Country

ルーマニア

ルーマニア ROMANIA

民族の文化と風習
のどかな田園風景が美しい国

マラムレシュはのどかな田園をもち、昔と変わらないルーマニア独自の風習・文化が息づく場所です。村人たちは普段から民族衣装を身に着け生活しています。弊社のツアーではこのマラムレシュの民宿で1泊し、郷土料理を堪能します。また世界遺産に登録されたマラムレシュ地方の木造教会も大きな見どころです。「ルーマニアの宝石」と言われる世界遺産の中世都市シギショアラなどルーマニア1国だけでも観光しきれないほどの見所があふれています。

Look Up 地図で探す

ルーマニア ROMANIA

Reccomend SPOT ルーマニアで訪れたい!おすすめスポット

SIGHISOARA

中世の面影が色濃く残る
世界遺産の町 シギショアラ

Reccomend
SPOT

01

世界遺産に登録されているシギショアラの町。城壁に囲まれた旧市街にはパステルカラーの建物が建ち並び、中世の面影が濃く残っています。町のランドマークである時計塔からは、赤煉瓦の屋根が波打つ旧市街を一望することができます。またその時計塔の近くのにはドラキュラ公として知られるヴラド・ツェペシュの生家がレストランとして残っています。

BODIZA VILLAGE

心優しい村人に囲まれた素朴な村
ボディザ村

Reccomend
SPOT

02

ボディザ村は自然豊かなルーマニアの田舎の小さな村です。この村に暮らす人々は皆民族衣装に身を包んでおり、女の人は髪にスカーフを巻き、男性は黒い山高帽をかぶっています。ボディザ村での民家体験では、おばあちゃんの手作りの素朴だけれど美味しいスープや肉料理などをご馳走になったり、村人たちに混じって地元の教会に行ったり、楽しいひとときを過ごせます。

SUCEAVA

ルーマニアの中世文化の結晶
ブコヴィナ地方 スチャバ

Reccomend
SPOT

03

ルーマニア北部、ブコビィナ地方の観光の拠点となるスチャバ。ここでの見どころである5つの修道院は、森林や丘陵の続く美しい森の中にあって、まるで秘境の中の宝物のような存在です。どれもが特徴的な建築で美しいフレスコ画が外壁や内部の装飾に取り入れられ、見ごたえ十分です。5つの修道院のうち4つが世界遺産に指定され、ルーマニアを極めるなら外せない必見スポットなのです。

BUCHAREST

歴史の中で変化を続けてきた首都
ブカレスト

Reccomend
SPOT

04

アテネ音楽堂、ブカレスト大学、エネスク作曲家の博物館、美術館、大聖堂、スタヴロポレオス教会、カジノなどが代表的な建物です。ルーマニア革命により民主化された今日のブカレストは、新しいルーマニアの近代的な首都として生まれ変わりつつあります。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ルーマニアを知る

基本情報

首都
ブカレスト
通貨
ルーマニア・レイ(RON) 補助通貨はバンBan(複数はバニBani)。1RON=100Bani
言語
ルーマニア語,英語
宗教
ルーマニア正教
電源
C、SE型
民族
ルーマニア人、そのほかハンガリー人、ドイツ人、ロマなど
時差
日本から8時間遅れ サマータイム時は7時間遅れ
気候
ベストシーズンは、天気が良く過ごしやすい5月~6月、9月~10月です。日も長く、観光するには適しています。6~8月の夏は、気温が30度以上になることもありますが、湿度は低く過ごしやすい時期です。12~3月の冬は寒さが厳しく、ブカレストなど各地で雪が降ります。シナイア、ブラショフなどではスキーも可能です。