Country

マケドニア

マケドニア MACEDONIA

ヨーロッパの原点
ヘレニズム文明の発祥の地

旧ユーゴスラビアの最南端に位置するマケドニアの一番の観光の目玉は何と言っても世界複合遺産に登録されたオフリドの町です。3世紀末にキリスト教が伝来して以来、文化宗教都市として発展したことから今でも古い教会が多く残っています。また、400万年前に誕生したオフリド湖は、透明度の高い美しい湖として知られ古い町並みと見事に調和した景観が旅人の心を捉えて放しません。オフリド湖はヨーロッパで最も古い湖であると推測され、存続が10万年以上続く古代湖のひとつです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge マケドニアを知る

基本情報

首都
スコピエ
通貨
現地通貨はマケドニア・デナル(MKD)。補助通貨はデニ。1デナル=100デニ。
言語
マケドニア語が公用語。自治体によってはアルバニア語、トルコ語、ロマ語、アルーマニア語、セルビア語がマケドニア語とともに公用語に指定
宗教
ギリシャ正教会が約70%、イスラム教が29%、その他が1%
電源
C型
民族
マケドニア人が約60%。その他アルバニア人、トルコ人、ロマ人、セルビア人など
時差
日本から8時間遅れ サマータイム時は7時間遅れ
気候
内陸部大陸性気候に属し、年間を通して比較的温暖で四季があります。概ね、夏は暑く乾燥し、時として40度に迫ることもあります。冬は寒冷で湿度があり雪が降ることも。周囲を山脈に囲まれるオフリドを含む中央部の山岳地帯は、夏は爽やかな暑さですが、冬は寒さが厳しく、大雪に見舞われることもあります。ベストシーズンは5~9月です。