世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

旅行記
旅の写真集
お気に入り

固有種の宝庫インドネシア オランウータンの旅

野生のオランウータン
餌付け場にやってきた野生のオランウータン

餌付け場にやってきた野生のオランウータン

世界最大の仏教遺跡であるボロブドゥールのあるジャワ島、自然がそのまま残っているコモド島、スラウェシ島の秘境タナトラジャなど・・・インドネシアは1万を超える島々によって構成され、地域ごとに独自の文化と自然があり、様々な魅力に溢れています。北部のカリマンタンエリアには熱帯雨林が広がり、野生のオランウータンに出会える貴重な場所となっています。のそのそ歩く姿、バナナをほおばる仕草、人間味あふれる愛らしいオランウータンの住む森を訪ねてみませんか?

インドネシアで出会えるオランウータンは?

器用に木から木へと移動するオランウータン

器用に木から木へと移動するオランウータン

アジアで唯一の大型類人猿、オランウータン。昔は東南アジア広くに生息していましたが、木々の伐採や森林火災などによって森の破壊が進み、現在はインドネシアのスマトラ島とボルネオ島にのみ暮らしています。スマトラ島に暮らすスマトラオランウータンと、ボルネオ島に暮らすボルネオオランウータン。スマトラオランウータンは体がほっそりとしていて、面長な顔と長いヒゲが特徴です。一方でボルネオオランウータンは体が大きく、赤褐色の長い体毛と垂れ下がった喉袋が特徴的です。

お母さんにしがみつく子供のオランウータンが可愛い

お母さんにしがみつく子供のオランウータンが可愛い

今までオランウータンは2種類とされていましたが、2017年にスマトラ島の北部で「タパヌリオランウータン」という新種が確認されました。しかし新種に認定された時にはすでに絶滅危惧種に指定されていて、生息数は800頭未満といわれています。

森の住人に会える!「カリマンタン島」ってどんなとこ?

木に登ったまま様子をうかがうオランウータン

木に登ったまま様子をうかがうオランウータン

世界で3番目に大きな島であるボルネオ島。ブルネイ、インドネシア、マレーシアの3国に領土が分かれており、そのうちインドネシアの保有する領土であるカリマンタン島は3/4を占めています。広大なジャングルの中に様々な野生動物や200種を超える生き物が生息します。絶滅の危機に瀕した森の人、オランウータンの住処でもあり、世界の3/4ほどのオランウータンが暮らしています。野生のオランウータンに出会えるのはスマトラ島とここカリマンタン島だけなのです。

すぐ近くに野生のブタさんが近づいてきてびっくり!

すぐ近くに野生のブタさんが近づいてきてびっくり!

地盤沈下などの理由によりジャカルタからの首都移転先としても大きな話題となりました。
7~9月の乾季がベストシーズンなので、旅行に行くならこの頃が狙い目です。

ジャングルクルーズで野生のオランウータン探し!

クロトッと呼ばれる木造船に乗ってジャングルクルーズ

クロトッと呼ばれる木造船に乗ってジャングルクルーズ

タンジュンプティン国立公園へはクマイ港からボートに乗って向かいます。雰囲気満点のボートツアーはまさに本物のジャングルクルーズ!キャンプリーキーまでは4時間ほどかかるので、お菓子をつまみ、ワニやサルを探して周りを眺めながら進みます。このツアーは野生のオランウータンに会いにいきますが、ジャングルの中にはオランウータンだけでなく、固有の動植物がいっぱい。

鼻の長いテングザルに遭遇!意外にも美脚

鼻の長いテングザルに遭遇!意外にも美脚

鼻の長いテングザルやクロコダイルなど、カリマンタン島固有種の希少動物がたくさんです。いつ出会えるか分からないので、どきどきわくわくは止まりません。本当の秘境アドベンチャーを楽しみたい人にこそオススメです。

ジャングルクルーズでの過ごし方・注意すべきことは?

