Country

ナミビア

ナミビア NAMIBIA

世界一美しい砂漠を持つ国

ナミビアいちばんの見どころは間違いなくナミブ砂漠。世界最古の砂漠のナミブ砂漠は、世界一美しいといわれる砂漠で、このナミブ砂漠を見ずして、ナミビアを語ることはできません。ナミブ砂漠の神髄を見たいという人は、ぜひ奥地のソッサスブレイを目指しましょう。

Look Up 地図で探す

ナミビア NAMIBIA

Reccomend SPOT ナミビアで訪れたい!おすすめスポット

NAMIB-NAUKLUFT NATIONAL PARK

ナミブ砂漠を極めるなら宿泊はここで!
ナミブ・ナウクルフト国立公園

Reccomend
SPOT

01

山のように高いオレンジ色の砂丘がいくつも連なり、地球とはかけ離れた姿が目の前に広がるナミブ砂漠が分布するのは、ナミビアの大西洋側。砂が積みあがってできる砂丘は、高さ約300mという下から見ると圧巻の風景です。ナミブ砂漠に宿泊するなら、近郊のセスリウムではなくナミブ・ナウクルフト国立公園がおすすめです。国立公園内に泊まった人のみ神秘的な大砂丘の日の出が見られるのです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ナミビアを知る

基本情報

首都
ウィントフック
通貨
単位はナミビア・ドル(N$)。補助通貨はセント(¢)。紙幣の種類=N$200、N$100、N$50、N$20、N$10硬貨の種類=N$5、N$1、50¢、20¢、10¢、5¢南アフリカ・ランド(R)とほぼ等価。ナミビア国内では南アフリカ・ランドがナミビア・ドル同様に流通
言語
公用語は英語、アフリカーンス、ドイツ語
宗教
キリスト教が約90%、ほかに伝統宗教
電源
B3L、C型
民族
オバンボ族50%、カバンゴ族9%、ダマラ族8%、ヘレロ族8%、白人6%など
時差
日本から7時間遅れ
気候
雨季は12~3月、それ以外は長く厳しい乾季が続きます。服装としては、砂漠の朝晩はかなり冷え込むのでフリースなどの防寒具を持っていくことをおすすめします。また日差しが強いので帽子は必携です。乾燥しているので、のどが渇いていなくても水分はこまめに補給しましょう。