Country

スロバキア

スロバキア SLOVAKIA

田舎にこそ真の魅力がある、古き良き国

日本人には馴染みの薄いスロバキア。首都ブラチスラバだけ観光しても、この国の魅力を知ることはできません。自力で訪れることが難しい田舎の町や村を訪れてこそスロバキアの真の魅力がわかるのです。ブラチスラバから車窓を楽しみながら世界遺産のバンスカー・シュティアヴニツァまで行き、道中で素朴な木造教会やワインの村スタラーホラ、民家を訪問し、スロバキアの歴史や人々と触れ合うのも楽しみのひとつです。

Reccomend SPOT スロバキアで訪れたい!おすすめスポット

BRATISLAVA

古きよき歴史を残す旧市街
ブラチスラバ

Reccomend
SPOT

01

1993年にチェコとの連邦制を解消し主権国家となったスロバキア、その首都がブラチスラバです。街の南にはドナウ川が優雅に流れ、そのほとりにはマリア・テレジアも戴冠式を行った聖マルティン教会や、12世紀より度重なる改築によって四塔に囲まれるユーモラスな姿になったブラチスラバ城がそびえ立っています。ブラチスラバ市内は徒歩でゆっくり回るのがおすすめです。スロバキアは美味しいワインの産地でもあるので散策の間の休憩でゆっくり楽しむのもいいですね。

BANSKA STEAVNICA

世界遺産の静かな田舎町
バンスカー・シュティアヴニツァ

Reccomend
SPOT

02

スロバキアで訪れたい田舎の町ナンバー1がこのバンスカー・シュティアヴニツァ。世界遺産に指定され、中世の趣を今に残す情緒溢れる町並みは、静かで自然にあふれているのが魅力的です。中世の時代から金や銀の鉱山の町として栄え、1740年には1年間に600kgもの金や23000kgもの銀が採れたといわれています。小高い山々に囲まれ、坂道の多い町には、華やかだった昔を思わせる優美な家並みが今も残されています。

BANSKA BYSTRICA

古い町並み残る
バンスカー・ビストリツァ

Reccomend
SPOT

03

バンスカー・ビストリツァ中世から銀や銅などの鉱業で繁栄した街、バンスカー・ビストリツァ。街の中心はスロバキア民族蜂起広場(SNP広場)。城と時計塔が建つ、シンプルで街の中心にしては静かな広場ですが、広場の周りにはカフェやレストランがあり、賑わいを見せています。第二次世界大戦末期、ナチス・ドイツの支配に対して、この地からスロバキア人が立ち上がったということで、スロバキアの人たちにとってもこの広場は、非常に誇らしい場所なのです。

FRONTZECK VILLAGE

木造教会のある小さな村
フロンセック村

Reccomend
SPOT

04

バンスカー・ビストリツァから車で10分ほどの場所にあるフロンセック村。世界遺産に登録されている木造教会のある小さな村です。プロテスタントの教会は今でも実際に使われており、木造ならではのいい香りが漂います。また祭壇のカラフルな画まで木でできているので、独特の雰囲気が感じられます。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge スロバキアを知る

基本情報

首都
ブラチスラバ
通貨
ユーロ
言語
スロバキア語
宗教
ローマカトリック、プロテスタント、東方正教会など
電源
C型
民族
スロバキア人、ハンガリー人、ロマ、チェコ人、ドイツ人など
時差
日本から8時間遅れ サマータイム時は7時間遅れ
気候
日本と同じく四季があります。南部の平原地帯と東部の低地帯は比較的穏和で乾燥してはいますが、夏などは最高気温が30℃以上になることも。タトラ山地などの山岳地帯は、平均気温が3℃と気候が厳しくなります。出発時の日本と同じような服装で問題ありませんが、内陸部で冬は乾燥しますので、冬場は底冷えしないようしっかりとした防寒対策が必要です。