世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

世界遺産の旧市街と革命の歴史が漂う、キューバの首都ハバナ!

革命家、チェ・ゲバラのグラフィティ。未だに街にはゲバラが溢れかえる。

キューバという国にどんな印象をお持ちでしょうか。社会主義?革命?ラテン?今回はキューバの首都、ハバナを訪れたら楽しみたいことベスト10をご紹介したいと思います。
キューバはアメリカのフロリダ州の南に位置する、カリブ海最大の島です。カストロやチェ・ゲバラの率いる革命軍が政権を打倒した革命戦争から60年ほど、キューバは社会主義の国として歩んできました。クラシックカーやコロニアルな街並みが独特な空気を醸し出し、旅人を魅了します。

ハバナといえば旧市街!情緒漂う街並みが魅力

旧市街では街のいたるところで生演奏が行われている

ハバナはキューバの首都です。200万人が暮らす大都市には旧市街と、高層ビルが立ち並ぶ新市街がありますが、観光の見どころは旧市街。旧市街は世界遺産に登録されているのです。旧市街のメインストリートであるオビスポ通りは旧市街の中でも昔ながらの面影を残す通りで、通りにはギターの生演奏に突然踊りだす陽気な人々や観光客で今も人通りが絶えません。

淡いオレンジ色が目印のアンボス・ムンドス・ホテル

オビスポ通りにあるホテル、アンボス・ムンドスにも足を延ばしてみましょう。ここは小説「老人と海」で有名なヘミングウェイが常宿としていたホテルです。彼の宿泊していた511号室はちょっとした博物館になっています。屋上のレストランからは旧市街を見渡すことができます。

キューバを代表するお酒、ラム酒の博物館。

陽気なスタッフがツアーの待ち時間も盛り上げてくれる

キューバではラム酒が有名です。ハバナ・クラブのボトルはお酒に興味のない方でも見たことがあるかもしれません。ハバナにはラム酒ハバナ・クラブ博物館があり、見学ツアーに参加して歴史と製造過程を知ることができます。

精巧なミニチュア!ユーモアあふれる英語ガイドさんの解説も人気の秘密

1930年のラム工場を再現したミニチュアは大変精巧で、想像していたよりも興味をひかれます。原料となるサトウキビを運ぶ蒸気機関車がリアルな工場を走り回る姿は、子どもでなくても心躍るはず。12にも及ぶ工程を見学したあとは、バーでハバナ・クラブのテイスティングができます。日本でも工場見学は人気ですが、ハバナでも見学ツアーは人気で大盛況です。

ラム酒を使ったお酒、モヒートならこのお店!

内装も素敵なラ・ボデギータ・デル・メディオ

工場を見学したら、次は実際にお酒を楽しみたいですね!ラム酒を使った有名なカクテル、モヒートが有名なお店がハバナにはあります。「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」は常に賑わう有名店です。こじんまりしたお店ではライブバンドが陽気な音楽を奏で、お店の外ではモヒートを飲みながら踊るのが定番。ラム酒にミントを加えた目にも爽やかなお酒は、味もさっぱりとして暑いキューバにぴったりのお酒です。もちろんお酒以外にもレストランとして食事も楽しめるのでお子様連れにもおすすめ。ヘミングウェイが通ったお店としても有名です。

ヘミングウェイ行きつけのレトロなレストラン

歴史を感じるフロリディータの店内。1人でも気楽に入れます。

もう1つ、ヘミングウェイが通った店として有名なところがあります。オビスポ通りの端にあるフロリディータというレストランです。店内に入ってすぐ左に、ヘミングウェイの実物大の像がカウンターに腰かけていて、観光客の写真スポットになっています。こちらでもライブバンドが陽気な音楽を奏で、多くの人が食事を楽しんでいます。

フロリディータの店の奥でゆったりくつろぐヘミングウェイ

フロリディータを訪ねたら、ぜひ「ダイキリ」というカクテルを頼んでみましょう。ラム酒をベースとしたカクテルで、少しアルコールが強いですが清涼感のある味です。混みあう店内ですが、不思議とカウンターでも落ち着く店内です。

目にも楽しいクラシックカーを乗りこなそう!

目にも鮮やかなクラシックタクシー!ショッキングピンクは人気の色

ハバナではあちこちで色とりどりのクラシックカーを目にします。車が好きな方も、そうでない方も、またとない機会なので乗ってみませんか?タクシーとして利用されている場合も、オプショナルツアーとして乗る機会もあります。乗り心地は決して良いとはいえませんが、それもクラシックカーならでは。街中には並べて停めてあることもあるので、機会を逃さずパチリといきましょう。

角を曲がるときの可愛さは格別、なココナッツタクシー

またはこんな可愛らしいココナッツタクシーと呼ばれるものも街中で目にします。遊園地のアトラクションのようですね。料金は交渉制なので乗車前にきっちり決めましょう。

ハバナの夜はカリビアン・ミュージックで楽しもう!

