この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

大自然と野生動物の宝庫、タンザニア。ヌーの大群で有名なセレンゲティ国立公園。巨大なクレーターのンゴロンゴロの動物保護区といった2つの自然遺産があり、ダイナミックなサファリが楽しめます。また、タンザニアはサファリ以外の楽しみもあります。アフリカ最高峰のキリマンジャロを近くでみられること。登山からトレッキングやハイキングまで、さまざまなコースが、タンザニア専門店ファイブスタークラブにはズラリとラインナップ。アフリカの大地と共に長い年月を生きてきた狩猟民族ブッシュマンや遊牧民族であるマサイ族の人々。現代に至ってもなお、自分たちのアイデンティティを守りつつ独自の暮らしを続ける彼らに出会い、そして暮らしぶりを垣間見て一緒にその日常生活を体験してみるというカルチャー交流のプランもあります。また青い海と空、白いサンゴ礁と豊かな緑に囲まれたインド洋の楽園 ザンジバル島でのんびりリゾートライフも楽しめます。

タンザニア基本情報

首都
ダル・エス・サラーム
面積
88.4万平方キロメートル (日本の約2.5倍)
人口
約4484万人
言語
スワヒリ語、英語
民族
バンツー系のアフリカ人、スクマ族、チャガ族、ハヤ族、ニャムウェジ族、マコンデ族、ザラモ族等
宗教
イスラム教、キリスト教、伝統宗教
気候
内陸部は、平均高度1,200mの高原地帯で、平均気温は20℃前後、1日の気温差は激しく、朝夕は冷え込み、セーターが必要となる。6~9月にかけて雨はほとんど降らない。ダル・エス・サラームのある海岸地帯(沖合いの島を含む)は、平均気温と湿度が高く、3~5月が大雨期、11~12月が小雨期となっている。特に蒸し暑い12~3月は、体力の消耗も著しい。
通貨
タンザニア・シリング(Tsh)
フライト
日本からの直行便はないので日本からエミレーツ航空がドバイ乗り継ぎダル・エス・サラーム着で約14時間、オランダ航空のアムステルダム乗り継ぎでキリマンジャロ空港またはダル・エス・サラーム着で約13時間。