Country

マレーシア

マレーシア MALAYSIA

多民族国家の熱気あふれる、東南アジアの楽園

自然が豊かなマレーシア。ボルネオ島では自然のままのオランウータンの生息を観察したり、グヌンムル国立公園で洞窟を探検したりと、大人も子供も楽しめるプランが充実しています。また、グルメが楽しめるペナン島、ランカウイ島でのリゾート滞在、クアラルンプール近郊の世界遺産の街・マラッカ探訪など、都市によってバラエティに富んだ体験ができます。食の種類も豊富で、マレー系、中国系、インド系をはじめ屋台でも気軽に楽しむことができます。

Look Up 地図で探す

マレーシア MALAYSIA

Reccomend SPOT 企画担当が厳選!マレーシアで訪れたいおすすめスポット

MALACCA

異国情緒あふれる世界遺産の街「マラッカ」

Reccomend
SPOT

01

マレー半島西海岸の港町マラッカは、古くからこの地で多民族・多文化が共存していたことを現代に伝える異国情緒あふれる街です。オランダやイギリスといった欧米列強に支配され、華僑やインド商人が多数居住しました。現在でもヨーロッパ人によって築かれた教会や城塞、古き良き中国を思い起こさせる中華風の街並みが残り、歴史都市として世界遺産に登録されています。

PENANG ISLAND

世界遺産「ペナン島」のジョージタウンが面白い!

Reccomend
SPOT

02

マレーシアの西海岸に浮かぶ島ペナン島。18世紀後半のイギリス統治時代、ヨーロッパと中国の貿易の中継地として栄えた歴史を持つ島です。その中心ジョージタウンには、イギリス時代のコロニアルな建物が残り、また中国やインドの文化も交わってエキゾチックな町並みとなりました。少し前からこの町にアートが流行りだし、今そのストリートアート巡りが密かにブームとなっています。

Kota Kinabalu

海も川も山も楽しめるボルネオ島の町「コタキナバル」

Reccomend
SPOT

03

マレーシアはマレー半島とボルネオ島の北部を有しています。そのボルネオ島の北部にある町がコタキナバルです。沖の島々を楽しむアイランドホッピングを楽しんだり、テングザルの生息する熱帯雨林にある川のクルーズ、東南アジア一の高さを誇る世界遺産キナバル山など、ビーチリゾートだけの顔ではありません。直行便も週に数本ありますが、帰りにクアラルンプールに寄るなどのアレンジも可能です。ご家族の夏旅におすすめです。

KUALA LUMPUR

多国籍シティ「クアラルンプール」

Reccomend
SPOT

04

アジアを代表する大都市のひとつであるクアラルンプールは楽しみ方も多種多様。ショッピング希望ならマーケットやブキッビンタン周辺の百貨店へ。旧市街散策希望ならムルデカスクエア周辺のコロニアルな建築物群へ。大衆的な熱を感じたいならチャイナタウンやアロー通りの屋台をおすすめします。様々な味が楽しめるマレーシア料理を堪能するのも楽しみのひとつです。

Redang Island

マレーシア半島の東海岸の沖に位置する島「レダン島」

Reccomend
SPOT

05

マレーシア半島の東海岸北部南シナ海に浮かぶ島レダン島。マレーシア一の美しい島と呼ばれ、透明度の高い海と白砂の美しいリゾート島です。国内線でクアラトレンガヌまで行き、そこからフェリーで島へ渡ります。島にはいくつかのリゾートがありますが、どこも離れていますのでプライベート感たっぷり。宿泊客だけでビーチを独占できるのです。シーズンは3月~9月の夏季限定です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge マレーシアを知る

基本情報

首都
クアラルンプール
言語
マレー語ですが、英語もよく使われています。
宗教
イスラム教、仏教、ヒンドゥー教
時差
日本との時差は-1時間(日本が正午のとき、クアラルンプールは11:00)
通貨・両替
通貨単位はマレーシア・リンギットです。クアラルンプールやコタキナバルなどの大きな都市では空港、銀行、両替所での日本円からの両替は問題ありません。クレジットカードも広く使われています。ペナン島やクアラトレンガヌなど小さな島に行く場合は到着ロビーに両替所がない場合がありますので、最新情報の確認を忘れないようにしましょう。
物価・チップ
物価は日本と比べて安く、目安としては日本の半分くらいの値段です。特にローカルレストランやスーパーに行くとその安さに驚きます。リゾート地のデラックスホテルなどに宿泊する場合はそこまでの違いにならないこともあります。基本的にチップは不要ですが観光地では習慣となりつつありますので、気持ちの良いサービスを受けた場合はすんなりチップを渡せるとスマートです。
気候・ベストシーズン
熱帯気候に属していますが、季節はエリアによって異なりますのでベストシーズンも行先によって変わります。マレー半島東部やボルネオ島は10~3月が雨季でモンスーンの季節です。強い雨風を受けて肌寒くなることもあります。西部では3~4月上旬と10~11月が雨季ですが、東海岸ほど雨は多くないでしょう。
服装・マナー
基本的に夏服で良いですが、冷房が効いている場所が多いので羽織るものがあると便利です。日差しも強いのでサングラスや帽子など日焼け対策を忘れないようにしましょう。また、イスラムの国ですのでショートパンツやミニスカート、ノースリーブ等はリゾート地以外では避け、時と場合に合わせた服装をしましょう。
治安
比較的治安の良い国ですが、外国人旅行者を狙った被害は報告されています。スリや置き引き、特にいかさま賭博には十分気をつけましょう。貴重品はセーフティボックスに入れる、バッグは斜めかけにして前側の見えるところで持ち歩く、フレンドリーに話しかけられたとしても知らない人についていかないなど、基本的な注意は怠らないようにしましょう。
病気
細菌などが発生しやすい環境ではありますので、生ものの飲食は避け、食中毒には注意しましょう。また、デング熱が発生する場合があります。感染は通年発生しますが、蚊が繁殖しやすい雨季は特に注意が必要です。他にも一部の地域でマラリア感染のリスクがあります。トレッキングツアーなどで自然に多く触れる場合は、虫除け対策をしっかりと行ってください。
食事
多民族国家のマレーシアでは、マレー料理のほか、中国、インド、ニョニャ料理が多く楽しめます。地域によって味の違いはあるものの、スパイスやハーブがふんだんに使用されていて日本人の口にもよく合います。マレーシア名物の屋台は街の至る所で見かけますので、滞在中に一度トライしてみてはいかがでしょうか。屋台街が活気づく時間帯は夕方~夜にかけてです。
飲み物
水道水は避け、ミネラルウォーターを飲用しましょう。ホテルの部屋に置いてあるポットには水道水が入っている場合がありますので注意しましょう。また、水道水で洗われた野菜や食器から口に入る場合もありますので、暑さや疲れを考慮して自分の体調を鑑み、やめたほうがいいと思うものは避けるようにしましょう。

Other Southeast Asia その他東南アジアの他の国を探す