Country

タンザニア

タンザニア TANZANIA

大自然と動物、原住民族との交流が魅力の国

大自然と野生動物の宝庫、タンザニア。ヌーの大群で有名なセレンゲティ国立公園。巨大なクレーターのンゴロンゴロの動物保護区といった2つの自然遺産があり、ダイナミックなサファリが楽しめます。狩猟民族ブッシュマンや遊牧民族であるマサイ族の人々。彼らに出会い、一緒に日常生活を体験してみるというカルチャー交流のプランもあります。

Look Up 地図で探す

タンザニア TANZANIA

Reccomend SPOT タンザニアで訪れたい!おすすめスポット

NGORONGORO ANIMAL SANCTUARY

感動的なサファリを!世界自然遺産
ンゴロンゴロ動物保護区

Reccomend
SPOT

01

直径20km、広さ250平方キロメートルのクレーターは世界最大級のカルデラ(火口原)で、野生動物の存在するカルデラは世界でも珍しい存在として、世界自然遺産に指定されています。カルデラにはサバンナや森林、湖や沼まであって、動植物や野鳥、昆虫などの宝庫です。ライオン、チーター、ハイエナ、カバ、ゾウ、ヌー、バッファロー、シマウマなど大型の野生動物が約2万頭いるとされ、野生動物の聖域とも呼ばれています。

SERENGETI NATIONAL PARK

果てしなく広がる大草原が魅力
セレンゲティ国立公園

Reccomend
SPOT

02

セレンゲティ国立公園は、マサイ語で「果てしない平原」という意味です。その名のとおり、果てしなく広がる大草原が魅力の国立公園です。野生動物の宝庫で、ライオン、チーター、ハイエナ、ジャッカルなどの肉食獣から、ヌー、シマウマ、キリン、グランドガゼル、ハーテビースト、イボイノシシまで、数多く見ることができます。広いサバンナと数多い動物たちは、まさにアフリカを代表する風景だといえるでしょう。

ZANZIBAR

異国情緒漂うスパイスアイランド
ザンジバル

Reccomend
SPOT

03

タンザニアの沖合いに浮かぶザンジバル島。珊瑚礁の美しい海に浮かぶ、のどかな漁村のある緑豊かな島です。昔の奴隷市場の名残があったり、バザールではたくさんの香り高いスパイスが売られていたり、歴史あるエキゾチックな町並みのストーンタウンは世界遺産にも指定され情緒満点です。東海岸や北部ヌングイビーチは美しく、エメラルドグリーンの海と白砂ビーチに彩られています。

TARANGILE NATIONAL PARK

野生動物の桃源郷 タランギレ国立公園

Reccomend
SPOT

04

大草原のあちこちにバオバブが生え、アフリカゾウの密度が高いことでも知られるタランギレ国立公園。広々としたサバンナの風景の中に、象の群れをはじめキリン、バッファローにシマウマ、ヌーといった草食動物が群れをなして悠々と暮らします。草原や丘陵地帯、そしてタランギレ川が流れ、変化に富んだ地形の中でのサファリが楽しめます。

KATAVI NATIONAL PARK

カタヴィ国立公園

Reccomend
SPOT

05

「絶景」「秘境」「大自然」「サファリ」これら4つのキーワードがすべてピタっと当てはまるのがタンザニア南部のカタヴィ国立公園です。ケニアの人気サファリスポット、マサイマラ動物保護区のなんと2.5倍の広さながら、ロッジの数はわずか4軒。しかも各ロッジとも、5~6部屋しか収容人員がありません。そんなロケーションながら、大自然とサファリは天下一品。サファリ上級者でさえ、満足することでしょう。

LAKE MANYARA

湖畔のサファリが楽しいマニャラ湖

Reccomend
SPOT

06

マニャラ湖国立公園は、湖の畔を走って水辺の動物や鳥を観察したり、森林の中を走ったり、雄大な草原を走ったりする、変化に富んだサファリが楽しめる国立公園。さまざまな地形が多くの種類の動物の生活環境を生み出し、にキリンにカバ、サバンナモンキー、湖の畔ではペリカンやフラミンゴの群れなど、たくさんの動物や鳥類に出会えるサファリが楽しめるのです。

