Country

パプアニューギニア

パプアニューギニア PAPUA NEW GUINEA

日本から最短距離にある
本物の秘境

人と自然がともに生きる「地球最後の楽園」といわれるパプアニューギニア。世界で2番目に大きなニューギニア島をはじめ600の島からなる国です。ここでは3万年前から人類が生活していたといわれ、現在も500以上の少数部族があり、各部族が伝統・文化を守って生活しています。第二次世界大戦時の負の遺産であるラバウルなどの戦跡めぐりも重要なポイントです。またダイビングのメッカでもあるので、水中に住む貴重な海洋生物観察もおすすめです。

Look Up 地図で探す

パプアニューギニア PAPUA NEW GUINEA

Reccomend SPOT パプアニューギニアで訪れたいおすすめスポット

GOROKA

村の戦士と冒険の旅へ ゴロカ

Reccomend
SPOT

01

標高1600mのゴロカは涼しく爽やかで年中過ごしやすい気候で、マッドマン訪問ツアーやトレッキングツアーなどのアクティビティの拠点になる町です。数あるアトラクションの中でもお勧めはグルポカ山のハイキングで、村の戦士と共に頂上へ向かいます。その間、村で人々がどのように作物を育てるかなど説明してくれ、洞窟を通ったり、昔に捕えた敵を食べた後、骨を入れた洞穴を見せてくれたりと気分は探検隊!!山の頂上には素晴らしい景色を見渡すことができるポイントがありとても気持ちがいいです。ハイキングの後は村の踊り「シンシン」を見せてもらいましょう。ゴロカには日本語ガイドも在住なので安心ですね。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge パプアニューギニアを知る

基本情報

首都
ポートモレスビー
言語
英語、ピジン語、モツ語など800もの言語があります。
宗教
キリスト教
時差
日本との時差は+1時間 (日本が正午のとき、パプアニューギニアは13:00)
通貨・両替
通貨単位キナ、補助通貨単位はトエヤです。現地で両替する場合は、空港の銀行両替所を利用しましょう。必ずしも日本円から換金できるとは限らないため、あらかじめ米ドルやユーロに替えておく方が安心です。
物価・チップ
物価について、物によりますが日本と比べるとやや高いです。地元で採れる野菜や果物は日本とあまり変わりませんが輸入品は高く、レタス1玉45キナ(約1,400円)、レストランでの食事は20~40キナ(約630~1,300円)です。また、チップの習慣はありませんが、ガイドさんを頼むような場合には心づけとして10%ほど渡すと良いでしょう。
気候・ベストシーズン
熱帯雨林気候に属するため、年間を通して23~31℃と気温が高いですが、日本の夏ほど蒸し暑くはありません。雨が多く降る11~4月の雨季と、5~10月の乾季に分かれますが、地域によって気温は異なります。雨が少なく乾燥した5~10月が旅行のベストシーズンといえるでしょう。
服装・マナー
1年を通して夏服で問題ありません。ただ昼と夜の気温差が激しいので、カーディガンなどの羽織るものは1年を通して必須です。また高地では朝晩冷え込むことがあるので、セーターやパーカーなどの厚手の服を持っていくと安心です。
治安
パプアニューギニアの人々は人懐っこく優しい性格ですが、一般的に都市部での治安は悪いのが現状です。特に観光客は狙われやすいので、手荷物は肌身離さず持つ、レストランでは荷物を置いて場所取りをしない、など十分な注意が必要です。
病気
マラリアなどの感染症にかかる恐れがありますので肌の露出は控えましょう。また温度差、時差による体調不良や胃腸炎には注意が必要です。慣れない環境や食の違いにお腹を壊す事もあるので、整腸剤を持っていく方がいいでしょう。
食事
パプアニューギニアの主食はイモ類で、タロイモ、ヤムイモ、カウカウ(日本のサツマイモに似た甘いイモ)など種類も豊富です。地面に掘った穴に、バナナの葉に包んだイモ、肉、魚を入れて焼石で蒸し焼きにする「ムームー」という伝統料理が有名です。またレストランでは西洋料理をはじめ、中華料理や日本料理も楽しめます。
飲み物
水道水は飲用可能ですが、念のためミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。パプアニューギニアには様々な飲み物があります。ビールにおいては、パプアニューギニア人からの支持率1位の「SP」、淡白で日本人好みの味わいの「SOUTH PACIFIC EXPORT」、芳醇な味わいでアルコール度数がやや高い「NIUGINI ICE」の三種類が有名です。

Oceania South Pacific Indian Ocean オセアニア・南太平洋・インド洋の他の国を探す