この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

カリブ海の真珠といわれるキューバは、フロリダの南、東西に延びる細長い島です。カストロやチェ・ゲバラの率いる革命軍がバチスタ政権を打倒した1959年の革命戦争ののち、冷戦に巻き込まれましたが、ソ連崩壊後の現在もアメリカの経済制裁にあい、独自の社会主義を築いてきました。世界との物流を阻まれ、配給制があり、教育費、医療費の無償化、古いものは修理して何度も使う、といった社会のシステムが町の風景、人々の生活を、私たちのそれとは大きく異なるものにしました。ヘミングウェイの愛した風景― 19世紀から変わらないコロニアルな町並み、40年代のクラシックカーが走る風景― は旅行者にそれらを肌で強く感じさせ、今も変わらず在り続けているのです。日々急速に変わり続ける日本から離れ、そんなキューバを訪れてみてはいかがでしょうか。

キューバ基本情報

首都
ハバナ
面積
11万1000km2(日本の本州の約2分の1)
人口
1124万人
言語
スペイン語
民族
ヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%(推定)。世界のなかでも人種差別のない国として知られている。
宗教
カトリックとアフリカ宗教が中心。無宗教の人も多い。
気候
気候は亜熱帯性海洋気候で年間平均気温は25.5℃。1~2月は毎日の平均気温が22℃ほど、8~10月は28℃ほど。年間を通して貿易風が吹くため、暑い夏も比較的しのぎやすい。乾期は11~4月、雨期は7~10月。ハリケーンは9月と10月に多い。
通貨
キューバには、主として外国人が使う兌換ペソ(CUC)と、主として国民が使う人民ペソ(CUP)がある。2010年8月2日現在、レートはCUC1=US$1.08の固定。ペソの下にはセンターボ(¢)の単位があり、100¢=CUC1。
フライト
日本からキューバへの直行便はない。カナダのトロントからはエアカナダAir CanadaとタカTACA、キューバ国営クバーナ航空Cubana de Aviacionが、メキシコのメキシコ・シティやカンクンからはクバーナ航空の直行便があるので、これらを利用するのが一般的。所要時間はトロントからは3時間30分、カンクンからは1時間30分ほど。