡が埋もれているというのもミステリアスなのです。

CONSTANTINE

まるでファンタジーの世界 コンスタンティーヌ

Reccomend
SPOT

06

深い渓谷に囲まれ、街だけがえぐり取られたようなこの都市は、その地形から難攻不落の軍事都市として恐れらました。かつてはキルタというヌミディア王国の都でしたが、その後この地を治めたローマ皇帝・コンスタンティヌス1世からコンスタンティーヌの街の名はとられました。この由緒ある街のシンボルは巨大な4本の橋。すべて断崖絶壁を跨ぐように掛けられた見事なアーチに誰もが息をのむことでしょう。

TASSILIN’AGER

タッシリ・ナジェールの岩絵

Reccomend
SPOT

07

国土のほとんどが砂漠を占めるアルジェリア。その砂漠のほぼ中心に位置するのがタッシリ・ナジェールです。砂岩で形成された巨大な台地状の山脈で、ここはどこか別の星?と思うほど不思議な奇岩地帯が広がります。また動物や人々の姿など、様々な場面の絵が2万点以上も描かれている岩壁画遺跡が点在し、考古学的にも注目度の高いエリアとなっています。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge アルジェリアを知る

基本情報

首都
アルジェ
通貨
現地通貨はアルジェリアン・ディナール (DZD)
言語
アラビア語
宗教
国民が信仰する宗教は、99%がイスラム教で、そのほとんどがスンニ派
電源
C、F型
民族
国民の80%がアラブ人で、残りの20%がベルベル人
時差
日本から8時間遅れ
気候
北部の地中海沿岸部は温帯で典型的な地中海性気候です。5~9月が乾季、10~4月は雨期となります。平均気温は夏は20~25℃、冬は10~12℃で、アトラス高原から南に行くにつれて冬と夏、昼夜の温度差が激しくなり、降水量が少なくなります。地中海沿岸以外の国土の大部分は、砂漠気候となっています。

Turkey Morocco Near and Middle East Mediterranean Sea トルコ・モロッコ・中近東・東地中海の他の国を探す