Country

ニューカレドニア

ニューカレドニア NEW CALEDONIA

南太平洋に浮かぶ 天国に一番近い島

「天国に一番近い島」として知られるニューカレドニアは、南太平洋に浮かぶ美しい島々です。フランス領としての歴史が長く、首都ヌーメアは小粋なフランスのムード漂う街で「プチ・パリ」と賞されるほど。離島を楽しむ人が多く、カヌメラ湾・クトビーチと異なる魅力を持つ「イルデパン島」、 天国に一番近い島「ウベア島」、 唯一の水上コテージを持つ「メトル島」などの島々とそれぞれの魅力があります。
※現在弊社ではニューカレドニアのみのパッケージツアーはお取り扱いしておりません。アレンジ等は可能ですのでご希望の場合はお見積りを承ります。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ニューカレドニアを知る

基本情報

首都
ヌメア
言語
フランス語。ホテルやレストランなど観光業に携わるような場所では英語も通じます。
宗教
カトリック、プロテスタント
時差
日本との時差は+2時間(日本が正午のとき、ニューカレドニアは14:00)
通貨・両替
通貨単位はフレンチ・パシフィックフラン(CFP)。国際通貨記号はXPFですが、現地ではフランと呼ばれています。タヒチと共通の通貨です。ユーロ、アメリカドル、日本円いずれからでも両替ができます。ホテルでの両替は銀行よりレートが高いですが、手数料はかかりません。離島では両替できる場所が限られるので、あらかじめヌメアで両替しておきましょう。
物価・チップ
物価は日本やフランス本土よりも高めです。レストランでの食事も同様に高いです。チップの習慣はありません。ただし、ホテルやレストランなどで親切にしてもらったら感謝の意を表して「メルシー(ありがとう)」の一言を添えると良いでしょう。ホテル、レストラン、観光ツアーなどでは5%のサービス税が加算されます。
気候・ベストシーズン
ニューカレドニアの気候は日本と真逆です。亜熱帯の海洋性気候で南の島のイメージが強いですが、実は春夏秋冬があります。真夏(2月)は30℃を超えますが湿度が低く風があるので過ごしやすいです。ベストシーズンもこの時期(1~3月)です。一方、6~9月の朝晩は20℃以下になることもありますので長袖の上着は忘れないようにしましょう。
服装・マナー
基本的には季節に準じた服装で問題ありませんが、フランス料理レストランとカジノではフォーマルな服装を求められることがあります。上記のようなスポットへ行く場合、襟のある上着と靴が必要になります。短パンやビーチサンダルではカジノや一部のレストランに入れない場合があります。離島ではそのようなドレスコードはありませんが、露出の多い恰好は避けた方がベターです。
治安
ニューカレドニアは日本と同じくらい治安が良いと言われていますが、貴重品はホテルのセーフティボックスに入れる、夜間のひとり歩きは避けるなどの注意は必要です。また、特定の場所が神聖な場であるという言い伝えが残っていることがあります。そのような場所に立ち入る時や、住民、家屋の写真を撮る時には了解を得るようにしましょう。
病気
一年中高温が続く地域なので、食中毒に注意しましょう。また、蚊がいますので虫よけスプレーを持っていくと安心です。珊瑚で足を切ってしまうなど海水浴時に起こるケガにも注意が必要です。病院で複雑な処置を必要とする場合、オーストラリアなどへ移送が必要になることがあります。万が一に備え、十分な内容の海外旅行保険に必ず加入しておくようにしましょう。
食事
本格的なフランス料理やシーフード料理が味わえる他、イタリアン、中華、ベトナム料理などさまざまな種類のレストランがあります。イモ類や野菜、肉や魚などを石で蒸した南太平洋の伝統料理「ブーニャ」も一度は試してみたいところです。
飲み物
水道水は比較的安心ですが、ウベア島など一部の地域での真水の飲用は避けたほうが良いでしょう。市販のミネラルウォーターを購入してください。また、ニューカレドニアでは水・金・土・日・祝日の午後はお酒の販売が禁止されています。スーパーでもお昼12時にお酒が買えなくなりますので注意しましょう。小売店のアルコール販売規制なので、レストランでは週末でも飲むことができます。

Oceania South Pacific Indian Ocean オセアニア・南太平洋・インド洋の他の国を探す