この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

スカンジナビア半島の内側でバルト海の一番奥に位置するのがフィンランドです。国土の80%が森林と18万を超える湖沼や島など自然豊かな国です。しかし、ゲートウェイのヘルシンキは近代的な街並みでデザイン性豊かな建物も多く、散歩してみるだけで街並みの美しさにワクワクします。また童話ムーミンの世界や、何といっても世界中の人たちに愛されているサンタクロースの故郷であることも有名ですね。観光はロバニエミをはじめとする北極圏でのオーロラ鑑賞やサンタクロース村訪問。夏の時期には森や湖を見ながらのハイキングなど、大自然と童話の世界を体感・体験できる多くのツアーがあります。それぞれに個性のある島巡りも楽しいもの。おしゃれなデザインの小物などのショッピングも楽しみです。そして名物フィンランド式サウナに入ることもお忘れなく!

フィンランド基本情報

首都
ヘルシンキ
面積
33.8万平方キロメートル
人口
540万人
言語
フィンランド語、スウェーデン語、サーメ語、英語
民族
フィンランド人、スウェーデン人、サーメ人
宗教
キリスト教(プロテスタント)
気候
北緯60度から70度に渡り南北に細長く、国土の3分の1が北極圏(ラップランド)に位置しています。他の北欧と同じようにノルウェー沿岸を流れるメキシコ湾流のおかげで、緯度の割には穏やかな気候です。四季も比較的はっきりとしています。フィンランドの夏は終わりはありますが、夏の1日の終わりがありません。太陽が沈まない白夜があるからです。秋に近づくと森の色が劇的に変化し、ハイキングが気持ちの良い紅葉の季節です。ヘルシンキではあまり雪は降りませんが、北部と東部では雪が多く長い冬が続きます。また、北極圏では1ヶ月以上太陽が昇らない極夜になる地域もあります。春は約1ヵ月半と短く、それを祝う熱狂的な祭りが行われる時期が5月1日です。
通貨
通貨単位はユーロ
日本円からユーロの両替は銀行、空港、両替所、ホテルで可能。(日本からユーロを持参するのがおすすめ)
フライト
日本から首都ヘルシンキまで直行便が就航しており、で約10時間30分で、日本より一番近いヨーロッパなのです。現在成田及び関空より直行便が就航しています。そのほか、経由便であれば、ヨーロッパ系、アジア系の様々な航空会社を利用し、ヘルシンキへ入ることが可能です。