Country

台湾

台湾 TAIWAN

レトロとモダンが入り交じった
癒しの国

アジアの旅行先として大人気の台湾。レトロとモダンが入り交じった、どこか懐かしさを感じられる癒しの国です。台北では小籠包などのグルメを楽しんだり、龍山寺などのパワースポット巡りをしたり、活気あふれる夜市へ行ったりと、楽しみが満載です。少し足を延ばして幻想的な雰囲気漂う九分へ行ったり、新幹線に乗って第二の都市高雄へ訪れてみたり、台湾のローカル線に乗って車窓からの景色を楽しんでみるのもおすすめです。

Look Up 地図で探す

台湾 TAIWAN

Reccomend SPOT 台湾の今がアツい!人気おすすめスポット

JIUFEN

懐かしい風情が残る 九ふん

Reccomend
SPOT

01

提灯が色鮮やかで印象的な九ふんは、日本人にはどこか懐かしい雰囲気すら感じられるでしょう。眺望も抜群で、天気が良ければ海と島が見渡せる絶好の写真スポットがあったりして、賑やかでありながら癒される雰囲気も随所に感じられます。散策に疲れたら食堂やお茶屋さんで飲み物でも飲みながら素晴らしい景色を味わう贅沢なひとときを。映画の非情城市の舞台にもなった九フンでノスタルジックな散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

KAOHSIUNG

台北に次ぐ台湾第2の都市 高雄

Reccomend
SPOT

02

日本で言うなら、台北が東京、高雄は大阪。人々で賑わう美麗島駅の近くには六合国際観光夜市もあり、屋台やマッサージ屋がずらっと並び夜中まで賑わいを見せています。夕方は西子湾で夕陽を見たり、夜には愛河での夜景を眺めるのも素敵です。他にも日本式家屋が点在する台湾糖業博物館やランドマークとなる東帝士85ビルなど見所たくさん!台北とはまた違った魅力をもつ街なので、比べてみるのも面白いですね。

Tour Ranking 台湾人気ツアーランキング2019

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge 台湾を知る

基本情報

首都
台北
言語
主要言語は中国語(北京語)。観光地やホテルでは英語や日本語が通じます。
宗教
仏教、道教、キリスト教
時差
日本との時差は-1時間。(日本が正午のとき、台湾は11:00)
通貨・両替
通貨単位は台湾元、もしくはニュー台湾ドル(NTD)。「元」と「NTD」の表記が混在しています。空港の両替所、大都市の一部銀行などで両替可能ですが、レートはほぼ変わりません。空港の両替所では手数料がかかりますが、桃園第2ターミナルには手数料無料の両替機も登場しました。市中での両替は手数料がまちまちで場所も限られるので、可能であれば空港で替えてしまいましょう。
物価・チップ
台湾にチップの習慣はありません。レストランやホテルではサービス料が付加されていることがほとんどです。ただし、良いサービスを受けた場合など、心づけとして渡す分には全く問題ありません。目安は50~100元とお考え下さい。物価は日本の1/3程度で、屋台なら150~200元(約600~800円)もあれば充分です。しかし、老舗やお洒落なお店は1000元以上かかります。
気候・ベストシーズン
平均気温は約22度、最低気温は夏で23度前後、冬で13度前後という台湾にも、四季は存在します。5~9月は湿度が高く、5月下旬頃からは梅雨に入ります。6月以降は暑さが徐々に厳しくなり、台風も多く訪れます。12~2月は比較的温かく過ごしやすいですが、朝晩の寒暖差が大きいです。ベストシーズンは天候が安定する10・11月で、新茶や紅葉など楽しみの多い季節となります。
服装・マナー
12~2月以外は夏服で十分ですが、屋内は冷房がかなり強いので、調節しやすい服装の携帯は必須です。雨が多い6~9月は雨具を持っていきましょう。12~2月でも、朝晩を除けば薄手の長袖で事足ります。台湾MRTでは飲食厳禁です。違反すると罰金を科せられます。飴やガムを食べる、水を一口飲むことで注意される外国人観光客は後を絶ちませんので、充分気を付けましょう。
治安
治安は悪くありませんが、貴重品には十分注意して下さい。日本人が巻き込まれやすい犯罪は置き引き、スリなどの窃盗です。人ごみで故意にぶつかったり、複数犯によるスリは後を絶ちません。「日本人は裕福で高額品を持ち歩く」という印象を持たれていることも忘れてはなりません。「自分の身は自分で守る」を徹底し、万一の際は【身の安全を第一】に図りましょう。
病気
一番気を付けるべきは、温度差による体調不良や熱中症、胃腸炎です。 暑さと日差しの強さに、どれだけ気を付けても熱中症になってしまうこともあります。こまめな水分補給に努めて下さい。疲れを感じたら無理せず休むようにしましょう。慣れない環境や食の違いにお腹を壊す事もあるので、日本から整腸剤を持っていく方がいいでしょう。生水や常温に置かれた食べ物には注意が必要です。
食事
台湾では中華料理以外にも、B級グルメと呼ばれる手軽で安価な料理が有名です。夜市に代表される屋台がまさにソレです!街の近くに漁港がある高雄や台南は海鮮料理がピカイチですし、気候のおかげで安くて美味しいフルーツが一年中楽しめたりと、「グルメパラダイス」という言葉がピッタリの国です。万一好みが合わなくても、日本でおなじみの店が数多く出店していますので心配はありません。
飲み物
水道水(自来水)は、そのまま飲用するのには適していません。また、街のあちこちに飲水器が置いてあり、無料で使用できます。気になる方は、市販の水を購入しましょう。歯みがき、洗顔の際は水道水で大丈夫です。 台湾はお茶の産地としても有名です。「高山茶」と呼ばれる、山を産地とする台湾茶は、味も香りも群を抜いています。気軽に試飲できるお店もありますので、ぜひお試しあれ!

Other Southeast Asia その他東南アジアの他の国を探す