世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

スペイン欲張り旅行プラン♪2026年ついに完成?のサグラダファミリアへ!

グエル公園 中央階段から見える守衛の家と管理小屋
まだ建設中です。。

まだ建設中です。。

ビール好きの夫婦が子連れで海外旅行に行くとしたら・・・そんな楽しい妄想をしていて、ふと心に浮かんだのが、完成したサグラダファミリアを見に行くこと!2026年完成予定(あくまで予定ですが・・・)ということは、そう遠くない未来です。サグラダファミリアを見たのは、かれこれ20年以上も前、、、初めて一人でヨーロッパをバックパックを背負い旅したときです。そんな私が完成したサグラダファミリアを見に行くべく、妄想プランを立ててみました。

スペインの基本情報

「太陽と情熱の国」スペイン。北はピレネー山脈を隔ててフランスと接し、南は地中海をはさんでアフリカと向かい合い、古くから様々な文化、民族が混ざり合っています。地方ごとに見所が満載で、フラメンコ、闘牛、トマト祭り、バレンシアの火祭りなど情熱的なイベントも多彩です。また、多くの有名な芸術家が生まれている国。バルセロナのサグラダ・ファミリア、マドリッドのプラド美術館、マラガのピカソ美術館といった芸術鑑賞も外せません。

基本情報
首都 マドリッド
宗教 キリスト教
言語 スペイン語、ガリシア語、カタルーニャ語など(観光地では英語も通じます)
時差 日本との時差は‐8時間(日本が正午のとき、スペインは04:00)
通貨 ユーロ
物価 日本より少し高く、ランチで10~15ユーロ(約1,300~2,000円)ディナーで25ユーロ(約3,300円~)ほど。
ただ、ビールは1杯1ユーロ~(約130円~)のためお酒好きには嬉しい。
気候 北部は、夏涼しく冬は温暖な海洋性気候。マドリッドを中心とした中央部では大陸性気候。東部、南部は地中海性気候。
ベストシーズンは地域にもよりますが、春から秋。

【1日目】羽田→イスタンブール乗継→機中泊

サンセバスチャンのバル、ずらりと並んだピンチョス

サンセバスチャンのバル、ずらりと並んだピンチョス

旅の最初の目的地は、バスク地方「サンセバスチャン」。スペインの美食の町です。小さな町なのにミシュランの星付きレストランが密集していて、世界中の食通たちが訪れる町です。たまらなく美味しい絶品のピンチョスを求めてバルめぐりをするには外せない町です!

この中に無数のバルがひしめきあっているのですね。

この中に無数のバルがひしめきあっているのですね。

サンセバスチャンへの移動は、スペインのビルバオからバスだと1時間30分ほどで、列車だと3時間ほどかかります。娘は車酔いをしてしまうので、少々時間はかかりますが列車をチョイスすることにします。そして日本からビルバオまでは便利なターキッシュエアラインズを利用します!

【2日目】電車で美食の町サンセバスチャンへ

美しいピンチョスたち。もうお腹がすいてたまりません。

美しいピンチョスたち。もうお腹がすいてたまりません。

羽田空港を出発してイスタンブールで乗り継ぎをしたら、ビルバオに到着です。さぁ、旅のはじまり!まずは電車に乗って車窓を楽しみながらサンセバスチャンを目指します。サンセバスチャンに到着後、ホテルに荷物を置いて、早速旧市街の散策に出かけます。ちょうどお昼過ぎ、美食の町でのランチも楽しみましょう!

