Country

ブルガリア

ブルガリア BULGARIA

他国からの干渉により
独自の文化を育んだ国

この国は常に異民族からの干渉を受け、オスマントルコには14世紀後半からおよそ500年間も支配され続けていました。山奥の僧院や岩窟教会が今も多く残っているのは、そのような歴史的背景が大きく影響しています。より現地の人たちとの触れ合いを楽しみたいという方は、民宿に泊まり、家庭料理の講習を受けることができます。静かで美しいバルカン半島の田舎町に滞在し、彼らの生活文化をより深く、理解することができるでしょう。

Look Up 地図で探す

ブルガリア BULGARIA

Reccomend SPOT ブルガリアで訪れたい!おすすめスポット

VELIKO TARNOVO

バルカンの古都
ベリコタルノボ

Reccomend
SPOT

01

バルカン山脈の東部に位置する古都ベリコタルノボは、町を蛇行する川といくつもの丘の緑に彩られた、自然美に満ちた地方都市です。旧市街の古い町並みの美しさには息を呑むほどで、東欧でも指折りの情緒溢れる町なのです。中世のような赤レンガ色の瓦屋根が密集した風景が緑の中で独特の風景を生み出しています。石畳の小道を散策していると、宗教画イコンが飾られた古い教会や、美術館、博物館などが見つかります。

PLOVDIV

古い歴史が残るブルガリア第2の都市 プロブディフ

Reccomend
SPOT

02

ブルガリア中部のトラキア平原に位置するプロブディフ。長い波乱に飛んだ歴史が、この町にさまざまな遺産を残しています。旧市街の断崖に位置するローマ円形劇場跡は壮大で必見。また緑色の鐘楼が目を引く聖コンスタンティン・エレナ教会は、中に入ると花や鳥の壁画で飾られ、美しいイコンも貼り巡らされています。街中ではこの地方独特の2階3階が張り出したユニークな木骨組みの家が印象的です。

SOFIA

高原にある歴史ある首都
ソフィア

Reccomend
SPOT

03

周囲を山々に囲まれた標高550mの高原都市ソフィア。ブルガリア正教会やロシア正教会をはじめ、数多くの教会や美術館、博物館などが町中に点在しています。12ものドームと収容人員5,000人規模の大きさから成るアレクサンダル・ネフスキー寺院は、バルカン半島最大にして最も美しい寺院といわれています。またブルガリア正教の総本山である世界遺産のリラの僧院も必見のスポットです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ブルガリアを知る

基本情報

首都
ソフィア
通貨
通貨単位はレフ、複数形はレヴァ。補助通貨はストティンキ。ユーロと固定相場制。
言語
ブルガリア語
宗教
キリスト教(ブルガリア正教、カトリック)、イスラム教など
電源
C型
民族
ブルガリア人、トルコ人、ロマ人など
時差
日本から7時間遅れ サマータイム時は6時間遅れ
気候
国土の中央部を横断するバルカン山脈の北側は、冬は冷え込みが厳しく夏は高温多湿となります。南は地中海性気候の影響を受けているため、比較的温暖多湿な気候です。ブルガリアには日本と同様に四季があり、服装は基本的に日本と同じで問題はありませんが、冬場の冷え込みは厳しいため、防寒対策は忘れずに。