Country

エストニア

エストニア ESTONIA

歴史的街並みの中に人々の生活が息づく、美しい国

エストニアの一番の見所はヨーロッパ文化首都に指定されているエストニアの首都・タリンです。かつて閉ざされたソ連の一地方都市だった時代は遠く去り、北欧に開かれたバルトの窓となったタリン旧市街は明るい空気に満ち溢れています。800年の歴史が今も息づき、石畳の通りの両脇に中世と変わらぬ建物が軒を連ねています。おとぎの国に入り込んだような中世の街並みに出会いに行ってみては?

Reccomend SPOT 企画担当者おすすめ!エストニアおすすめスポット

TALLINN

童話の町のような中世都市タリン

Reccomend
SPOT

01

タリンはエストニア語で「デンマーク人の城」を意味し、旧市街は主にドイツ商人が築いた町でハンザ同盟の都市として発展しました。ぐるりと城壁に囲まれ、石畳の街並みは丸1日あれば見どころは周れる小さな町ですが、歩けば歩くほど細い路地や階段があり新しい発見が沢山あります。伝統的な模様を使用した布製品や陶器などの可愛い雑貨に出会えるメルヘンタウンです。

KIHNU ISLAND

暮らしそのものが世界遺産
伝統に生きるキフヌ島の人々

Reccomend
SPOT

02

幸せのスカートが舞うバルト海のキフヌ島。島には600人ほどの人々が住み、女性はいまだに伝統的な模様の赤いスカートを履いて暮らしています。歌や踊り、手工芸など、本土ではすでに失われた生活文化が残っています。長期間海に出かける男たちの代わり社会と家庭の役割を担うようになった女性たちは、日々の仕事に勤しむ一方で体調によって履き分ける赤いスカートが独自の文化を彩るようになったのです。こうした伝統的な暮らしを営むキフヌの人々の暮らしそのものが世界遺産に指定されているのです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge エストニアを知る

基本情報

首都
タリン
通貨
ユーロ
言語
エストニア語
宗教
プロテスタント
電源
C型
民族
エストニア人、ロシア人、ほかにウクライナ人
時差
日本から7時間遅れ サマータイム時は6時間遅れ
気候
四季がありますが季節の変わり方が急激なのが特徴で、春の4~5月になるといきなり夏のように暑くなったり、秋の9~10月になると急に冷え込んだりといったことがあります。夏にあたる6~8月は日照時間が長く、日本の初夏のような気候なので過ごしやすいです。冬の11~3月は積雪に覆われるほど寒い時期が続きます。