世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

世界のおすすめビール紹介!旅先でしか味わえない、思い出の味5選

テラス席でベルギービールの飲み比べ

テラス席でベルギービールの飲み比べ

世界のビールを愛するみなさま。旅先で飲むビールはなぜあんなに格別なのでしょう。異国情緒あふれる街並み、エネルギッシュで喧噪とした町中、きらきらと光る川面、沈みゆく太陽、見渡す限りの広大な砂漠・・・・そんな素敵な景色とともにあるからでしょうか。ビール好きな私が旅先で味わった、そこでしか飲めない世界のおすすめビールを厳選してご紹介したいと思います。

門外不出のベルギービール「ジュピラー」

ベルギーで最も飲まれているビール「ジュピラー」

ベルギーで最も飲まれているビール「ジュピラー」

ベルギーには様々なビールが存在し、その数1500種類以上ともいわれています。日本で有名なのはヒューガルデンやヴェデットといった独特な風味や苦味、旨味があるビールでしょう。しかし、ベルギーで最も飲まれているのは日本でもおなじみのピルスナー(ラガータイプ)。そう、「まずはビール!」で飲みたくなるあのすっきりしたのど越しのビールです。ベルギー人の家庭の冷蔵庫には必ず入っているといわれるそのビールの名前は「ジュピラー」です。

ジュピラーは、ベルギーサッカーリーグのスポンサーでもあります

ジュピラーは、ベルギーサッカーリーグのスポンサーでもあります

なんとこのビール、ベルギーで人気ナンバーワンにも関わらず、国外には流通していません。なので、ベルギーでしか味わうことができないのです!ベルギー人のスポーツ観戦にはかかせない赤いラベルが特徴的なこのビール。すっきりとした爽快な飲み心地をぜひ、ベルギーで味わってみてください!

チェコのブドゥヴァル醸造所で飲むピルスナー

醸造所見学後、できたてビールで乾杯!

醸造所見学後、できたてビールで乾杯!

ビール好きの聖地ともいえる、チェスキーブディヨヴィッツェ。プラハから電車やバスで約3時間の南ボヘミア最大の町には、アメリカのバドワイザーの名前のもとになったことでも有名なブドゥバル醸造所があります。ブドゥバル醸造所のビールは、なんと世界50か国以上で愛されているそうです。

醸造所直営のレストランで出来立てビールをグイッと!

醸造所直営のレストランで出来立てビールをグイッと!

醸造所では見学ツアーも行っていて、モルトの仕込みからビン詰めまでほぼ全行程が見られます。そしてツアーの最後にはできたてのタンクビールを試飲!見学に参加できなくても、併設のレストランでブドゥヴァルビールをいただけます!醸造所でできたてのビールをグイッと飲み干す瞬間、たまりません(笑)

スロバキアの小さな田舎町でつくられるオリジナルビールERB

この黄金の液体と白い泡のコントラストがたまりません。

この黄金の液体と白い泡のコントラストがたまりません。

スロバキアの小さな世界遺産の町、バンスカーシュテアヴィニツァ。かつては金・銀の採掘が盛んで18世紀にはハンガリー王国の最も重要な鉱山都市ともなった町です。が、現在はひっそりとしていて、どこか寂しげな雰囲気漂う町です。そんな世界遺産の町に滞在して、忘れられない最高の一杯に出会うことになりました!ホテル周辺には特にレストランが見当たらなかったので、ガイドさんにおすすめのお店を尋ねたところ、教えてもらったのが隠れ家的レストラン「ERB」です。

レストラン内にある巨大な金色のビールタンク。ここでビールがつくられています。

レストラン内にある巨大な金色のビールタンク。ここでビールがつくられています。

店内に一歩はいると、金色に輝く巨大なビールタンクが目に飛び込んできます。なんとレストラン内でビールを醸造しているのです!すっきりとした飲み心地の超できたてのビールを味わえます。さらにお料理も秀逸で、スルスルとビールを飲んでしまいます(笑)旅先での偶然の出会いがもらたしてくれる最高の一杯。これだから旅はやめられませんよね。

ザンビアの国立公園で体験する極上のサンダウナー

サバンナに沈む夕日を眺めながらの一杯

サバンナに沈む夕日を眺めながらの一杯

正直、ビールの特徴はまったく覚えていないですが、雰囲気が忘れられない場所があります。脳裏から離れないそのひとときの空気感や匂い、ザンビアのサウスルアングア国立公園です。野生動物保護のパイオニア、ノーマン・カー氏が創設し、初めてウォーキングサファリを始めたというロッジがあります。

夕暮れ時の美しさ、格別です。

夕暮れ時の美しさ、格別です。

1日2回のサファリドライブを終え、サバンナの真ん中に突如車をとめたレンジャーさんは、車から次々と机やクロス、飲み物などをおろし、あっという間に素敵なテーブルをしつらえてくれました。そこで楽しむのがサンダウナー(夕暮れ時の一杯)です。なんと贅沢な空間でしょう。静けさに包まれたサバンナ、時折聞こえてくるのは鳥の声だけ。ゆっくりと沈む夕日を眺めながらの最高に贅沢な一杯となりました。

【番外編】イランではノンアルコールビールをご賞味あれ

ノンアルコールビール ノーマルとライム 味は各種あります!

ノンアルコールビール ノーマルとライム 味は各種あります!

最後に番外編をご紹介します。中近東(イスラム圏)では、宗教上アルコールが禁止されている国が多いですよね。とはいっても、実際は観光客向けのレストランやホテルのバーでは飲むことができます。そんななか、ほんっとに厳しく禁止されているのがイランです。持ち込みももちろんNGです。見つかったら罰金、取り調べと厄介なことになります。ビール好きは一体どうすればよいのか・・・。そこで、イランで見つけたのがノンアルコールビールです!

スパイシーなお料理にもノンアルコールビールはよくあいます

スパイシーなお料理にもノンアルコールビールはよくあいます

味は・・・ほぼジュースかもしれませんが、ビール片手に気分だけでもエキゾチックな雰囲気に酔いしれてみてはいかがでしょうか。実は、40年前の革命以前は、アルコールも飲めていたとのこと。ノンアルコールビールの種類の豊富さからみて、イラン人のビールに対する熱い思いをかすかに感じてしまうのです。

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました