世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

【フライト別】インドへの行き方をご紹介!直行便と乗り継ぎ便の特徴も

ガンジス河の沐浴風景

ガンジス河の沐浴風景

海外旅行を愛する皆様、ナマステ!(ヒンディー語でこんにちは)
計り知れない魅力を持ったクセの強い国、インド。世界遺産の数は38ヶ所(2021年1月現在)とアジアで2番目に多く、5000年の長い歴史を有する国ならではの見どころがたくさんあり、またインドにはその広い国、歴史から多種多様な文化もあります。そんなインドへの旅行で気になるのが、まずはインドまでのフライト。飛行時間はどれくらいかかるの?インドのどの都市に飛んでいるの?など気になるポイントを簡単ですがまとめてみました。

日本からインドへはどんなフライトでどこへ行ける?

世界遺産のフマユーン廟(デリー)

世界遺産のフマユーン廟(デリー)

まずはインドのどの都市にフライトがあるかを見ていきましょう。首都のムンバイやデリーの他に複数の都市に海外から飛んでいます。日本でいうと福岡や札幌などの地方都市に海外からのフライトが飛んでいるということでしょうか。人口が多い・IT産業・日本を含めた海外企業の進出、などが海外からインドにフライトが多く飛んでいる要因です。またインドには南アフリカやシンガポールなどの海外に移住し、移住先で定住した印僑と呼ばれる人達や中東諸国に出稼ぎに行く人が多数います。その人達の出身地との往来が数多くありますのでフライトが飛んでいます。
日本からインドへはどんなフライトでどこに行けるかをまとめました。

●デリーへはどんなフライトで行ける?
日本航空(JAL)・全日空(ANA)・エアインディア・キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・マレーシア航空・タイ国際航空・大韓航空・スリランカ航空・中国国際航空など

●ムンバイへはどんなフライトで行ける?
全日空(ANA)・エアインディア・キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・マレーシア航空・タイ国際航空・スリランカ航空など

ハンピ遺跡/ヴィルーパークシャ寺院(ハンピ)

ハンピ遺跡/ヴィルーパークシャ寺院(ハンピ)

●チェンナイへはどんなフライトで行ける?
全日空(ANA)・エアインディア・キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・マレーシア航空・スリランカ航空

●ベンガルールへはどんなフライトで行ける?
日本航空(JAL ※2021年1月現在 就航延期中)・エアインディア・シンガポール航空・タイ国際航空・スリランカ航空など

●コルカタへはどんなフライトで行ける?
エアインディア・シンガポール航空・タイ国際航空・スリランカ航空

●その他の都市へどんなフライトで行ける?
下記航空会社が上記以外の都市へは飛んでいます。
■ハイデラバード
エアインディア・タイ国際航空・シンガポール航空・スリランカ航空

■コーチン
エアインディア・マレーシア航空・シンガポール航空

■アーメダバード
エアインディア・シンガポール航空

その他、エアインディアがインドの都市のほとんどに、スリランカ航空がトリバンドラム・ティルッチラーッパッリ・マドゥライ・コインバトールに飛んでいます。

★エミレーツ航空・カタール航空の中東系の航空会社や、中国南方航空・中国東方航空・中国国際航空などの中国系の航空会社などがインドへ飛んでいます

東京から行くことができるフライト

マハバリプラム/海岸寺院(マハバリプラム)

マハバリプラム/海岸寺院(マハバリプラム)

東京からデリーへはエアインディアが成田空港、全日空(ANA)と日本航空(JAL)が羽田空港と利用航空会社により発着空港が異なります。デリーやムンバイ以外の都市へはアジアの航空会社が飛んでいますので、アジアの都市で乗継の方がデリーなどのインドの都市乗継よりは目的地にスムーズに到着できます。東京からインドへはどんなフライトでどこに行けるかをまとめました

●デリーへは成田?羽田?のどちらから行ける?
・成田空港のみ=エアインディア・マレーシア航空・スリランカ航空
・羽田空港のみ=日本航空(JAL) ・全日空(ANA)
・成田/羽田の両方から=キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・タイ国際航空・大韓航空

●ムンバイへは成田?羽田?のどちらから行ける?
・成田空港のみ=全日空(ANA)・エアインディア・マレーシア航空・スリランカ航空
・成田/羽田の両方から=キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・タイ国際航空

●チェンナイへは成田?羽田?のどちらから行ける?
・成田空港のみ=全日空(ANA)・エアインディア・マレーシア航空・スリランカ航空
・成田/羽田の両方から=キャセイパシフィック航空・シンガポール航空

ヴィクトリア記念館(コルカタ)

ヴィクトリア記念館(コルカタ)

●ベンガルールへは成田?羽田?のどちらから行ける?
・成田空港のみ=日本航空(JAL ※就航延期中)・エアインディア・スリランカ航空
・成田/羽田の両方から=シンガポール航空・タイ国際航空

●コルカタへは成田?羽田?のどちらから行ける?
・成田空港のみ=エアインディア
・成田/羽田の両方から=シンガポール航空・タイ国際航空(成田/羽田)

●その他の都市へは成田?羽田?のどんなフライトで行ける?
■ハイデラバード
・成田空港のみ=エアインディア・マレーシア航空・スリランカ航空
・成田/羽田の両方から=シンガポール航空・タイ国際航空

■コーチン
・成田空港のみ=エアインディア・マレーシア航空
・成田/羽田の両方から=シンガポール航空

■アーメダバード
・成田空港のみ=エアインディア
・成田/羽田の両方から=シンガポール航空(成田/羽田)

大阪から行くことができるフライト?

エレファンタ洞窟第1窟(エレファンタ島)

エレファンタ洞窟第1窟(エレファンタ島)

大阪関西空港からインドまでは、乗り換えなしでエアインディアが飛んでいましたが、最近なくなりました。また、日本の航空会社は、大阪関西空港からインドには飛んでいません。日本の航空会社を利用する際は成田又は羽田で乗継となります。実際に大阪からインドへはどんなフライトでどこに行けるかをまとめてみました

●デリーへは大阪からどんなフライトで行ける?
キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・マレーシア航空・タイ国際航空・大韓航空・中国国際航空など

●ムンバイへは大阪からどんなフライトで行ける?
キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・マレーシア航空・タイ国際航空など

●チェンナイへは大阪からどんなフライトで行ける?
キャセイパシフィック航空・シンガポール航空・マレーシア航空

チャイニーズフィッシングネット

チャイニーズフィッシングネット

●ベンガルールへは大阪からどんなフライトで行ける?
シンガポール航空・タイ国際航空

●コルカタへは大阪からどんなフライトで行ける?
シンガポール航空・タイ国際航空

●その他の都市へは大阪からどんなフライトで行ける?
■ハイデラバード
シンガポール航空・マレーシア航空・タイ国際航空

■コーチン
シンガポール航空・マレーシア航空

■アーメダバード
シンガポール航空

★成田空港/羽田空港の乗り継ぎの問題点…
・成田空港へは日本の国内線の便が少ない=空港での待機の時間が長くなる
・東京(成田、羽田)での宿泊が発生する=日数が増える
・羽田空港⇔成田空港間の移動=バスの渋滞、電車の乗り換えなど意外と大変

*結論=アジアの航空会社が多く飛んでいます。東京乗り継ぎと同じ1回の乗り継ぎならアジアの都市での乗継がおススメです

日本からインドへの直行便は飛んでいる?

インドまでノンストップ・エアインディア

インドまでノンストップ・エアインディア

日本からインドへの直行便は東京からのみで、デリー、ムンバイ、チェンナイ、バンガロールの4都市に飛んでいます。都市別に下記の航空会社が飛んでいます。日本からインドへの直行便を都市別にまとめてみました

乗った瞬間からインド!・機内食はカレー、インド映画も上映

乗った瞬間からインド!・機内食はカレー、インド映画も上映

●デリーへの直行便はどの航空会社が飛んでいるの?
・どんな航空会社?=日本航空(JAL)、全日空(ANA)、エアインディア
・日本のどこから?=東京(成田/羽田)
・どれくらいの時間?=約8~10時間

●ムンバイへの直行便はどの航空会社が飛んでいるの?
・どんな航空会社?=全日空(ANA)
・日本のどこから?=東京(成田空港)
・どれくらいの時間?=約10時間

●チェンナイへの直行便はどの航空会社が飛んでいるの?
・どんな航空会社?=全日空(ANA)
・日本のどこから?=東京(成田空港)
・どれくらいの時間?=約9時間

●ベンガルールへの直行便はどの航空会社が飛んでいるの?
・どんな航空会社?=日本航空(JAL ※就航延期中)
・日本のどこから?=東京(成田空港)
・どれくらいの時間?=約11時間

乗継便の種類と行くことができるインドの都市

日本からインドへの乗継便は主に東南アジアの都市で乗継をします。乗継地によって航空会社、行けるインドの都市、所要時間が異なってきます。

●香港乗継のどんなフライトでインドのどこへ行ける?
・どんな航空会社?=キャセイパシフィック航空
・日本のどこから?=東京(成田/羽田)、大阪、名古屋、福岡の4都市
・インドのどこへ?=デリー、ムンバイ、チェンナイの3都市
・どれくらいの時間?=最短の乗継で約13~14時間

●シンガポール乗継のどんなフライトでインドのどこへ行ける?
・どんな航空会社?=シンガポール航空
・日本のどこから?=東京(成田/羽田)、大阪、名古屋、福岡の4都市
・インドのどこへ?=デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタなど8都市
・どれくらいの時間?=最短の乗継で約14~15時間

マハバリプラム/海岸寺院(マハバリプラム)

マハバリプラム/海岸寺院(マハバリプラム)

●クアラルンプール乗継のどんなフライトでインドのどこへ行ける?
・どんな航空会社?=マレーシア航空
・日本のどこから?=東京(成田)、大阪の2都市
・インドのどこへ?=デリー、ムンバイ、チェンナイなど6都市
・どれくらいの時間?=最短の乗継で約15~16時間

●バンコク乗継のどんなフライトでインドのどこへ行ける?
・どんな航空会社?=タイ国際航空
・日本のどこから?=東京(成田/羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市
・インドのどこへ?=デリー、ムンバイ、チェンナイなどの6都市
・どれくらいの時間?=最短の乗継で約14~15時間

●ソウル乗継のどんなフライトでインドのどこへ行ける?
・どんな航空会社?=大韓航空
・日本のどこから?=東京(成田/羽田)、大阪、名古屋、福岡などの4都市
・インドのどこへ?=デリーの1都市
・どれくらいの時間?=最短の乗継で約13時間

直行便と乗継便のメリット、デメリットは?

直行便と乗り継ぎ便のそれぞれのメリットでメリットもみておきます。

直行便利用のメリット、デメリットは?

※メリット
・目的地に早くつける=翌日からアクティブに観光できる。体力的に楽
・日本の航空会社が飛んでいる=安定のサービス

※デメリット
・インドの都市が4都市=行きたいところへ行けない
・東京発着に集中=地方出発は東京乗継が不安

乗継便のメリット、デメリットは?

※メリット
・直行便の飛んでいないインドの都市へ行ける=行きたいところへ行ける
・日本の地方空港から直接出発が可能=東京での乗継がない
・乗継地で宿泊、観光が可能=経由地で観光も楽しめる

※デメリット
・飛行時間がかかる=体力的につらい
・乗継時間が長くなる=乗継空港での過ごし方が不安
・飛行機の遅延、運休が心配=到着時間が遅れる(例。夜着→早朝着)

※まとめ
目的地には早く着きたい、翌日からの観光に体力を温存したい、そんなあなたには直行便利用をおススメします。インドのデリー以外の地方都市に早く行きたい、乗継地で観光も楽しみたい、そんなあなたには乗継便利用をおススメします。

乗継ならではの楽しみ。その1=経由地で観光も楽しもう

ビクトリアピーク/夜景(香港)

ビクトリアピーク/夜景(香港)

乗継便は所要時間がかかるなどのデメリットがあります。せっかくなのでデメリットを逆手にとり日本への帰りのフライトで経由地の都市に立寄り、インドにプラスして、もう1カ国訪れるのも旅の楽しみ方の1つです。乗継地ならではの楽しみを簡単ですがまとめてみました。

●香港=昼も夜も見どころ溢れる不夜城
九龍半島は香港一の繁華街である尖沙咀を中心に活気に満ちあふれ、ショッピングやグルメが思う存分楽しめます。香港島はビジネス街として知られている一方で、昔ながらの風景も残り、古きよき香港の面影を残しています。

●シンガポール=整った美しい街並みと多民族が共存
オーチャード通りには最先端のファッション、マーライオンのあるマリーナエリアは定番の観光スポットです。

●クアラルンプール=アジアを代表する多国籍シティ
ショッピングならマーケットやブキッビンタン周辺の百貨店へ。旧市街散策希望ならムルデカスクエア周辺のコロニアルな建築物群がおすすめです。様々な味が楽しめるマレーシア料理を堪能するのも楽しみのひとつです。

マーライオン(シンガポール)

マーライオン(シンガポール)

●バンコク=多彩な魅力を持つ「微笑みの国」の首都
物価安が魅力で、王宮や寺院、屋台グルメ、ムエタイ観戦など見どころが多く、近年日本でも人気のタイ料理も本場の味が楽しめます。

●ソウル=言わずと知れた人気観光地
百貨店やコスメショップなどが集まる流行の中心地の明洞や異国情緒あふれるカロスキル、梨泰院などでショッピングや焼肉などのあらゆるグルメが楽しめます。

乗継ならではの楽しみ。その2=乗継空港を楽しもう

シンガポール・チャンギ空港

シンガポール・チャンギ空港

乗継地での宿泊は日数が増えてしまい予定に合わない……
そのようなケースは、乗継時間をあえて長くし、せっかくなので乗継空港を楽しんでみるのもおススメです。アジアの都市から日本へは多彩な時間帯でフライトが飛んでいますので、有料ラウンジでリフレッシュしたり、ショッピングを楽しんだり、食事(カレー以外)をゆっくりと食べたり、マッサージで旅の疲れを癒したりできます。
………が、楽しみすぎて搭乗予定の日本への飛行機の乗り遅れにはくれぐれも注意してください(せっかくの旅行が後味の悪いものになってしまいます)

最後に

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
インドは世界遺産をバッチリ押さえての観光や、インド人の家庭を訪問し実際の生活に触れたり、マーケットを訪れて喧騒を間近に感じたり、南インドでは北インドのような喧騒からはかけ離れた、のどかな風景に心癒されるなど、さまざま楽しみ方が出来る国です。

アフターコロナの世界で海外旅行が自由に出来るようになり、インドへの旅行に行く際のフライトの選択について、参考にしていただければと思います。

航空会社一覧
日本航空 https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/route/network/asia.html
全日空 https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/
エアインディア https://www.airindia.in/index.htm
※就航都市の一覧などがありません
キャセイパシフィック https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/destinations/airports.html
※ページの中ほどに地域別のタブがあります『アジア』をクリックして下さい。インド行きのフライトが出ます。
マレーシア航空 https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja/destinations/asia/flights-to-india.html
シンガポール航空 https://www.singaporeair.com/ja-jp/
※ページの下のあたりに地域別のタブがあります『アジア太平洋』をクリックして下さい。インド行きのフライトが出ます。
タイ国際航空 https://www.thaiairways.com/en_JP/plan/where_we_fly/index.page
※ページの右にある『INTERNATIONAL DESTINATIONS、国際的な目的地』をクリックし、
更に『Asia/Pacific、アジア太平洋地域』をクリックして下さい。インド行きのフライトが出ます。
今回のトラベルアドバイザー
羽鳥 貞昭/40か国訪問

サッカー観戦が趣味で年間30試合以上を応援する熱狂ぶり。遠征先では美味しいものや観光も楽しむことをモットーとしている。いつかは応援するチームの海外での試合に行くことを願っている。ちなみに海外では歴史的建造物をゆっくり見るのが楽しみ。最近は世界の料理や建築物、海外の人が多く住んでいる街、海外の書籍をテーマに探求中。

【FIVE PENGUINS ファイブペンギンズ】をフォローする
アジア
ファイブスタークラブ

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました