Country

ケニア

ケニア KENYA

サバンナで思い切りサファリが楽しめる国

ケニアといえば動物サファリ。初めてのケニアなら動物の種類も量も一番多いマサイマラ動物保護区は外せません。サバンナを見下ろせる丘の上の5つ星ロッジのムパタクラブは優雅にサファリが楽しめるお薦めロッジです。キリマンジャロに憧れる人ならアンボセリ国立公園を目指してみるといいと思います。

Look Up 地図で探す

ケニア KENYA

Reccomend SPOT ケニアで訪れたい!おすすめスポット

ZANBURU ANIMAL SANCTUARY

希少動物の宝庫 
サンブール動物保護区

Reccomend
SPOT

01

キリンには3種類あって、マサイマラ動物保護区にいるマサイキリン、もともとウガンダにいた絶滅の危機に瀕しているロスチャイルドキリン、そしてここサンブールにしかいない網の目状の柄がくっきりと美しいアミメキリンがいます。またサンブールにしかいないグレービーシマウマも、白黒の縞模様がはっきりしていて特徴的です。サンブールの魅力はこうした希少動物の存在に他ならないのです。

MASAI MARA ANIMAL SANCTUARY

ケニアに行くなら外せない!
マサイマラ動物保護区(国立保護区)

Reccomend
SPOT

02

ライオンやチーターなど、サファリで出会ってみたい猛獣系の動物たち。マサイマラ動物保護区は、ライオンやチーターのほかにもビッグ5と呼ばれる大物を見ることができる確率が最も高い保護区なのです。動物を知り尽くしたベテラン専属ドライバーが、毎回違うポイントへ案内してくれるので大物と言われるビッグファイブとの遭遇率も高いのです。

MOUNT KENYA NATIONAL PARK

赤道直下の世界遺産
ケニア山国立公園

Reccomend
SPOT

03

ケニア山(5,199m)を中心とした標高3,200m以上の地域が指定されているケニア中部の国立公園。双耳峰の主峰バチアンの他、幾つもの切り立った岩峰と豊かな氷河と広大な裾野という風景は素晴らしく、一見の価値はあります。ケニア山はキリマンジャロ、ルウェンゾリと並ぶアフリカを代表する5,000mを超える高山です。南西の保護区外にマウンテンロッジがあり、「居ながらサファリ」が楽しめます。

AMBOSELI NATIONAL PARK

キリマンジャロの絶景広がる
アンボセリ国立公園

Reccomend
SPOT

04

雪を抱く壮麗なキリマンジャロ。アーネスト・ヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」で有名な、標高5895mのその美しい山並みを背景にして、サバンナには象の群れをはじめ多くの野生動物がいる・・そんなワイドでパノラミックな風景の中でのサファリを楽しめるのが、ここアンボセリ国立公園なのです。

LAKE NAKURU NATIONAL PARK

フラミンゴだけじゃない!ナクル湖国立公園

Reccomend
SPOT

05

フラミンゴの姿が少なくなったナクル湖国立公園ですが、希少価値の高いシロサイやロスチャイルドキリンが見られるので必見です。他にも多くの動物がいて、運がよければライオンやサイやヒョウが見られることも。また人気のテントロッジ「フラミンゴヒル・テンテッドキャンプ」に滞在すれば、野生動物の声を聴きながら眠ることができるというユニークな体験もできます。

LAKE NAIVASHA

ボートサファリが楽しめる!ナイバシャ湖

Reccomend
SPOT

06

ナイロビの北88kmに位置するナイバシャ湖は、ナイロビから車で約1時間半と手軽に行けるサファリスポットです。ケニアでも数少ないボートサファリが楽しめ、水面下にいるカバやさまざまな水鳥など、水辺の動物たちの観察も楽しみです。湖の中のクレセント島に上陸すれば、キリン、シマウマなどを見ながらのウォーキングサファリも楽しめます。

SWEETWATER GAME RESERVE

多彩な楽しみがあるスィートウォーター動物保護区

Reccomend
SPOT

07

スイートウォーター動物保護区では、チンパンジーの森やサイの保護区の見学ができます。チンパンジーの森では、散策順路に沿ってトレイルを歩くと、森に棲む野生のチンパンジーたちを近くで観察できます。またサイの保護区では、人に慣れたサイに餌付けをしたり、角に触ったりして一緒に記念写真も撮れるのもドキドキするひとときとなるでしょう。

ABERDARES NATIONAL PARK

いながらにして楽しめるアバーディア国立公園

Reccomend
SPOT

08

ケニアのサファリは、サファリカーに乗ってサファリドライブをしたり、ボートに乗ってクルーズサファリをしたり、また熱気球に乗ってのサファリなどもあります。それに対し、自分はいながらにして動物を観察するのが樹上サファリです。まるで木の上にいるような設計のナチュラルなサファリロッジがある、アバーディア動物保護区。ここではサファリドライブはせず、アニマルウォッチングを体験できます。

LOISABA GAME RESERVE

大自然と一体化!ロイサバ動物保護区

Reccomend
SPOT

09

自然や野生動物を保護するエコツーリズムのロイサバ。ロイサバのスターベッド滞在は、まさに超ナチュラルなアドベンチャーです。ここで過ごした一夜は、ちょっとした「サバイバル体験」として、生涯忘れられない思い出に残るはず。なにしろツリーロッジの屋外に壁も天井もない蚊帳だけのベッドが置かれ、星降る夜空の下で眠り、サバンナの夜明けの風景を独り占めの気分に浸れるのです。

REWA GAME RESERVE

希少動物の宝庫 レワ動物保護区

Reccomend
SPOT

10

ケニアでサイの数が最も多いレワ動物保護区。シロサイとクロサイが両方見られ、合わせるとなんと132頭もいるという貴重な保護区なのです。他にもシマウマは通常の「コモン」とクッキリと細い縞で耳がミッキーマウスのように丸い「グレービー」の両方がいます。象の群れも多く、オープンサファリカーに恐れず近づいてくるので迫力満点です!

MOMBASA

ケニア最大の港湾都市モンバサ

Reccomend
SPOT

11

首都ナイロビから480km離れたこの町には、かつては15時間かけて夜行列車で行くか、治安面で問題のある高速バス(約9時間)で行くしかありませんでした。それが2017年中国の援助でケニア版の新幹線ともいうべきマダラカ・エキスプレスが登場(所要時間4時間半)! 国立公園を横断するのでゾウやバッファローなどの動物を車窓から見られることも。発展するケニアの現実を知るためにもこの列車旅はおすすめです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ケニアを知る

基本情報

首都
ナイロビ
通貨
ケニア・シリング(Ksh)
言語
スワヒリ語、英語
宗教
伝統宗教、キリスト教、イスラム教
電源
BF型
民族
キクユ人、ルヒヤ人、カレンジン人、ルオ人等
時差
日本から6時間遅れ
気候
『冬のない軽井沢』という表現があてはまるほど快適な気候です。大雨季は3月末~6月、少雨季は10~12月。乾季の日中は日差しも強く暑くなりますが、夜は涼しくなります。日中は直射日光が強く暑いです。朝夕は涼しいです。サファリ・ツアー中は、砂ぼこりを防ぐための帽子、マスクは必需品です。また、動物を刺激するような派手な色のシャツは避けたほうが無難でしょう。