Country

チリ

チリ CHILE

大自然と不思議がある細長い秘境の地

南米チリは、太平洋とアンデス山脈に挟まれた南北4300km、東西180kmの非常に細長い国です。そのため、北から南まで様々な自然環境や景観を楽しむことができます。まるで月面のような荒涼とした風景が広がる「アタカマ砂漠」、チリ領パタゴニアのハイライト「パイネ国立公園」、イースター島の「モアイ」。この3ヶ所は必見中の必見といえるでしょう。さらにプエルトトランキーロまで足を伸ばし奇跡の青の洞窟「マーブルカテドラル」を訪れてみるのもおすすめです。

Look Up 地図で探す

チリ CHILE

Reccomend SPOT チリで訪れたい!企画担当おすすめスポット

ATACAMA DESERT

地球にいるとは思えない絶景の数々 アタカマ砂漠

Reccomend
SPOT

01

アタカマ砂漠はチリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠です。チリ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンにかかる広大な砂漠で、世界で最も乾燥した砂漠として知られています。また標高2450mの砂漠の中心にあるチリ最古の町サンペドロアタカマや世界最高所にあるタケオ間欠泉、フラミンゴ保護区に指定されており、ビクーニャや野鳥が多く生息しているミスカンティ湖やミニケス湖も見どころです。

EASTER ISLAND

小さな島の謎多きモアイ イースター島

Reccomend
SPOT

02

南米チリから西へ3700km、絶海の孤島であり、かつ火山島で痩せた土地でこれといった資源もないイースター島が世界に知られるようになったのは約1000体の謎の巨石像モアイの存在です。大きいもので高さ9m、重さが90tにも達し、島の内側を向いて立っている様は世界に例がないほど神秘的です。モアイの製造工場跡で製造途中のモアイが残るラノ・ララク、15体 のモアイが一列に並ぶアフ・トンガリキなども必見です。

MARBLE CATHEDRAL

マーブル模様と水面の反射が生み出す
マーブルカテドラル

Reccomend
SPOT

03

プエルト・トランキーロは奇跡の洞窟マーブル・カテドラルの観光拠点です。マーブル・カテドラルは白い大理石が長い年月をかけて侵食されてできた奇石の集合体で、氷河の侵食でできた湖・ヘネラル・カレーラ湖の湖上にあります。石灰質の水と底が白い為、乳白色をした湖はまさにバスクリン色です。洞窟内は神秘的な雰囲気につつまれておりまさに「礼拝堂」です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge チリを知る

基本情報

首都
サンティアゴ
通貨
現地通貨はチリ・ペソ(Chilean Peso)
言語
スペイン語
宗教
ローマ・カトリック、そのほかプロテスタント、ユダヤ教
電源
C、O型
民族
スペイン系白人、メスティーソ、インディヘナ
時差
日本から時13間遅れ サマータイム時は12時間遅れ
気候
チリは変化に富んだ地形をもち、気候も場所により違いがあります。南部パタゴニア地方の観光シーズンは11~3月で、それ以外は強風が吹き、気温も氷点下になります。逆に北部のアタカマ砂漠方面は、あまり気候に変化はないものの6~9月頃が比較的過ごしやすいです。首都サンティアゴとその周辺においては、日本と同じ四季があります。