Country

マレーシア

マレーシア MALAYSIA

多民族国家の熱気あふれる、東南アジアの楽園

自然が豊かなマレーシア。ボルネオ島では自然のままのオランウータンの生息を観察したり、グヌンムル国立公園で洞窟を探検したりと、大人も子供も楽しめるプランが充実しています。また、グルメが楽しめるペナン島、ランカウイ島でのリゾート滞在、クアラルンプール近郊の世界遺産の街・マラッカ探訪など、都市によってバラエティに富んだ体験ができます。食の種類も豊富で、マレー系、中国系、インド系をはじめ屋台でも気軽に楽しむことができます。

Look Up 地図で探す

マレーシア MALAYSIA

Reccomend SPOT 企画担当が厳選!マレーシアで訪れたいおすすめスポット

MALACCA

異国情緒あふれる世界遺産の街 マラッカ

Reccomend
SPOT

01

マレー半島西海岸の港町マラッカは、古くからこの地で多民族・多文化が共存していたことを現代に伝える異国情緒あふれる街です。オランダやイギリスといった欧米列強に支配され、華僑やインド商人が多数居住しました。現在でもヨーロッパ人によって築かれた教会や城塞、古き良き中国を思い起こさせる中華風の街並みが残り、歴史都市として世界遺産に登録されています。

PENANG ISLAND

世界遺産ペナン島のジョージタウンが面白い!

Reccomend
SPOT

02

マレーシアの西海岸に浮かぶ島ペナン島。18世紀後半のイギリス統治時代、ヨーロッパと中国の貿易の中継地として栄えた歴史を持つ島です。その中心ジョージタウンには、イギリス時代のコロニアルな建物が残り、また中国やインドの文化も交わってエキゾチックな町並みとなりました。少し前からこの町にアートが流行りだし、今そのストリートアート巡りが密かにブームとなっています。

KUALA LUMPUR

多国籍シティ クアラルンプール

Reccomend
SPOT

03

アジアを代表する大都市のひとつであるクアラルンプールは楽しみ方も多種多様。ショッピング希望ならマーケットやブキッビンタン周辺の百貨店へ。旧市街散策希望ならムルデカスクエア周辺のコロニアルな建築物群へ。大衆的な熱を感じたいならチャイナタウンやアロー通りの屋台をおすすめします。様々な味が楽しめるマレーシア料理を堪能するのも楽しみのひとつです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge マレーシアを知る

基本情報

首都
クアラルンプール
通貨
通貨単位はマレーシア・リンギット(RM)。補助単位はマレーシア・セン(¢)
言語
マレー語、英語、中国語、タミール語
宗教
イスラム教、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教など
電源
BF型
民族
マレー系66%、中国系25%、インド系8%、そのほか1%
時差
日本から1時間遅れ
気候
赤道に近く、熱帯雨林気候に属しているため一年を通じて常夏の気候です。雨季でも1日中雨が降り続く事がなく、スコールと呼ばれるにわか雨が降ります。最多雨量期はマレー半島東海岸部が11月~2月末まで、西海岸部が4月~5月と10月、サパ、サラワク地方が11月~2月。年間降雨量は2000~2500mmと多く、月平均でも200mmの雨が降ります。

Other Southeast Asia その他東南アジアの他の国を探す