バル激戦区!31 de agosto通り

バル激戦区!31 de agosto通り

町の北東にあるモタ城からは、サンセバスチャンが一望できます。歩き疲れたらホテルで少し休憩して、夜はいよいよバル巡りです!スペインの美味しさが凝縮されたフィンガーサイズのピンチョス、それと相性抜群なのがチャコリ。微発砲の白ワイン「チャコリ」もバスク地方の名物です。タップから注がれるビールも捨てがたいですが、ここではチャコリをお供に!もう少し食べたいな、というところで次の店へ!3~4軒は行きたいですよね(笑)。

【3日目】専用車でバスク地方の小さな美しい町を観光

バスク風のかわいらしい家が並ぶ

バスク風のかわいらしい家が並ぶ

翌日は、専用車でサンセバスチャン近郊の小さな美しい町を観光します。ビダソア川の河口に位置するオンダビリアは、対岸にフランスを望む国境の町。バスク地方でよく見られる赤や緑の窓枠が付いたカラフルな家々が並ぶ漁師町です。

羊の牧場で、赤ちゃん羊を抱っこ

羊の牧場で、赤ちゃん羊を抱っこ

近頃、コンビニでもよく見かける人気のスイーツ「バスクチーズケーキ」。外側を黒く焦がした濃厚な風味のあるチーズケーキは、その名の通りバスク地方で食べられているケーキです。せっかく本場に来たからには、チーズ農家も訪れてみたいですよね。羊のミルクでつくるチーズ「イディアサバル」の農家を訪問し、チーズの工程を見学したり、羊の牧場では赤ちゃん羊を抱っこさせてもらったりと子供も大人も楽しめそうですね。

【4日目】サグラダファミリア目の前のホテルに宿泊!

旅先での列車の移動も楽しみ

旅先での列車の移動も楽しみ

サンセバスチャンからバルセロナまで、またまた列車の旅です。所要時間は約6時間と少々長め…。でも、座席は新幹線のように快適ですし、スナックを売るバルもあるし、ブドウ畑が広がる車窓も楽しみだし、飽きることはないと思います!が、国内線でもよいかもしれません(笑)

ライトアップも美しい。いつまでも見ていられますね。

ライトアップも美しい。いつまでも見ていられますね。

バルセロナに着いたら、サグラダファミリアの目の前にあるホテルにチェックインです。「アイレ・ホテル・ロゼロン」が第一候補です。地下鉄サグラダ・ファミリア駅からもすぐで、旅の最大の目的地としては立地もバツグンです。そして、屋上テラスからは、大聖堂のパノラマがどどーんと目の前に広がります。サグラダファミリアとの感動の再会です!

アイレ・ホテル・ロゼロン
エリア バルセロナ
住所 C/Rosellon 390 08025,Barcelona,Espana
電話番号 +34 93 6009200
公式サイト https://www.ayrehoteles.com/en/hotels/ayre-hotel-rosellon/

【5日目】サグラダファミリアをこころゆくまで鑑賞!

サグラダファミリア内部もなんと幻想的なことでしょう。

サグラダファミリア内部もなんと幻想的なことでしょう。

翌朝目覚めたら、まず屋上テラスから朝日に輝くサグラダファミリアを眺めます。そのあとは、サグラダファミリア内部を観光です。柱やファザードに彫られた、蛇やトカゲカタツムリ、蝶などの無数の生き物、中央部には170mにも達する「イエスの塔」、そして圧巻は18本の塔に合計84個も取り付けられた鐘が一斉に奏でるメロディー。想像しただけでワクワクしてきますね。

サグラダ・ファミリア
エリア バルセロナ
住所 Carrer de Mallorca,401,Barcelona
電話番号 +34 932 080414
営業時間 9:00~15:00(月、火、水、木)9:00~18:00(金、土、日)
※大聖堂内で行われる特別なイベントのため、営業時間と営業日は急に変更となる場合もあります。
入場料 26€~
公式サイト https://sagradafamilia.org/en/home
明るい色彩であふれるサン・ジュセップ市場

明るい色彩であふれるサン・ジュセップ市場

午後は、少しバルセロナの町を散策してみましょう。色鮮やかでユニークなタイルが目をひくグエル公園や、カサ・ミラなどガウディ建築をみて回るのも楽しいですし、色鮮やかなフルーツやお菓子が並ぶサン・ジョセップ市場に足を伸ばしてみるのもいいですよね。そして、疲れたらバルのテラス席で町ゆく人を眺めながら休憩しましょう。

グエル公園
エリア バルセロナ
住所 Carrer d’Olot, S/N,Barcelona
電話番号 +34 934 091831
営業時間 9:30~19:30
入場料 8€~
公式サイト http://www.portalgaudi.cat/en/buildings/park-guell/

サン・ジョセップ市場
エリア バルセロナ
住所 La Rambla,91,08001,Barcelona
電話番号 +34 934 132303
営業時間 8:00~20:30
公式サイト http://www.boqueria.barcelona/

【6日目】アルハンブラ宮殿内のパラドールに宿泊!

アルハンブラ宮殿内ナスル宮殿

アルハンブラ宮殿内ナスル宮殿

たっぷりとサグラダファミリアを満喫したあとは、グラナダへ移動です。バルセロナからグラナダへは国内線でひとっとび。約1時間30分でグラナダに到着です。グラナダでの宿泊は、迷うことなく「パラドール・デ・グラナダ」です。パラドールは、中世の宮殿や古城、修道院など歴史的に価値のある建物を利用した国営ホテルです。

パラドール・デ・グラナダ
エリア グラナダ
住所 Calle Real de la Alhambra ,s/n,18009,Granada
電話番号 +34 958 221440
公式サイト https://www.parador.es
パラドール・デ・グラナダの中庭

パラドール・デ・グラナダの中庭

そしてこのパラドールの一番の魅力は、なんといってもアルハンブラ宮殿の敷地内にあること!噴水のある中庭に面した回廊、エキゾチックなタイル模様に、吹き抜ける風、町の喧噪とは切り離された静寂に包まれた空間で、スペインの歴史を感じながらのんびりと過ごすことができます。

アルハンブラ宮殿
エリア グラナダ
住所 Calle Real de la Alhambra ,s/n,18009,Granada
電話番号 +34 958 027971
営業時間 8:30~20:00
入場料 14€~
公式サイト https://tickets.alhambra-patronato.es/

【7日目】グラナダの栄華アルハンブラ宮殿を観光

見ているだけでも楽しい!雑貨屋がずらりと並ぶ通り

見ているだけでも楽しい!雑貨屋がずらりと並ぶ通り

旅の疲れがたまってくるころですが、翌朝はゆっくりでも問題ありません。宮殿の敷地内のパラドールに泊まっているので、たっぷりとアルハンブラ宮殿を楽しむことができます。イスラム建築の粋を極めた建造物や装飾の数々、アルハンブラ宮殿は中世のイスラム建築の最高傑作ともいわれ、ヨーロッパとは違うエキゾチックな雰囲気も堪能できます。

情熱あふれるフラメンコショー

情熱あふれるフラメンコショー

アルハンブラ宮殿をおり、旧市街の迷路のような路地を散策したあとは、本場のフラメンコショーをみにいきます。できれば、洞窟住居を利用した小さなタブラオ(フラメンコ用の板張り舞台の設備があるバルやレストラン)で迫力あるショーを間近でみてみたいですね。

【8日目】マラガ→イスタンブール乗り継ぎ→羽田

ついつい連れて帰りたくなる!かわいいお土産

ついつい連れて帰りたくなる!かわいいお土産

グラナダからの帰路は、マラガ空港を利用するのが便利です。グラナダからマラガ空港は、バスで約1時間30分。マラガからイスタンブール乗り継ぎで、帰国の途につきます。マラガを夕方出発し、翌日の夜羽田に到着です。

サンセバスチャンのバルNESTOR 明るい店員さん!

サンセバスチャンのバルNESTOR 明るい店員さん!

まとめ

おつかれさまでした!いかがでしたか?スペインに今すぐ行きたくなってきましたか??なかなか海外旅行に行けない日々が続きますが、来るべき日にそなえて、みなさんも思いっきりわがままに妄想旅をしてみてはいかがでしょうか!

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました