Country

カンボジア

カンボジア CAMBODIA

悠久の遺跡群に囲まれた、神秘的な国

美しい造形美と謎を秘めたアンコールワットやアンコールトム、そして周辺の遺跡群。なかでもジブリアニメにも描かれた幻のベンメリア遺跡は必見。アンコールワット以外にも、深い緑に覆われた自然に浸食されている遺跡群や、見ていて飽きることのない美しいレリーフなど、奥地にもたくさんの遺跡があります。

Look Up 地図で探す

カンボジア CAMBODIA

Reccomend SPOT カンボジアで訪れたい!企画担当おすすめスポット

SIEM REAP

アンコール遺跡の拠点
シェムリアップ

Reccomend
SPOT

01

アンコール遺跡を見物する拠点となるシェムリアップ。最近では開発が進み、お洒落なレストランや雑貨屋さんが急増しています。シェムリアップ川に沿って、町の真ん中をほぼ南北に貫いているのがメインストリートであるシヴォタ通り。この道をさらに北に向かって進むとアンコールワットが見えてきます。ダウンタウンはここ数年でずいぶん雰囲気が変わり、カラフルな外観の建物が増え、コロニアルな雰囲気が漂っています。

PHNOM PENH

力強い進化を遂げる首都 プノンペン

Reccomend
SPOT

02

政治・経済の中心となるプノンペン。街中には綺麗な仏教寺院とフランス統治時代の面影が残る洋館が混在して立ち並び、夜はネオンがきらきらと光っています。プノンペンでは、王宮とシルバーパゴダ、国立博物館は何と言っても必見ですが、ここを訪れるなら是非トゥールスレン博物館とキリングフィールドに足を運び、ポル・ポト政権時代について学んでおきたいですね。

SHIHANOUKVILLE

カンボジア随一の穴場リゾート シアヌークビル

Reccomend
SPOT

03

プノンペンから南西約200kmのタイランド湾に面したリゾート地シアヌークビル。透明度が高い海と、白砂のビーチを持つこの町はカンボジア人だけでなく、外国人にも人気です。ここ数年の間に大型ホテルや外国人向けのレストランやバーが増え、新鮮なシーフードも手頃に楽しめ、ますます活気付いてきています。ビーチでゆっくりするだけでなく、マングローブ林や滝、川でのボートトリップなどアクティビティも充実しています。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge カンボジアを知る

基本情報

首都
プノンペン
通貨
現地通貨はリエル(Riel)
言語
クメール語
宗教
大半が仏教徒、その他イスラム教、キリスト教
電源
A、C、SE型
民族
クメール人が約90%、そのほかチャム族、ベトナム人など20以上の民族
時差
日本から2時間遅れ
気候
6月~10月の雨季と11月~5月の乾季に大きく分けられます。ベストシーズンは乾季の11月~1月下旬で、比較的過ごしやすい時期となります。雨季というと、日本の雨季とは違い、1日中降り続けることはほとんど無く、スコールが多いです。

Vietnam Cambodia Myanma Laos ベトナム・カンボジア・ミャンマー・ラオスの他の国を探す