世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

ポルトガルに行くなら、一度は泊まってみたいポサーダのすすめ

トラム
ポルトにあるカテドラルの美しいアズレージョ

ポルトにあるカテドラルの美しいアズレージョ

ポルトガルに旅行に行くなら、少なくとも1泊はポサーダに宿泊するのがおすすめです。ポサーダというのは、王宮や古城、修道院などを改修して宿泊施設にしたもの。伝統的な建築様式が使われていたり、長い歴史を持っていたりするポサーダが多く、当時の雰囲気を感じられるのが魅力です。また、元々古城や王宮なので、眺めの良い場所に建てられている場合も多く、美しい景観を楽しめます。さらにレストランもハイレベルで、その地方ならではの郷土料理を美味しく頂けます。ポサーダに泊まれば、きっと旅の素敵な思い出になるでしょう。

ポサーダ・デ・リスボア(リスボン)

サンジョルジェ城から眺めたリスボンの街並み

サンジョルジェ城から眺めたリスボンの街並み

<Pousada de Lisboa>
ポルトガルの重要文化財に指定されている、旧内務省の建物を改装して造られたポサーダです。ポサーダは街からちょっと離れた場所にあることも多いのですが、このポサーダは立地が良いのが特徴です。リスボンの中心部、バイシャ地区にあり、コルメシオ広場にも面していて、観光の拠点としてもかなり便利です。

ポサーダ・デ・リスボア
ポサーダ名 Pousada de Lisboa
住所 raca do Comercio 31-34, 1100-148 Lisboa
HP https://www.pousadas.pt/en/hotel/pousada-lisboa
リスボンと言えば、レトロな市電を見ておきたい。

リスボンと言えば、レトロな市電を見ておきたい。

唯一と言えるマイナスポイントは、人によっては外の音が気になってしまうかもしれない点です。目の前の道を市電が通るので、多少は音が聞こえてしまいます。ただ、それだけ街の中心部にあり、リスボン名物のレトロな市電を楽しめるとも考えられますね。
建物は市電と同じ黄色が目を引く外観で、中に入ると、当時の面影を残しながらも現代らしいエレガントなデザインの内装になっています。

パラシオ・ド・フレイショ(ポルト)

堂々とした外観で安定感がありますね。

堂々とした外観で安定感がありますね。

<Pestana Palacio Do Freixo>
宮殿と製粉工場という2つの建物を改装したユニークなポサーダです。18世紀に建てられたフレイショ宮殿を改装した部分は、レセプションやレストランとして使われていて、豪華な内装でまさに宮殿に滞在する気分を味わえます。製粉工場を改装した部分は客室棟として使われ、モダンな造りになっています。お部屋はシンプルで快適ですよ。

パラシオ・ド・フレイショ
ポサーダ名 Pestana Palacio Do Freixo
住所 Rua da Estrada Nacional 108, 4300-316 Porto
HP https://www.pestanacollection.com/en/hotel/freixo-palace
宮殿部分は繊細で優雅な雰囲気。

宮殿部分は繊細で優雅な雰囲気。

ドウロ川沿いの立地なので、リバービューのお部屋を選べば客室内でドウロ川を眺めながらロマンティックな滞在ができます。また、ドウロ川に面したプールはインフィニティ・プールになっていて、リゾート気分でゆったり過ごすのも素敵ですね。
ポルトの旧市街からは車で10分ほどで、市街エリアとの間にはフリーシャトルも運行しているので便利です。

ポサーダ・カステロ(オビドス)

こんな堅牢なお城に泊まれるなんて驚きですね。

こんな堅牢なお城に泊まれるなんて驚きですね。

<Pousada Castelo de Obidos>
オビドスはおとぎ話に出てくるような可愛らしい小さな町で、その美しさはポルトガルの王妃も気に入り、直轄地にしてしまったほどです。観光客にも人気の町で、ここの古城を改装したのがポサーダ・カステロです。

ポサーダ・カステロ
ポサーダ名 Pousada Castelo de Obidos
住所 Paco Real , 2510-999 ,Obidos
HP https://www.pousadas.pt/en/contents/hotels-obidos
名産のジンジャ(サクランボを漬けた果実酒)を売る店

