Country

バングラデシュ

バングラデシュ BANGLADESH

水上移動が盛んな水の国

たくさんの船の往来する船着き場のショドル・ガットの様子を見ていると水の国と呼ばれる理由も納得できます。インド亜大陸最大規模の仏教遺跡と言われているバハルプールや、15世紀のイスラム建築群の残るバゲルハットも是非訪れておきたいポイントです。

Look Up 地図で探す

バングラデシュ BANGLADESH

Reccomend SPOT バングラデシュで訪れたい!企画担当おすすめスポット

BAHARPUR

アンコールワットの原型の仏教遺跡がここに!バハルプール

Reccomend
SPOT

01

バハルプールはインド亜大陸で最大規模の仏教遺跡といわれ、世界遺産に指定されています。この地で仏教が栄えた時代は、インドからアンコールワットへ仏教が伝わる前の時代。いわばインド仏教終焉の地、そしてアンコールワットの原型、ミャンマーのパガンやインドネシアのボロブドール遺跡など東南アジアに広がっていったのです。

SUNDARBANS

世界最大のマングローブ天然林 シュンドルボン

Reccomend
SPOT

02

シュンドルボンは世界最大といわれるマングローブの天然林が存在する世界自然遺産です。バングラデシュ南部から西インドへもまたがり、そのうちバングラデシュ部分だけでも東京都の約3倍の面積というほど広大なのです。高温多湿なガンジス河のデルタ地帯でもあり、自然保護の観点から人は住めないエリアとなっています。ここでの観光はマングローブの森で縦横無尽にめぐらされた水路をクルーズ船で探検するのがおすすめ。

DHAKA

混沌と熱気に満ちた町 ダッカ

Reccomend
SPOT

03

バングラデシュの首都ダッカは大都会ですが、まだまだ発展著しい町ではありません。一昔前のアジアのような人と、それ以上の人力車であふれていて、混沌と熱気に満ちた町です。興味本位の視線やうっとうしいほどのお節介もバングラデシュ流の好奇心と親切だと考えて、人々とふれあってみたいものです。洪水のように町を流れる人力車に乗って、刺激的なこの町でプチ冒険を楽しんでみませんか?

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge バングラデシュを知る

基本情報

首都
ダッカ
通貨
通貨単位はタカTaka
言語
ベンガル語
宗教
イスラーム教、ヒンドゥー教、仏教、キリスト教
電源
B3、BF、B、C型
民族
ベンガル人98%、東部ミャンマー国境や北部インド国境沿いには少数民族が居住。
時差
日本から3時間遅れ
気候
亜熱帯気候ですが、季節の変化ははっきり見られます。3月から5月は雨季、6月から10月はモンスーン、11~3月は乾季になります。過ごしやすいのは10月〜3月までの乾期ですが、水の国バングラデシュを体感するためには6月〜9月の雨季に訪れるのも魅力的です。

India Nepal Bhutan インド・ネパール・ブータン他の他の国を探す