Country

トルコ

トルコ TURKEY

アジアとヨーロッパをつなぐ
東西文化の接点

アジアとヨーロッパをつなぐ町、東西文明の接点となるイスタンブールはオスマン朝時代のエキゾチックなモスクやグランドバザールなど街歩きが楽しく、トルコ絨毯やおしゃれなランプなど素敵な雑貨であふれています。カッパドキアではバルーンに乗って上空から奇岩の数々を眺めてみたいものです。

Look Up 地図で探す

トルコ TURKEY

Reccomend SPOT トルコで訪れたい!企画担当おすすめスポット

ISTANBUL

旧市街に見どころいっぱい!
町歩きが楽しいイスタンブール

Reccomend
SPOT

01

治安もよくて、人々も親切なイスタンブールの町。ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパとアジアの接点をなす異国情緒溢れる町並みが魅力的。旧市街をそぞろ歩き、ブルーモスクやアヤソフィア、トプカプ宮殿などの見どころを回ったら、グランドバザールでショッピング。1日中見ていても飽きないほどの品揃えと活気に驚くはず。これらの旧市街の見どころは全て徒歩圏内なので自分の足で町歩きが楽しめます。

PAMUKKALE

不思議な自然の景観
温泉情緒に浸れるパムッカレ

Reccomend
SPOT

02

イスタンブールの南300kmに位置するパムッカレ。「綿の城」を意味するといいますが、それは見た目で、実際は石灰岩でできているので堅くて巨大な歯を思わせるもの。その石灰岩がライステラスのように棚田状になり、そこに水が張っているので、不思議な自然の景観が見られるのです。温泉プールやスパ施設が整っているホテルに泊まれば、存分に温泉気分に浸れます。

CAPPADOCIA

大自然が作り出した
奇跡の絶景スポット カッパドキア

Reccomend
SPOT

03

カッパドキアといえばやはり大自然が生み出した奇岩の景色を見ておきたいところ。天気が良ければバルーンツアーに参加して奇岩を空から眺めるというオプショナルツアーもおすすめです。奇岩の風景以外にも様々な見どころがあり、フレスコ画の鮮やかな色が今なお残るギョレメ屋外博物館や、ギョレメの村の雄大な奇群を見渡せるギョレメ・パノラマなど、美しい絶景と人間が作り上げた生活の風景の両方を楽しむことができます。

EPHESUS

古代ローマ時代の都市遺跡
エフェソス

Reccomend
SPOT

04

古代ギリシャ文明の遺跡で最大といわれたアルテミス神殿があったのがエフェソス遺跡です。アルテミス神殿は世界7不思議にも数えられているほど有名です。古代ギリシャ人によって建築されたエフェソスは、アルテミス神殿をはじめ、多くの建築物が立ち並んだ都市国家として繁栄しました。神殿跡は残念ながら柱が1本しか残されていませんが、古代ギリシャの3大図書館に数えられた壮麗なセルスス図書館や、当時から水洗トイレがあった驚くべき公衆トイレなど、興味深い遺跡が残されていて必見です。

SAFRANBOLU

世界文化遺産都市
サフランボル

Reccomend
SPOT

05

黒海に近いサフランボルは1994年、独特の木造家屋の町並みが世界文化遺産に登録されました。歩いて回れるほどの小さな石畳の町並みは、城下町のようなどこか懐かしい、日本人をホッとさせる雰囲気につつまれています。「サフランボル」の地名はこの地にサフランの花が群生していたことから付けられたというだけのことはあり、サフランの花を使ったお菓子や石けん、化粧品など町のあちこちで売られていて、お土産物屋さんを見て回るのも楽しいですね。

BODRUM

エーゲ海に面した華やかなリゾート地
ボドルム

Reccomend
SPOT

06

ボドルムは美しいエーゲ海に面した白い町並みが広がるリゾート地です。真っ白の家並みと穏やかなトルコブルーの海の対比は息を呑むすばらしさです。岬の丘の上に聳える十字軍の要塞ボドルム城を見学したら、港を散策するのがお薦めです。採れたての新鮮な魚介類を食べさせてくれるシーフードレストランのパラソルがずらりと並んでいます。クルーザーをチャーターしてエーゲ海に繰り出してスノーケリングを楽しんだり、釣りをしたりも一興です。

MOUNT NEMRUT

東トルコを代表する神秘の山
ネムルート山

Reccomend
SPOT

07

ネムルート山(ネムルート・ダーウ)は標高2150m。山頂に世界遺産の巨大な神像が放置されたままになっていて、地震のため神像の首が転がり落ちて、まるで地面から生えてきたように、独特の不思議な風景を作り出しています。山頂付近は、岩のかけらが積み重なって円錐状になり、まるでピラミッドが乗っかっているよう。日の出に包まれた姿はより一層神秘的です。

ANTALYA

トルコきっての地中海のリゾート
アンタルヤ

Reccomend
SPOT

08

トルコ南部、地中海沿岸に位置するアンタルヤは、トルコきってのリゾート地として知られています。紺碧の海を彩る白砂ビーチに立ち並ぶリゾートホテル、ヨットやクルーザーが並ぶハーバーなど、華やかな風景を見せてくれます。旧市街カレイチは、赤レンガ屋根の情緒溢れる町並みがすばらしく、そぞろ歩きが楽しみです。町のランドマークとなっているイヴリ・ミナーレは独特の美しい形の塔で、道案内の役割も果たしてくれます。

KASH

地中海に面した港町
カシュ

Reccomend
SPOT

09

素朴で静か、そしてどこか居心地のいいこじんまりしたリゾート地、それがカシュです。エーゲ海のリゾートのボドルムのように、観光客がいっぱいの賑やかなリゾートも楽しいけれど、まだあまり日本人には知られていない魅力的な穴場的存在のカシュは、海に面して新鮮なシーフードを食べさせてくれるレストランや可愛いリゾートウエアやお土産物屋が軒を連ねていて、散策にショッピング、食べ歩きも充実しています。

