この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

ジンバブエと言えば世界三大瀑布のひとつであるビクトリア滝が有名です。ビクトリア滝はジンバブエとザンビア国境にありますが、渇水期でも豪快に流れるメイン・フォールズを正面から眺めることができるのはジンバブエ側です。雨季には体をずぶ濡れにしながら、6つのパートに分けられた各ビューポイントでじっくり時間をかけて見るのがおすすめです。そして、ジンバブエでサファリをするなら、ジンバブエ最大の国立公園・ワンゲ国立公園です。100種を超える動物と約400種の鳥が生息していることから「野生動物のワンダーランド」と呼ばれています。ここでの売りは動物を間近で見られるオープンサファリカーでのサファリでアフリカのワイルドライフを存分に満喫できるでしょう。また、ワンゲ国立公園の境にある私営動物保護区には、冒険ファンタジー小説に出てくるような木の上に造られたユニークなロッジもあり人気を集めています。

地図からツアーを探す

おすすめポイントからツアーを探す

この国のツアー一覧を見る

ジンバブエ基本情報

首都
ハラレ
面積
約39万平方キロメートル(日本とほぼ同じ)
人口
約1400万人
言語
公用語は英語。ほかにショナ語、ンデベレ語など
民族
ショナ族75%、ンデベレ族20%、ヨーロッパ系白人1%、そのほかアジア系など4%
宗教
部族固有の宗教を信仰する人々が全体の24%、キリスト教徒25%、それら両方を信仰する人々50%、そのほか1%
気候
熱帯性気候だが、高地のため若干温暖で湿度も低め。5~8月の冬季は乾季のため雨も少なく平均気温が15~20℃としのぎやすく観光のベストシーズンとなる。11~3月の夏季に雨季が訪れるが、東部の高地以外では雨量はそれほど多くない。夏の平均気温は25~30℃で最も暑いのは雨季が始まる直前の10月。
通貨
米ドルと南アフリカのランド。
ジンバブエ・ドルは、激しいインフレによってほとんどその価値を失い、2009年4月12日をもって発行が停止され徐々に流通しなくなっている。
フライト
日本からの直行便はないので周辺国を経由してジンバブエに入国する。南アフリカのヨハネスブルグを経由するのが一般的。ヨハネスブルグからジンバブエの首都・ハラレまで所要約1時間50分、ビクトリア・フォールズまで所要約1時間45分。