Country

ネパール

ネパール NEPAL

神々しい山々に囲まれた、ヒマラヤ登山の玄関口

標高5000mを越える高地から亜熱帯の低地まで、変化に富んだ自然のなかに30以上の民族が暮らしています。ネパールといえばヒマラヤでのトレッキングが有名ですが、ジャングルでのサファリやラフティングなどさまざまなアクティビティも楽しめます。絶景の山岳ロッジ・タサンビレッジやアスタム村にある究極の自然派エコリゾートはなのいえ、などファイブスタークラブおすすめの山上ロッジの宿泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Look Up 地図で探す

ネパール NEPAL

Reccomend SPOT ネパールで訪れたい!企画担当おすすめスポット

KATHMANDU

どこか懐かしく感じる宗教都市 カトマンズ

Reccomend
SPOT

01

カトマンズはネパールの首都だけあって、見どころもいっぱいです。「神々の住む町」という呼び名がふさわしく、道を歩けば至る所に寺院の数々。町角にはシヴァ神やハヌマン神などの色鮮やかな石像に出会うのです。神々の信仰に彩られた情緒溢れる町並みは、近郊のパタンや古都バクタプル、チベット仏教巡礼の地スワヤンブナートなどと共に、世界遺産に指定されています。

POKHARA

ヒマラヤ観光の拠点の町 ポカラ

Reccomend
SPOT

02

ネパール中部の湖畔の町ポカラは、ヒマラヤ観光の拠点。いながらにして美しい山の風景が見られるのに、ここの標高は800mとカトマンズの標高1,300mより低いのです。高山病など無縁の地で、ヒマラヤを満喫できるが嬉しいところです。ポカラを拠点に、初心者から上級者まで、ハイキングやトレッキングのさまざまなコースが用意されているので、自分のペースでの山歩きが楽しめます。

ASTAM

自然派山上リゾート「はなのいえ」でヒマラヤを展望 アスタム

Reccomend
SPOT

03

ポカラから約15km北西にあり、アンナプルナ連峰が見渡せる丘にある村、アスタム。ここでは、自然派山上リゾート「はなのいえ」の宿泊がおすすめです。歩かなくてもヒマラヤを満喫できる極上のロッジでは、有機無農薬農法によって栽培された食材で作られた美味しい日本食の料理を堪能できます。また素晴らしい山々を眺めながら、大きな五右衛門風呂に入るというのも、ここでの大きな楽しみとなるはずです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ネパールを知る

基本情報

首都
カトマンズ
通貨
ルピー(Rs)
言語
ネパール語
宗教
世界唯一のヒンドゥー教を国教としていたが、2006年に世俗国家に転換することが決定された。
電源
C、D、M型
民族
パルバテ・ヒンドゥーが半数 その他の30以上の民族
時差
日本から3時間15分遅れ
気候
ネパールというと寒い国だと思われがちですが、実際はかなり温暖な国で、4月から9月は最高気温は27℃~30℃、最低気温でも10℃~20℃ほどです。10月から3月は最高気温18℃~25℃、最低気温でも2℃~10℃くらいと氷点下になることもなければ、平地では雪が降ることもありません。

India Nepal Bhutan インド・ネパール・ブータン他の他の国を探す