世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

シチリア島とは?行き方や気候に観光地までご紹介

美しい海に囲まれたシチリア島

地中海最大の島、シチリア島は自然豊かで美しい町並みが魅力的です。海に囲まれていて太陽燦々気持ちの良い町というイメージの通り、同じイタリアでもローマやミラノなどとは時間の流れまで違うように感じられます。
イタリア本土に比べると小さな島ですが、シチリアは町ごとに全く異なる表情を持っており、シチリア島だけの旅行でも十分にお腹いっぱいになれること請け合いです!
もしイタリア本土と周遊で旅行するなら、是非列車でシチリアへ渡ってみてください。列車ごと船に乗って移動という、摩訶不思議な体験ができます!

シチリアの基本情報

花が溢れる街並み

シチリアの気候

観光のベストシーズンは、雨の多くなる冬を除く4月から11月まで。海で泳ぐのなら夏がお勧めですが、天気が良ければ9月中旬までは泳ぐことができます。ただ、夏の盛りには日差しが強くなりますので、遺跡観光には春から夏前までと、少し肌寒くなるので防寒具と雨具が必要になる秋が快適です。冬は寒く、シチリア島でも雪が降ることもあります。

シチリアへの行き方

日本からシチリアへの直行便は残念ながら今は飛んでいませんが、カターニャ(カターニア)とパレルモには複数の航空会社が飛んでいますので、この二つの空港を拠点に行程を組むのがお勧めです。
また、イタリア本土からは電車も通っています。島であるシチリアへ電車で渡る?橋の上を通るのかと思いきや、なんと車両をそのまま船に載せてメッシーナ海峡を渡ります。列車の座席に座ったままなのに船旅、なんと不思議な体験でしょう。列車から降りて船のデッキにでることもできます。

シチリアのお役立ち情報

湿度は低く、朝夕の寒暖の差が大きく、夏でも夜などは肌寒さを感じることもあるので、羽織るものを一枚持ち歩くのをお勧めします。冬は寒くなりますので防寒具もしっかりご準備ください。
日本のように、梅雨はありませんが、春先と秋には雨がやや多くなりますので、雨具が必要です。
シチリアと言えば、ワインと柑橘類、そしてシーフードが美味しいのでお勧めです。レストランに入ってこの3つを避けて注文するのは難しいほどですので、是非挑戦してみてください。レモンのリキュール、レモンチェッロは女性でも飲みやすく、シーフード料理にばっちりです!

シチリア旅行の楽しみ方

マルトラーナ教会

南イタリアも全体的にのんびりとした雰囲気ですが、シチリアは島ということもあり、輪をかけて穏やかで緩やかな空気に包まれています。
島内の移動も電車よりもプルマンと呼ばれる長距離バスの方が便利なこともあり、さらにゆったりな旅を演出してくれます。

ニューシネマパラダイス博物館

シチリアの中でも専用車を使った方が便利なところがあります。
まず一つ目は「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」として世界遺産にも登録されている、ラグーザ・モディカ・ノートを巡る旅です。どれもが小さな町ですが、華やかなバロック様式の建物群は堂々たる美しさです。
二つ目は、映画好きならご存知の「ニューシネマパラダイス」の舞台となったパラッツォ・アドリアーノへ行くコース。撮影時よりは多少建物はキレイになっているものの、ほぼ映画の中のままの姿を見ることができます。残念ながら映画館は現在ありませんが、すぐ近くの建物で、主人公トト役をした俳優、カシオの親戚などが「ニューシネマパラダイス博物館」を運営しており、撮影当時の貴重な写真や小道具などを見ることができます。

神殿の谷

シチリアのハイライトとも言えるアグリジェントの神殿の谷は、世界遺産に登録されています。真っ青な空の下に佇む神殿は遥か遠い昔を生きた人たちの息遣いを今に伝えてくれています。今でも活動している活火山のエトナ山を望むタオルミーナ、町全体が宝石箱のように歴史と活気に溢れたパレルモ。シチリアは自然に溢れ、歴史が息づく魅力を詰め込んだ島なのです。

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました