Country

タイ

タイ THAILAND

多彩な魅力を持つ「微笑みの国」

近年タイ料理も不動の人気をもつ「微笑みの国」タイ。物価安が魅力で、王宮や寺院、屋台グルメ、ムエタイ観戦など見どころの多い首都バンコクはバックパッカーの聖地とも謡われています。その他にも高級リゾートを謳歌できるプーケットのビーチリゾートなど、観光客を楽しませるさまざまな顔を持っています。

Look Up 地図で探す

タイ THAILAND

Reccomend SPOT タイに行くならココ!おすすめスポット

CHING MAI

タイ北部「北方のバラ」と呼ばれるチェンマイを自分流に楽しむ

Reccomend
SPOT

01

古都チェンマイは、堀に囲まれた旧市街とターペー通りを中心とした新市街があります。かつてラーンナー・タイ王国として栄え、ワット・プラシンやワット・チェーディー・ルアンなど数多くの寺院を観光できます。また、ワット・プラ・タート・ステープはテラスからはチェンマイ市街を一望できる、おすすめの寺院です。夜はナイトバザールの露店で買い物をしたり、フードコートや屋台で食事をしたり、街歩きを楽しむことができます。

PHUKET

タイの人気リゾート「プーケット島」

Reccomend
SPOT

02

タイ南部にあるプーケット島は世界有数のリゾート地として有名です。エメラルドの海と真っ白な砂浜の美しさから「アンダマン海の真珠」と称されています。最も賑やかなパトン・ビーチ、高級リゾートが建ち並ぶバンタオ・ビーチ、珊瑚礁でのシュノーケリングができるナイヤン・ビーチ、夕陽が美しいナイハン・ビーチなど、個性的なビーチが揃っています。マリンアクティビティも豊富で充実したリゾートライフが楽しめます。

SUKHOTHAI

タイが誇る世界遺産!スコタイ遺跡群

Reccomend
SPOT

03

スコタイには世界遺産登録の遺跡群『スコタイ遺跡公園』があり、主要な遺跡は城壁内、城壁外を合わせると300ヶ所以上にもなります。クメール王朝時代の影響を受けた遺跡や、スコタイ王朝時代の「ウォーキングブッダ」など、数々の寺院が敷地の中に点在しています。かなり広大な敷地なので、効率良く回る為にはツアーへの参加がおすすめです。また、町は素朴ですが、ナイトバザールもあるので、ちょっと覗いてみたいものです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge タイを知る

基本情報

首都
バンコク
言語
タイ語。英語はホテルや観光客向けのレストランなどで通じますが、タクシーでは通じないこともあります。
宗教
仏教
時差
日本との時差は-2時間(日本が正午のとき、バンコクは10:00)
通貨・両替
通貨単位はバーツ(THB)。日本円からバーツへの両替は問題なくできるので、アメリカドルなど他の通貨を持っていく必要はありません。ホテルでの両替はレートが悪いので銀行や両替所がおすすめです。両替所はバンコク市内やプーケットなど観光客が集まる町の繁華街にあります。クレジットカードも多くの店で利用できますが、交通機関や屋台などの小さな店では使えないことが多いです。
物価・チップ
物価は日本と比べて安いです。例えばスカイトレインや地下鉄の運賃が16バーツ~(約60円)、屋台で1品注文すると40バーツ~(約145円)です。しかし、レストランなどで食事をする場合は日本と同じくらいか高くなることもあります。元々チップの習慣はありませんが観光客の増加と共に定着しています。気持ちの良いサービスを受けた時などはいくらか渡したほうがスマートです。
気候・ベストシーズン
タイは熱帯に位置し年中暑いというイメージがありますが、大きく3つの季節にわけられます。乾季(11~3月)は雨がほとんど降らずさわやかな晴天が続きます。暑季(4~5月)は気温が上昇し湿度もあがります。雨季(6~10月)は雨が降ったりやんだりという時期が続きますが、1日中降り続くことは少ないです。また、タイ国内でも南部、北部、東北部によって気候が多少異なります。
服装・マナー
基本的に夏服で大丈夫ですが、乾季の朝晩は肌寒く感じることがあります。また、冷房が効いているところも多いので長そでの羽織りものがあると便利です。寺院等では露出度の多い服装やビーチサンダルで内部に入れないことがあるので注意が必要です。観光客が多い観光地では無料貸し出しがあるところもあります。
治安
治安が良く安全な国ですが、外国人旅行者を狙った被害は報告されています。観光客が多いエリアや乗り物内での盗難事件には特に気をつけましょう。貴重品は肌身離さず、きちんと管理することが必要です。また、観光地では押し売りや、「ここは休みだからこっち行くといいよ」などと言って様々な手段で金品を巻き上げようとする人がいますので併せて注意しましょう。
病気
食中毒が発生しやすくなっています。生野菜や刺身など、生ものの食事には気をつけましょう。都市部(バンコク、チェンマイ)やプーケットなどの主な観光地は問題ありませんが、農村地域を訪れる場合はマラリアが発生するリスクがあります。また、蚊がいる地域ですのでデング熱にも注意しましょう。虫よけスプレーなどがあると安心です。
食事
代表的なタイ料理と言えばトムヤム・クンやプー・パッ・ポン・カリーなど、ここでは挙げきれないほどです。食事場所もレストランから食堂、屋台とさまざまなシチュエーションで楽しむことができるでしょう。北部、東北部、中部、南部の料理と地方料理も豊富です。他にも都市部では中国料理、シーフード料理などさまざまなバリエーションの料理を食べることができます。
飲み物
飲料水はミネラルウォーターを利用しましょう。また、タイはアルコール類の販売制限や嗜好品に関するルールが厳しい国です。例えば公共スペースの入口から半径5m以内の喫煙は禁止されています。電子たばこに関する持ち込み制限もあります。他にもいくつかルールがありますので、渡航する前にはトラブルになることがないよう十分にチェックしましょう。

Other Southeast Asia その他東南アジアの他の国を探す