この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

モルディブは1200もの島からなる群島国家で、日本ではリゾートとしてお馴染みの国です。行ったことのある方でも首都のマーレは寄らず、各島のリゾートで過ごされた方がほとんどだと思います。南北にいくつもの環礁があり、近い環礁へはスピードポート、遠い環礁へは水上飛行機や国内線で移動するのが一般的です。各島は小さく、1島に1リゾートが基本で、世界でも屈指の高級リゾートや有名ホテルチェーンのリゾートなど数多くのリゾートがあります。またリゾートごとに水上ヴィラのあるリゾートや飲み物・食べ物の代金が全て含まれたオールインクルーディブプランの有るリゾートなど、魅力のあるリゾートばかりで選ぶのには一苦労します。リゾートではのんびりゆっくり過ごすのが基本ですが、シュノーケリングやダイビングなどアクティビティーの用意もありますので飽きる事はありません。モルディブは海を見ながらゆっくりと贅沢な時間が過ごせます。

モルディブ基本情報

首都
マーレ
面積
約298平方キロメートル
人口
約31万人
言語
ディベビ語、英語、フランス語
民族
モルディブ人
宗教
イスラム教
気候
高温多湿の熱帯性気候で通年を通して26~33℃となる。季節は乾季と雨季で乾季が12月~4月、雨季が5月~9月となる。ベストシーズンは乾季だが、雨季でも1日中雨が降る日もあれば全く降らないときもある。また雨季は海中のプランクトンが増え魚影が濃くなる為、シュノーケリングやダイビングは雨季でも十分楽しめる。日差しは強いのでサングラスや日焼け止めは必ず持って行きたい。
通貨
モルディブ・ルフィア(Rf)、補助単位はラーリ。リゾートでは米ドルなども利用可能
フライト
日本からの直行便は現在ないが、スリランカ航空のコロンボ経由が一番フライト時間が短く約12時間。その他シンガポール経由のシンガポール航空やクアラルンプール経由のマレーシア航空、アブダビ経由のエティハド航空など様々なフライトがマーレまで飛んでいる。