世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

旅行記
旅の写真集
お気に入り

誰も知らなかったクック諸島の魅力を探る

水上コテージから眺める絶景アイツタキの海

南太平洋上の日付変更線を超えたところに浮かぶ島国「クック諸島」。島の名前の由来はもちろん、冒険家キャプテン・クック。諸島は点在する15の島々によって構成され、それぞれの島には、かつてキャプテン・クックをも魅了したであろう豊かな自然が広がります。
実は、このクック諸島、ニュージーランドの首都オークランドから約3時間と意外にもアクセス良好。にもかかわらず日本人にはまだあまり知られていない国の一つです。……島の神々が守り続けてくれている、見渡す限りの大自然と果てしなく青い海。さぁ、次の旅の行き先はクック諸島で決まりです。

クック諸島の基本情報

アイツタキのラグーンに浮かぶワン・フット・アイランド

クック諸島の気候

クック諸島の気候は一年を通してそれほど変わりません。気温も25~28度前後、11~3月が最も暑く時々雨も降ります。服装は完全に夏服、リゾート服でOKです。日差しが強いのでサングラスや帽子もあった方がいいでしょう。

クック諸島への行き方

一番便利な行き方は、ニュージーランド航空を利用し、首都オークランドで乗り継いでラロトンガ島へ入るルートです。ただし、毎日同じ時間に飛んでいる路線ではない為、飛行機のスケジュールに合わせて旅行を計画する方がいいでしょう。また、本数は少ないですが、タヒチ経由のエア・タヒチヌイ航空を利用しても行くことができ、タヒチ&クック諸島の2か国周遊も可能です。”

クック諸島のお役立ち情報

まだまだ通信環境が進んでいない為、WIFIなどは有料のホテルが多いです。ここではゆっくり本でも読むことをおすすめされているのかもしれません。アイツタキ島だけでなくラロトンガ島もですが、ホテルの周りにはコンビニエンスストアなどがありません。ラロトンガの中心地アバルアにはスーパーもありますので最低限の買い物は可能ですが、アイツタキの唯一の町アルタンガには小さな商店があるだけです。必要なものは日本から持参されるがいいでしょう。またこの国では英語が公用語の為、どこでも英語が通じるので安心です。

クック諸島ではただひたすら何もしない贅沢な時間を。

リゾートの目の前は美しい静かな海が続く・・・

【ラロトンガ島】
国際空港のあるラロトンガ島は島一周が32キロ、自転車でも1日で回れてしまうサイズの島です。島はリーフが生み出す美しいターコイズブルーの海と、真っ白な白砂ビーチに囲まれているので、どこへ行っても、いつでも海が目の前にあります。この島は火山島でもあり、島の中心には600mほどの山々も連なり、その緑も深くて神秘的で美しいのです。海と山、ちょっとしたローカル町を楽しめるのがラロトンガ島です。

青い海と白い砂浜生き生きとした緑の絶景の中をクルーズ

【アイツタキ島】
もう一つの人気の島・アイツタキ島はラロトンガから飛行機で約50分、美しいラグーンに囲まれた楽園島です。こんなに美しい海が世の中にあったのかと思わずにはいられない絶景があります。アイツタキ島はいくつかの島で成り立っていますが、リゾートがあるのはメイン島であるテ・コウツのみ。あとは人の住めない無人の小さな島となっています。その島々とラグーンを一日かけて満喫する「ラグーンクルーズ」はマスト。一生の思い出となるはずです。

大人向けリゾート「アイツタキ・ラグーン・リゾート&スパ」

【リゾートの選び方】
クック諸島のリゾートへはニュージーランドからの家族連れも多いのですが、12歳、18歳以下の宿泊がNGとなっている大人向けのリゾートもあります。美しい海を見ながら静かに過ごしたいというカップルやご夫婦にはこの大人向けリゾートがおすすめ。逆に家族連れにも子供OKリゾートの方が気兼ねなくステイ出来るのでいいですよね。豪華リゾートからバンガロータイプのアットホームなリゾートまでありますが、いずれも客室数はかなり少ないので早目の予約が必須です。

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました