Country

ギリシャ

ギリシャ GREECE

古代の遺跡とエーゲ海沿いの美しい街を持つ国

ギリシャには、歴史的な見所がたくさんあります。古代ギリシアの栄華を物語るアテネのアクロポリス遺跡はギリシア古代遺跡のハイライトです。断崖絶壁に広がる白い街並みが印象的なサントリーニ島。迷路のような白い石畳が続く、エーゲ海の“白い宝石”とも呼ばれるミコノス島。ギリシア正教の聖地メテオラには、20~400に及ぶ奇岩の頂上に修道院が建ち、現在も敬虔な修道士たちが厳しい戒律を守りながら共同生活を営んでいます。

Look Up 地図で探す

ギリシャ GREECE

Reccomend SPOT ギリシャで訪れたい!おすすめスポット

SANTORINI

エーゲ海の一押しの島
ロマンチックなサントリーニ島

Reccomend
SPOT

01

サントリーニ島の見どころは、何と言っても壁にへばりつくように建つ真っ白な家々の美しい景色です。遠くから見ると、聳え立つ漆黒の断崖に降り積もった雪のようにも見えます。サントリーニ島はアーティストの島と言われるように多くの芸術家たちが住んでいます。その証拠にメインストリート沿いのお店をのぞいてみると、カワイイ雑貨、Tシャツや洋服がいっぱい!時間を忘れて町歩きが楽しめるのもサントリーニ島の魅力のひとつです。

ZAKYANTHOS

生きているうちに絶対見ておきたい!
青い海と白砂の美しいビーチに囲まれた ザキントス島

Reccomend
SPOT

02

ザキントス島は起伏に富んだ自然豊かな島で、美しい海岸線の白砂のビーチや断崖絶壁の豪快な景色を楽しむことができます。波に浸食されてできた海の洞窟がいたるところにあり、太陽の光と澄んだターコイズブルーの海が造りだす幻想的な世界は、訪れる人を魅了します。スタジオジブリの映画「紅の豚」のポルコの隠れ家のモデルとなったシップレックビーチは、ジブリファンのみならずとも必見の絶景です。

MYKONOS

石畳の小道と美しいビーチが魅力の
リゾート地 ミコノス島

Reccomend
SPOT

03

ミコノス島は、サントリーニ島のように丘の上に町があるわけでなく、海に面した港に面してカフェやレストラン、ホテルが点在しています。石畳の細い坂道を登っていくと、真っ白な教会がたくさんあって、海を見渡す丘の上には風車もあってムード満点。美しいビーチも多く、中にはヌーディストビーチまであるのでびっくりです。夏には欧米人観光客で溢れ、陽気で開放的で賑やかなリゾートライフが過ごせます。

ATHENS

歴史と神話の国
ギリシャの首都アテネ

Reccomend
SPOT

04

アテネはギリシャの首都で人口の約半分が集中している大都市ですが、少し歩くと古代の息吹が感じられます。パルテノン神殿が建つアクロポリス遺跡など古代遺跡の数々、そのギリシャ各地の出土品が収められている考古学博物館ではさらに深く理解を深められるでしょう。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ギリシャを知る

基本情報

首都
アテネ
言語
ギリシャ語。観光地では英語やフランス語、ドイツ語も通用します。
宗教
ギリシア正教
時差
日本との時差は-7時間 ※サマータイム時-6時間 (日本が正午のとき、ギリシャは5:00)
通貨・両替
通貨単位はユーロ(EURO)、補助単位はユーロセント(Euro Cent)です。現地の空港やホテル、両替所で日本円からユーロへの両替ができますが、日本国内でもユーロへの両替は簡単にできるので、あまり両替に対する心配はいりません。むしろ、日本国内の方がレートが良い場合も多いです。また、クレジットカードも多くの場所で使えます。
物価・チップ
物価はヨーロッパの中では安い方ですが、ホテル代や外食費、観光地の入場料は日本より高めです。とくに観光地のアテネやサントリーニ島の物価が高い傾向があります。遺跡や博物館では共通チケットを活用するとお得。一方、食料品は日本よりも安値で売られています。チップの習慣があり、レストランではサービス料込みでも5~10%程、ガイドさんへのチップは1日20ドルが目安です。
気候・ベストシーズン
晴天率が高く温暖な地中海性気候のギリシャですが、日本のように四季があります。ハイシーズンは6~8月の夏で、欧米をはじめ世界中から観光客が訪れます。夏のアテネは30度を超える日も多いですが、湿度が低いので蒸し暑さはありません。泳げる気候の時期は6~9月頃と長めです。12~3月の冬は雨が降りやすく、地域によって差がありますが、アテネの1月の平均気温は10度前後です。
服装・マナー
年間を通じて日本よりも少し暖かく、基本的に日本と同じ服装で対応できます。夏は日差しが強いので、帽子や日焼け止めが必須。冬は念のため雨具があると安心です。教会や修道院では肌の露出を避けた服装を心がけましょう。エーゲ海クルーズはカジュアルな雰囲気の船が多く、日中はラフな服装で問題ありませんが、船上でのパーティーやディナーではフォーマルなスタイルを意識しましょう。
治安
ヨーロッパの中では治安が良い方ですが、アテネをはじめ都市部ではスリやひったくりのトラブルが多いです。貴重品管理には十分注意し、パスポート紛失に備えてコピーを用意しておきましょう。親切に日本語で話しかけてくる人や、しつこい呼びこみには要注意。また、公共の場での喫煙は禁止されています。カフェなど喫煙スペースは比較的多いので、煙草を吸いたい時は場所を選びましょう。
病気
夏は気温が高く、日差しも強いので、熱中症や脱水症、日焼けへの対策が必要です。帽子や日焼け止めなどを用意しましょう。水道水は飲めますが、硬水なので体質に合わない可能性があります。ミネラルウォーターを購入して飲むことをおすすめします。
食事
ギリシャ料理はオリーブオイルやハーブがよく使われるのが特徴で、たっぷりの野菜や新鮮なシーフードが味わえて、口当たりが良く日本人の舌にも良く合います。ジャガイモやナスの薄切りにミートソースやチーズを乗せて焼いた「ムサカ」や、魚卵にオリーブオイルやレモン汁などで味付けした「タラモサラダ」、すりおろしたキュウリとヨーグルトを合わせた「ザジキ」と呼ばれるソースが有名です。
飲み物
ギリシャの飲み物はコーヒードリンクとアルコールが充実しています。コーヒーには一般的なドリップコーヒーのほかに、上澄みを飲むドロッとしたグリークコーヒーや、ひんやりしたフラッペがあります。アルコールでは歴史あるギリシャワインやワイン作りで出た搾りかすから作ったウゾ、ブランデーのメタクサが有名です。

Turkey Morocco Near and Middle East Mediterranean Sea トルコ・モロッコ・中近東・東地中海の他の国を探す