名産のジンジャ(サクランボを漬けた果実酒)を売る店

このポサーダは、城壁に囲まれた町の頂に位置する、15世紀のお城を改装して造られました。眺めも良く、白い町並や田園風景を楽しめます。内装は落ち着いた雰囲気にアンティークな家具が並び、とても居心地が良いですよ。ポサーダの中でもかなり人気が高く、部屋数も少ないので、泊まりたいなら早目の予約が必須です。
レストランも評判で、この地方ならではの郷土料理を堪能できます。宿泊せずにレストランだけの利用も可能なので、観光中にランチや休憩で利用するのも良いですね。

ポサーダ・コンヴェント・デ・エヴォラ(エヴォラ)

ロイオス教会では美しいアズレージョも見られます。

ロイオス教会では美しいアズレージョも見られます。

<Pousada Convento de Evora>(旧ポサーダ・ドス・ロイオス)
リスボンの東、アレンテージョ地方の中心都市で、世界遺産にも登録されているエヴォラの町にあるポサーダです。この街には、ローマ時代からイスラム教時代、キリスト教時代と幾多の歴史を経て、様々な建築様式が残っています。

ポサーダ・コンヴェント・デ・エヴォラ
ポサーダ名 Pousada Convento de Evora
住所 Largo do Conde de Vila Flor, 7000-804 Évora
HP https://www.pousadas.pt/en/hotel/pousada-evora

温かみがあって、ゆったり寛げそうですね。

温かみがあって、ゆったり寛げそうですね。

そんな歴史あるエヴォラの街の中でも特に貴重な建造物であるロイオス教会の修道院を改修して作られました。アーチ型の廊下や天井が特徴で、至るところで歴史の重さを感じられます。
レストランは料理が美味しいのはもちろん、修道院の回廊を改装してあり、お庭の側はなんと全面がガラス張り。開放的な雰囲気でお食事を頂けると評判です。

ポサーダ・カステロ・エストレモス(エストレモス)

ポサーダとトレス・コロアス塔

ポサーダとトレス・コロアス塔

<Pousada Castelo de Estremoz>
先ほどのエヴォラの北東にあるのがエストレモスの町です。13世紀ディニス王がイザベル王妃のために小高い丘にお城を建て、それを囲むように城壁が築かれた町です。ポサーダ・カステロ・エストレモスはそんな豪華なお城を改装したもので、歴史あるお城に宿泊するという、なんとも貴重な経験が出来るのです。シャンデリアや繊細な装飾、エレガントな調度品や荘厳な雰囲気に当時の面影が残されています。

ポサーダ・カステロ・エストレモス
ポサーダ名 Pousada Castelo de Estremoz
住所 Largo de D. Diniz , 7100-509 , Estremoz
HP https://www.pousadas.pt/en/hotel/pousada-estremoz
塔の頂上から見たエストレモスの町並み

塔の頂上から見たエストレモスの町並み

また、このポサーダは眺めが良いのも特徴で、庭園やプールからはエストレモスの街並みや広大なアレンテージョ平原が一望できます。さらに、ポサーダのシンボルにもなっているトレス・コロアス塔に登れば、抜群の景観を楽しめますよ。

ポサーダ・デ・サンタ・マリーニャ(ギラマンイス)

ポサーダ・デ・サンタ・マリーニャの外観

ポサーダ・デ・サンタ・マリーニャの外観

<Pousada Mosteiro de Guimaraes>
ギマランイスは初代ポルトガル国王であるアフォンソ・エンリケスが生まれた街です。ポサーダ・デ・サンタ・マリーニャは、そんなギマランイスの街の中心部から約2km、街を見下ろせる丘の上にある、ポルトガル最大のポサーダです。

ポサーダ・デ・サンタ・マリーニャ
ポサーダ名 Pousada Mosteiro de Guimaraes
住所 Largo Domingos Leite de Castro, Lugar da Costa , 4810-011 , Guimarães
HP https://www.pousadas.pt/en/hotel/pousada-guimaraes
レストランで地元特産ワインや郷土料理も楽しめます。

レストランで地元特産ワインや郷土料理も楽しめます。

12世紀のアウグスティノ修道院を改装したもので、1985年に国の建築賞を受賞した歴史もあります。修道院はアフォンソ・エンリケスの王妃が建てたものですが、豪華な内装や16世紀のアズレージョ(ポルトガル各地で見られる青い装飾タイル)、花崗岩の噴水など、宮殿のような雰囲気が楽しめるのが魅力となっています。

まとめ

せっかくポルトガルを訪れるなら、ここでしか泊まれないポサーダに挑戦してみるのがおすすめです。ポサーダによって雰囲気も異なるので、いくつか泊まって比べてみるのも楽しいですよ。

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました