世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

旅行記
旅の写真集
お気に入り

アマゾン川とは?どこにある場所?気候や行き方もご紹介

アマゾンのエコロッジの庭に現れたナマケモノ!

アマゾン河と聞くと、原始的な生活を続ける部族や、ワニ・ピラニアといった恐ろしい生き物など、謎に満ちた場所をイメージします。事実、アマゾン河は世界最大の熱帯雨林と言われ、植物や昆虫、魚、小動物などユニークな生き物の宝庫です。またその規模も規格外!アマゾン河はブラジルを中心に6か国を流れ、総面積はなんと日本の国土の18倍です。地球上の生物種の約1割が生息し、地球上の酸素の20%を生産しているともいわれる(諸説あり)ほど、我々日本人には未知の世界です。そんなアマゾン河を気軽に楽しめるエコロッジがあると聞いて、ツアーに参加してまいりました!

アマゾン河の基本情報

巨大スイレン「オオオニバス」

アマゾン河の気候

アマゾン河流域は年中多雨で高温です。そのため流域には常緑樹林が密生したセルバ(熱帯雨林)が広がっています。12月~5月下旬にかけてが雨季となり、3~7月頃、川の水位が最高位に達します。乾季は6~10月頃で、8~2月頃は低水位期、12月が最低水位です。アマゾン河の支流に入りジャングルウォッチングを楽しむのであれば、水位の高い時期の方が、より奥地に入り込めます。釣りや動物ウォッチングをしたいのであれば低水位期がお勧めです。

アマゾン河への行き方

よく日本の裏側と言われるブラジルですが、アマゾンまでの道のりは容易くはありません。2020年現在、ブラジルまでの直行便は飛んでおらず、主にアメリカ、ヨーロッパ、中東などを経由してサンパウロやリオデジャネイロに入ります。そのあと、さらに国内線に乗り換え、アマゾンの玄関口、マナウスを目指します。マナウスからボートに乗り換え、アマゾン河支流にあるエコロッジに向かいますが、ロッジに到着するまで2~3日かかることは覚悟しましょう。

アマゾン河のお役立ち情報

1年を通して高温多湿のアマゾンでは、虫よけ対策が必須です。虫よけスプレーはもちろんのこと、ジャングルトレッキングの際は長袖・長ズボンがお勧め。しかし、どう予防しても虫刺されは避けられないので、かゆみ止めもあると便利です。またサングラスや帽子、タオル、日焼け止めも必携です。大量の汗をかいたり、濡れたものが渇きにくかったりするので、速乾性のある素材がベターです。ツアー途中に立ち寄るレストランでは、原住民が作ったカラフルなお面や吹き矢、ピラニアのはく製などユニークなお土産が売られています。独特な民芸品はいかにも“アマゾン感”溢れる逸品です。

アマゾン・エコロッジ滞在記

茶色がソリモンエス川、黒がネグロ川。この状態で70㎞も並走するそうです

日本からやっとの思いでアマゾンに到着した私がまず連れて行かれたのは、マナウスから30分ほどスピードボートで進んだところにある、2河川合流地点です。ここはアマゾン河の支流、ネグロ川とソリモンエス川が合流するアマゾン観光ハイライトの一つです。川の合流地点の何がそんなに面白いのかと思うかもしれませんが、見て驚き!黒色のネグロ川と茶色のソリモンエス川が交わる事なく流れているではありませんか!このコントラストが起きるのはそれぞれの川の流れるスピードと、比重や温度が違うためと言われています。手を入れてみると、確かにネグロ川の方が暖かい!なんと神秘的な光景でしょう。

ピラニアが釣れた~!けど、ちっさ(笑)!

アマゾンに生息する怖い生き物といえば、ピラニアやワニをイメージしますよね。アマゾンエコロッジではピラニア釣りや野生のワニを見に行くというナイトクルーズなど、オプションが複数用意されています。まずはピラニア釣りへ。釣り方はいたってシンプル。竹竿に生肉を付けて、ピラニアが食いついた瞬間に竹竿を引き上げるだけ!え?そんなんで釣れるの?という不安をよそにこの超原始的な方法で小さなピラニアが釣れました!そして夜、ドキドキのナイトクルーズです。真っ暗闇のアマゾン河には何か動物の鳴き声・・・。なにやら不気味な雰囲気です。ガイドさんがサーチライトを向けた先に光る二つの目!姿は見えずとも、確かにそこにいるワニの気配。すばやく岸に船を近づけると、ガイドさんは迷いもなくワニを捕まえました。小ぶりなワニとはいえ、恐るべき身体能力です。

お猿さんにも出会えました!

やはりロッジがどういうところなのかも気になるところだと思います。エコロッジはホットシャワーや電気はもちろん、近年wifiもスタンダードになってきています。若干部屋では電波が悪いかな~という印象がありましたが、ロビーなどは問題なし!時折停電してしまうこともありましたが、そんな時は雨に濡れるジャングルを見つめていれば飽きることはありません。思いのほか近代化しているロッジですが、しかしそこはやはりアマゾン。ホテル周辺は熱帯のジャングルに囲まれカラフルなオウムや昆虫、大きなトカゲが現れてびっくりすることも。
私が今回触れたのは広大なアマゾンのほんの数パーセントに過ぎませんが、驚きと発見、興奮に溢れた旅になったことは、言うまでもありません。

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました