Country

パプアニューギニア

パプアニューギニア PAPUA NEW GUINEA

日本から最短距離にある
本物の秘境

人と自然がともに生きる「地球最後の楽園」といわれるパプアニューギニア。世界で2番目に大きなニューギニア島をはじめ600の島からなる国です。ここでは3万年前から人類が生活していたといわれ、現在も500以上の少数部族があり、各部族が伝統・文化を守って生活しています。第二次世界大戦時の負の遺産であるラバウルなどの戦跡めぐりも重要なポイントです。またダイビングのメッカでもあるので、水中に住む貴重な海洋生物観察もおすすめです。

Look Up 地図で探す

パプアニューギニア PAPUA NEW GUINEA

Reccomend SPOT パプアニューギニアで訪れたいおすすめスポット

GOROKA

村の戦士と冒険の旅へ ゴロカ

Reccomend
SPOT

01

標高1600mのゴロカは涼しく爽やかで年中過ごしやすい気候で、マッドマン訪問ツアーやトレッキングツアーなどのアクティビティの拠点になる町です。数あるアトラクションの中でもお勧めはグルポカ山のハイキングで、村の戦士と共に頂上へ向かいます。その間、村で人々がどのように作物を育てるかなど説明してくれ、洞窟を通ったり、昔に捕えた敵を食べた後、骨を入れた洞穴を見せてくれたりと気分は探検隊!!山の頂上には素晴らしい景色を見渡すことができるポイントがありとても気持ちがいいです。ハイキングの後は村の踊り「シンシン」を見せてもらいましょう。ゴロカには日本語ガイドも在住なので安心ですね。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge パプアニューギニアを知る

基本情報

首都
ポートモレスビー
通貨
キナ(K)。補助通貨にトヤ
言語
英語、ピジン語、モツ語など800もの言語がある
宗教
キリスト教
電源
O型
民族
パプア人をはじめ500以上の部族
時差
日本より1時間早い
気候
パプアニューギニアの気候は熱帯モンスーン気候で11月から4月の雨季と5月から10月の乾季に分かれます。年間の平均気温は沿岸部では日中34℃で朝晩は24℃、高地では日中28℃で朝晩は14℃となります。年間を通じてあまり蒸し暑さを感じることはなく、夜は気温が下がりますので快適に過すことができます。