妖艶な女性や逞しい男性たちが2時間踊りあかす

ハバナの夜は長いです。伝統的なキャバレーで過ごすのはいかがでしょうか。キャバレー・トロピカーナで行われるショーは、1939年から続く歴史あるショーで、毎晩20時頃から2時間ほど行われます。劇場は野外で2000人も収容可能な大きなものです。中心には広いステージがあり、たっぷり2時間、90人ものダンサーが切れ目なく煌びやかな衣装をまとい観客の目を楽しませてくれます。

目にも止まらない速さで次々と演目が変わる

ハバナはかつてラテンアメリカ大陸最大の歓楽街とされていたこともあり、その時代で培われたハイレベルなショーやライブを楽しむことができるのです。トロピカーナショーでは、カリビアンミュージックの他、様々なジャンルの音楽を楽しむことができます。

せっかくなら濃密な旅に!キューバで民泊にトライ

私がお邪魔したお部屋の陽気で親切なご夫婦

宿泊は何もホテルに限ったことではありません。キューバでは民泊という、個人が家の一部を旅行者に貸しだす仕組みが整っているのです。キューバではこれを「家」という意味のカサと呼んでいます。

現地のお宅にお邪魔するので、日本人には少し抵抗があるかもしれませんが、キューバではカサが急速に増えてきており、住民の受け入れ態勢も整っているので心配ご無用。実際に住まれているお宅なので水回りの管理も行き届いており、意外ですがホテルよりもたっぷりお湯が出る場合もあるのです。ラテンの国キューバの暖かな家庭で、ホテル滞在では味わうことのできないキューバの生の生活を近くに感じることができます。

穏やかに過ごしたい静かな漁村、コヒマル

ヘミングウェイが愛した美しいコヒマルの海

ハバナから東へ車で1時間弱ほど走ったところに、コヒマルという小さな漁村があります。ヘミングウェイの「老人と海」の舞台になった場所として有名なところで、広場にはヘミングウェイの胸像が建てられています。その広場の横にある要塞も小さいながら趣があって必見。屋上から眺める海も美しいです。静かな村ですが、海風が気持ち良いので私も好きな街です。

海が見える気持ちの良いラ・テラサ・レストラン

ヘミングウェイが通っていたレストラン(ラ・テラサ)に立ち寄って海を眺めながら食事を楽しむのも一興です。ラ・テラサには有名な釣りの大会、「ヘミングウェイカップ」でのカストロ前議長とのツーショットをはじめ、釣りを楽しむヘミングウェイの写真が飾られています。

ここはおさえたい写真スポット!新市街の革命広場

絵になる内務省のチェ・ゲバラのモニュメント

新市街にあるものの、必ず訪れたいのが革命広場。大きい広場で、メーデーなどの演説の際は、多いときには数十万人もの人が埋め尽くすそう。有名なのは広場に面する内務省の壁にあるゲバラのモニュメントです。わざわざ訪れてでも写真を撮っておきたいポイントです。ゲバラに隣り合う情報通信省にカミーロ・シエンフエゴスの顔もあります。カミーロはキューバ革命でカストロ、ゲバラと共に重要な役割を果たしました。

星型をした博物館の塔。高さは109mもある。

広場の横には、第二次独立戦争を指導したキューバの英雄、ホセ・マルティの記念博物館があります。旧市街と新市街は離れているのでタクシーでの移動が望ましいでしょう。

広くて明るいヘミングウェイ邸。こんな所に暮らしてみたい。

緑が豊かで空間使いが美しい。

ヘミングウェイの住んでいた家を見学することができます。閑静な住宅地に建てられた家には、「老人と海」を書いた部屋や8000冊を超えるといわれる蔵書などがそのまま残されています。敷地はとても広く、ちょっとしたプールもあります。自然が豊かで、眺めもよく、100年ほど前の家とは思えないくらいおしゃれで羨ましいくらいのお宅です。見学は家の周りを歩きながら、窓やドアから屋内を眺めます。

愛艇ピラール号。近年はここまで近付けなくなっている。

庭の片隅にはヘミングウェイの愛艇「ピラール号」が保管されており、近くまで行って眺めることもできます。

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました