Country

イラン

イラン IRAN

広大な国土に迫力の遺跡が点在する国

砂漠の多いイランの中で、緑の多いオアシスの古都イスファハンは必見です。大輪の花のように華麗なエマーム広場にはイスラム建築の粋を極めた建築物が立ち並び、見る者を圧倒します。また、紀元前6世紀の遺跡で世界最大の階段ピラミッドがあるチョガー・ザンビールや歴史的な水利施設シューシュタル、西方に位置する広大なガビール砂漠訪問など、魅力的なコースも多彩に揃っています。

Look Up 地図で探す

イラン IRAN

Reccomend SPOT イランで訪れたい!おすすめスポット

ESFAHAN

イラン最大の観光都市
美しき古都イスファハン

Reccomend
SPOT

01

イランで最も観光客の訪れる都市がイスファハンです。サファヴィー朝時代のイランの首都であり、かつては世界の半分と称されるほど栄華を極めました。現在世界遺産に選ばれており、中心のエマーム広場は広場そのものが美術館と思えるほど大きく、数多くの見所があります。広場に連なるバザールは1日では廻り切れないほどの大きさでいつも地元の家族連れやカップルで賑わっており、最もイランらしさを体感できる都市です。

SHIRAZ

緑と花に囲まれたバラと詩人の街
シラーズ

Reccomend
SPOT

02

1年を通して気候が穏やかなため緑溢れる庭園が多く、特にバラが美しいことで知られています。世界遺産に登録されているエラム庭園と、大詩人・ハーフェズとサアディーが眠る庭園が人気を二分しています。いつも美しい花々で彩られ、毎日たくさんの人々が訪れます。歴史だけではなく文学の香り漂うアカデミックな街シラーズ。かつての王たちが望んだ美しい街づくりを現代に生きるイラン人が受け継いでいるのです。

YAZD

拝火教(ゾロアスター教)の聖地
ヤズド

Reccomend
SPOT

03

ここはアケメネス朝、並びにササーン朝時代に国教であった拝火教(ゾロアスター教)の聖地として知られています。まずゾロアスター教寺院とその中で1500年以上前から燃え続けている聖火は必見です。さらにもう1つの観光ポイントは沈黙の塔。ゾロアスター教徒は火・水・土を神聖視していたのでそれらを汚す事を嫌い、遺体を鳥葬・風葬していました。

TEHRAN

博物館巡りが面白い
首都テヘラン

Reccomend
SPOT

04

テヘランは首都だけあって国内の美術品が集まっています。絨毯博物館、ガラス博物館、宝石博物館など、博物館巡りは尽きることがありません。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge イランを知る

基本情報

首都
テヘラン
言語
公用語はペルシア語。英語は都市部や外国人が多い場所では通じることがあります。
宗教
多くはシーア派イスラム教。他にスンナ派イスラム教やキリスト教など。
時差
日本との時差は-5.5時間 ※サマータイム時-4.5時間 (日本が正午のとき、イランは6:30)
通貨・両替
通貨単位はイラン・リアル(Rls,IRR)。街中ではトマンもよく使われ、表記が混在していることもあるので注意しましょう(10リアル=1トマン)。また、ATMでのキャッシングやクレジットカード決済ができないため、旅行中に必要な現金を持ち込む必要があります。日本円から両替できる場所は少ないので、米ドルかユーロを持参しましょう。
物価・チップ
物価は日本と同じか少し安いくらいです。500mlのミネラルウォーターは10,000~20,000リアル(約25円~50円)前後です。レストランで食事をするなら、メイン料理が約300,000~400,000リアル(約700~1,000円)前後です。ただし、レートは変わりやすいのでご注意を。また、ガイドさんへのチップは1日20ドルが目安です。
気候・ベストシーズン
一般的に春と秋はイラン全土に共通して、暑くも寒くもない旅行に適したベストシーズンです。ペルシア湾沿岸は夏は40℃を越えるほどの暑さですが、冬は過ごしやすくなります。西部の高原地帯やカスピ海沿岸は夏は過ごしやすいですが、冬は雪が降ることもあります。イランは起伏に富み国土も広いので、気候は場所により大きく異なります。
服装・マナー
イランでは外国人観光客でも、基本的な服装のルールがあります。女性は長袖・長ズボンで、お尻まで隠れる長さの上着(トレンチコートやチュニック、ワンピース)、そして髪を隠せるスカーフが必須です。服やスカーフの色や柄に制限はなく、おしゃれも楽しめます。男性は長袖・半袖はOKですがタンクトップはNG。短パンはNGなので、ボトムは長ズボンで。
治安
イランは宗教的に厳格で治安が良く、初心者でも安心して旅行できる国です。貴重品の管理など、基本的な注意は忘れずに。ただし、宗教的な習慣から、男女の区別がしっかりしていて、女性専用車両に誤って男性が入ったりすると問題になるので注意しましょう。また、女性は痴漢に注意しましょう。
病気
暑い時期はこまめな水分補給を心がけましょう。水道水も飲めなくはありませんが、ミネラルウォーターをおすすめします。また、慣れない環境で体調を崩しやすくなるので、無理をしすぎないように注意しましょう。
食事
イランではイスラム教に基づき、豚肉やアルコールは禁止されています。肉類はラムや鶏肉が一般的で、サフランなどのスパイスやフルーツが豊富です。ゲイメと呼ばれるシチューや様々な種類のケバブが有名です。薄めの味付けで、ハーブやスパイスの風味を生かした料理が多いです。
飲み物
イランで一般的な飲み物はチャイと呼ばれる紅茶です。先に砂糖の塊を口に含んでから、無糖の紅茶を飲むのが伝統的な飲み方です。ほかにコーヒーやコーラ、ヨーグルトを塩とミントで味付けしたドゥーグなどの飲み物があります。お酒は禁止されていて、日本からの持ち込みも不可。その代わり、ノンアルコールビールが普及しています。

Turkey Morocco Near and Middle East Mediterranean Sea トルコ・モロッコ・中近東・東地中海の他の国を探す