天蓋ベッドで虫を気にせず昼寝ができるのが嬉しい

天蓋ベッドで虫を気にせず昼寝ができるのが嬉しい

タンジュンプティン国立公園での宿泊は、希望に合わせてボートかジャングル内にあるロッジが選べます。本物のジャングルクルーズを楽しみたいならボート宿泊がおすすめ。エアコン付きの寝室、バストイレ完備で快適。ボートにはキッチンがついているので、食事はボート専用のコックさんが毎食用意してくれます。乗客の人数に合わせてドリンクを積み込んでいるので、飲み物の心配もありません。

ジャングルを眺めながらの食事は格別!

ジャングルを眺めながらの食事は格別!

日が暮れるとあたりは真っ暗で唯一の光はボートの進行方向を照らすライトのみ。夜はデッキチェアに座りながら、満点の星空を独り占めです。周りには川のかすかな水の音と、野生動物の声だけ。ロマンティックな雰囲気の中で自然を大満喫できるので、カップルにもオススメです。

タンジュンプティング国立公園について

デッキに座って船長気分!夜には満天の星空を眺めます

デッキに座って船長気分!夜には満天の星空を眺めます

ジャカルタから国内線で1時間。熱帯雨林のカリマンタン島南西部に広がるタンジュンプティン国立公園は、多種の貴重な動植物が生息・あるいは生育されており、オランウータンの保護区域としてはもっとも有名な場所です。200~300ほどのオランウータンが暮らす研究基地キャンプリーキーを拠点に、クロトッとよばれる3~4人乗りの木造船に乗って公園内をまわります。

夜はキャンドルでロマンティックディナー

夜はキャンドルでロマンティックディナー

生い茂った森の中をボートで進むので、まさにジャングルクルーズ!秘境エリアのアドベンチャー体験は冒険心をくすぐります。オランウータン以外にも多種多様な動植物が生活しているので、大きなくちばしを持つサイチョウやワニ、珍しいテングザルにも出会えるかもしれません。

国立公園内、オランウータンにはどうやって出会える?

餌付け場でオランウータンが来るのを待ちます

餌付け場でオランウータンが来るのを待ちます

オランウータンの生活の場は主に木の上です。たまに人懐っこい性格のオランウータンが向こうから近づいてくれることもありますが、人慣れしていなく攻撃的な場合が多いので、国立公園内で出会うためには餌付け場のある基地へ行く必要があります。

ミルクを勢いよく飲んで鼻からミルクがたら~り。

ミルクを勢いよく飲んで鼻からミルクがたら~り。

ローカルボートに乗り、ガイドさんとともに森の中を進み、ジャングルの中へ。毎日14時からは餌付けを見学でき、ガイドさんが大声で鳴き真似をすると、森のあちこちからオランウータンがやってきます。ボスは顔の頬が大きく張り出しているのが特徴で、その姿は迫力満点ですが、食事する姿はなんとも愛らしいのです。

遺跡もまわろう!インドネシアモデルプラン

親子で仲良くバナナをほおばる姿にほっこり

親子で仲良くバナナをほおばる姿にほっこり

【ジャカルタ1泊→カリマンタン島ボート2泊→ボロブドゥール1泊→ジョグジャカルタ1泊】
上記7日間の行程であれば、カリマンタン島のジャングルで船旅を楽しみつつ、インドネシア随一の観光地ボロブドゥール寺院遺跡も十分に満喫できちゃいます。

早朝のボロブドゥールは人が少なくて涼しい!

早朝のボロブドゥールは人が少なくて涼しい!

ジャカルタで1泊したのち、国内線でカリマンタン島へと向かいます。2泊3日のボートツアーに参加してタンジュンプティング国立公園内を探検し、野生のオランウータンに会いに行きます。その後国内線でジョグジャカルタへ向かい、ボロブドゥール遺跡近くのホテルに宿泊。翌日はボロブドゥール遺跡の幻想的な日の出を鑑賞しながら、朝を迎えます。ヒンドゥー教の聖地であるプランバナン寺院やジョグジャカルタ市内もあわせて見てまわれるので、効率良くインドネシアの良いとこどりを堪能できます。

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました