この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

ヨーロッパ、アフリカ、アラブをつなぐ交易の十字路として重要な役割を果たしてきたモロッコ。その結果、地域によってかなり異なった文化をもちます。北はスペインカラーが強く、大西洋沿岸はポルトガル色、砂漠は遊牧民文化、南はサハリアン&ブラックアフリカ。ほかにも建築物、衣装、音楽、踊りと、あらゆる側面において強烈な個性を放っているのがモロッコです。古都マラケシュやフェズ、カスバ街道など見どころはたくさんありますが、一番おすすめするのはサハラ砂漠です。通常のツアーでは砂漠近くのオアシスの町エルフードに泊まり、早朝4WDにてサハラ砂漠のメルズーカへ行き、サハラ砂漠の日の出を見るだけというのが一般的ですが、ファイブスタークラブのツアーではメルズーカよりもっと奥地の砂漠へラクダで行き、砂漠のど真ん中でキャンプをします。シャワーも電気もない大自然の中で満点の星空を眺めてワイルドな一夜を。一生の思い出に残る体験ができるはずです。

モロッコ基本情報

首都
ラバト
面積
45万9,000平方キロメートル(日本の約1.2倍)
人口
3195万人
言語
公用語はアラビア語。フランス語も広い範囲で通用する。
民族
ベルベル人、アラブ人、ヨーロピアン等
宗教
国教はイスラム教
気候
比較的温暖な地中海性気候だが、モロッコにも四季の変化が見られます。
冬場の12~3月はセーターやウィンドブレカーで重ね着をできるようにするのがベター。内陸の砂漠地帯ではコート類も必要です。
4~5月沿岸部は雨期にりますが、それほど気にするほどの雨量ではなく、かつ、砂漠へ行けばほとんど降りません。この季節は花が咲き乱れるのも魅力です。
夏はかなり暑いが最もモロッコを感じる季節。熱射病や日射病対策には気をつけましょう。砂漠地帯や山間部では夜間はかなり冷えこむので、夏でも上着を用意しましょう。いずれの季節でも砂漠地帯の昼と夜の温度差が大きいので重ね着のできる服装がおすすめです。
通貨
基本通貨はディラハムDH。補助通貨はサンチームCとリアルRIAL
フライト
日本から直行便はないのでドバイ、ドーハ、エティハド、ヨーロッパなどの第3国を経由します。
ドバイ乗り継ぎのエミレーツ航空が所要22時間、
ドーハ乗り継ぎのカタール航空が所要25時間で飛んでいます。