ARUSHA NATIONAL PARK

緑豊かなアルーシャ国立公園

Reccomend
SPOT

07

アルーシャ国立公園は、ンゴロンゴロ動物保護区やセレンゲティ国立公園などに比べると規模や知名度は低いものの、草木が生い茂る森林地帯、点在する小さな湖、乾燥したサバンナなど、変化に富んだ地形の中で多種多様な動物たちがのびのびと暮らす魅力あふれるスポットです。またタンザニアで2番目に高いメルー山がそびえ立ち、雄大な景観を作り上げています。

KILIMANJARO

チャガ族の村でユニーク体験!
キリマンジャロ山麓

Reccomend
SPOT

08

タンザニアと言うとサファリのイメージが強いですが、実はサファリ以外にも魅力的なスポットは多くあります。そのひとつがキリマンジャロ山麓にあるムスミ村。自然に囲まれたこの村ではバナナやコーヒーの栽培が盛んで、言い伝えを守りながら昔ながらの方法で生計を立てているのです。彼らの習慣や様々な言い伝えを聞くアクティビティはアフリカ文化を体験できる絶好の機会です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge タンザニアを知る

基本情報

首都
ダル・エス・サラーム
言語
スワヒリ語、英語
宗教
イスラム教、キリスト教、伝統宗教
時差
日本との時差は-6時間 (日本が正午のとき、タンザニアは6:00)
通貨・両替
通貨単位はタンザニア・シリング。海外旅行客が訪問するようなホテルや土産物屋では米ドルが利用可能です。ただし地元のスーパーや売店などのお買い物の際、タンザニアシリングは必須になります。日本からは米ドルの小額紙幣を用意することをお勧めします。
物価・チップ
日本と比べて物価は安く、水1.5Lは約90円、缶ビール1本約100円、レストランの食事は地元の安いレストランで約250円、中級で約600円が目安です。タンザニアにはチップの習慣があり、空港やホテルのポーターには1USドル、ホテルの部屋では一人1USドル、日本語ガイドには1日20~25USドル、英語ドライバーガイドには1日15~20USドルが目安です。
気候・ベストシーズン
内陸部の平均高度は1200mの高原地帯で平均気温は20℃前後、1日の気温差が激しく、朝夕は冷え込みます。6~10月にかけての乾季がベストシーズンで、ヌーが大移動する時期となります。ダル・エス・サラームのある海岸地帯(沖合の島を含む)は平均気温が高く、3~5月が大雨期、11~12月が小雨期となっています。特に蒸し暑い12~3月は体力の消耗も著しくなります。
服装・マナー
タンザニアの人々は一般に深い文化と伝統的な価値観をもち慎み深いので、同様に敬意を表すような服装をお願いします。サファリ中は動物を警戒させるような明るい服装は避けてください。高度の高い地域では朝夕は冷え込むので脱ぎ着しやすい上着があれば安心です。
治安
治安は安定していますが観光客を狙ったスリやひったくり、置き引きなどの軽犯罪には注意が必要です。また都市部では無理な運転をする車が少なくないので交通トラブルにも注意が必要です。タンザニアではプラスチック袋が禁止されています。スーツケースや手荷物の中にプラスチック袋を入れないようにしてください。
病気
生水は飲めませんのでミネラルウォーターをお飲みください。また生野菜や氷など加熱されていないものは控えください。一年を通して蚊がいますので虫よけグッズや長袖、長ズボンなど肌を出さない服を準備しておくのがよいでしょう。
食事
ザンビアの主食はウガリ。トウモロコシの粉に水を加え火で温めながら練り上げたものです。これに野菜や豆、肉、魚などの料理と一緒に食べます。サファリ観光ではホテルでビュッフェが主流で、味も西洋風が多いです。ダル・エス・サラームやザンジバルでは各国料理のレストランがあります。
飲み物
市内のスーパーなどでは南アフリカやヨーロッパの美味しいワインを安く買うことができます。またビールはサファリラガーやキリマンジャロプレミアムラガーなど地元のビールを楽しむことができます。ノンアルコールではコーラなどの炭酸飲料が多く飲まれています。日本でも親しまれているキリマンジャロコーヒーはタンザニア産なのでおいしいコーヒーをお土産にするものいいですね。