BURSA

オスマン帝国始まりの美しい温泉町
ブルサ

Reccomend
SPOT

10

オスマン朝最初の首都であり、温泉地としても有名なブルサ。緑豊かな丘にある小さな町ながら、美しい青緑のタイルを使ったイェシル・ジャーミーや、イスラーム書道が見事なウル・ジャーミー、緑のモスクなど、徒歩圏内に素晴らしい建築物が並んでいます。また、ブルサ近郊には、オスマン朝時代からの古式ゆかしい家並が残るジュマルクズクがあり、世界遺産に指定されています。

EDIRNE

イスラム建築の最高傑作を誇る町
エディルネ

Reccomend
SPOT

11

エディルネの見どころは、何と言ってもトルコが誇る建築家ミマール・スィナンが設計したセリミエ・ジャーミー。イスタンブールのアヤソフィアよりわずかに大きなドームを有しており、世界遺産にも登録されています。他にも、ねじれミナレットのあるユチュ・シェレフェリ・ジャーミーや大きなバザールもあります。車を使っていくも良いですが、日に何本もでている定期バスを利用して、現地の人の生活を体験するのもおすすめです。

VAN LAKE

不思議な猫のいる場所 ワン湖

Reccomend
SPOT

12

ワン湖はユニークなワン猫に会える観光地です。片目が透明なブルー、そして片目が透明な黄色。からだは真っ白の愛らしい猫、それがワン猫です。この猫を見にわざわざトルコ東部のワン湖の畔まで旅する観光客がたくさんいるほどです。湖にはほかにも見どころがあり、ワン湖に浮かぶアルメニア教会は、まるでアルメニアに来たかと錯覚しそうなほど美しく、外壁には旧約聖書に出てくるさまざまな逸話のレリーフを見ることができます。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge トルコを知る

基本情報

首都
アンカラ
言語
トルコ語。主要な観光地であれば英語が通じることもあります。
宗教
イスラム教
時差
日本との時差は-6時間 (日本が正午のとき、トルコは6:00)
通貨・両替
通貨単位はトルコリラ(TL、テュルク・リラスTurk Lirasi)、補助単位はクルシュ(Kr、Kurus)。1TL=100Kr。観光地や大都市では空港や両替所、ホテルで日本円から直接トルコリラに両替できます。地方都市では米ドルかユーロからの両替が一般的です。
物価・チップ
トルコの物価は全体的には日本より少し安いです。ただし物価は上昇傾向にあり、特にイスタンブールなどの観光地では、日本と同じくらいの場合もあります。500mlのミネラルウォーターは1~2TL(15~30円)前後、町中で買えるケバブは10TL(約150円)~、カジュアルなレストランのランチは30TL(約450円)~、ガイドさんへのチップは1日20ドルが目安です。
気候・ベストシーズン
トルコの国土は東西に長い形であるため、地域によって気候が異なります。四季があり、夏の6~9月は乾季でベストシーズンです。一方、冬の11~3月が雨季となります。南部の地中海沿岸は冬でも比較的温暖で、夏は暑いですが日本と違って乾燥します。東部の黒海沿岸は穏やかな気温で雨や湿気が多いです。内陸部は寒暖の差が激しく、東部の高原地帯では冬に積雪もあります。
服装・マナー
訪れる地域や季節によって気候が異なるため、それに合わせた服装の用意が必要です。イスタンブールは同時期の東京と同じような服装で過ごせます。イスラム教国ですが、比較的自由度が高く、トルコ人女性でもスカーフを被らない人もいます。ただし、モスクではスカーフの着用がマナーです。服装もイスラム教国にしては自由ですが、女性は肌の露出を避けることをおすすめします。
治安
トルコの治安は比較的よく、親日国でもあるため、日本人が旅行しやすい国のひとつです。ただし、スリや置き引き、タクシーでのぼったくり、また、親しげに話しかけられて、一緒に飲みに行ったら高額の請求をされるという被害も出ているようです。とくに相手から日本語で話しかけてきた場合には注意しましょう。
病気
水道水は飲用には適していないため、ミネラルウォーターを購入して飲みましょう。とくに夏は食中毒の恐れもあるため、生ものは避けて、よく火が通ったものを食べましょう。寒暖の差が激しい内陸部では重ね着で調節できる服、夏場は日焼け止めや熱中症対策と、地域や季節に応じた対策を行い、体調管理に気をつけましょう。また、乾燥しやすいため保湿クリームの持参をおすすめします。
食事
アジアとヨーロッパの食文化が融合したトルコ料理は、世界三大料理のひとつに数えられるだけあって美味しいグルメが揃っています。宗教上豚肉はNGですが、羊や鶏、牛を使った肉料理がメインです。肉を焼いたケバブや、トルコ風ピザのピデが人気です。また、海に囲まれているためシーフードも豊富です。イワシやムール貝を使った料理のほか、イスタンブール名物のサバサンドもあります。
飲み物
ポピュラーな飲み物はチャイで、塩を加えた飲むヨーグルトのアイランもトルコ料理によく合います。上澄みだけを飲むトルココーヒーでは、コーヒー占いもできます。イスラム教国ですがお酒も飲めて、水で割ると白く濁る蒸留酒のラクや、エフェスをはじめとしたビール、ワインも楽しめます。トルコ名物の伸びるアイスは、店員さんのパフォーマンスも含めて体験してみたいものです。

Turkey Morocco Near and Middle East Mediterranean Sea トルコ・モロッコ・中近東・東地中海の他の国を探す