世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

モロッコ旅行で楽しむ魅惑のグルメ7選

モロッコではヒヨコ豆や野菜類を使ったオードブルが豪華!

モロッコではヒヨコ豆や野菜類を使ったオードブルが豪華!

旅行の楽しみの一つといえば現地のグルメ!日本ではなかなか食べられない料理の数々は大切な旅の思い出となること間違いなしです。ところで、モロッコ料理といえば何が思いつくでしょうか?タジン鍋やクスクスはきっと聞いたことがある方も多いでしょうが、どういった料理なの?他にモロッコ料理って何があるの?と思った方もいるはずです。または、モロッコ料理なんて美味しいの?と疑問に思われる方もいるでしょう。そこで今回は、「侮ることなかれ!」な魅力たっぷりでとても美味しいモロッコのグルメ7選をご紹介いたします。

柔らかく煮込まれた具材がおいしいタジン

たくさん並んだタジン鍋を一つ一つ調理するのは大変だろうなあ。

たくさん並んだタジン鍋を一つ一つ調理するのは大変だろうなあ。

タジンとは、とんがり帽子のような可愛らしい蓋のあるタジン鍋で調理された料理のこと。煮込む際に水を使わず、野菜や肉の水分だけで調理するというモロッコ独自の料理です。しっかりと煮込まれたチキンやラム、ケフタ(ひき肉)等はとても柔らかく、野菜には肉の旨味がしみ込んでいてとても美味しい料理です。

ヘルシーすぎる野菜のタジンは食べ過ぎても罪悪感なし?!

ヘルシーすぎる野菜のタジンは食べ過ぎても罪悪感なし?!

肉や魚が入ったタジンが多いですが、野菜だけのタジンもあります。素材の旨味がしっかり強調されている野菜のタジンも百点満点の美味しさです。モロッコ人が毎日食べているというタジン。水を使わない分、調理に少々時間がかかりますが、モロッコに行ったならマストで食べるべき料理です。

スパイスの調合が味の決め手・クスクス

具材もたくさん入ったクスクスは満腹になること間違いなし。

具材もたくさん入ったクスクスは満腹になること間違いなし。

「世界最小のパスタ」と呼ばれているクスクスは、モロッコだけでなく北アフリカで広く食べられている料理です。使われているのはスムールというとても小さな粒の小麦。二層状の鍋を使い、下部で野菜や肉を煮こみ、上部でスムールを蒸します。スープの蒸気で蒸されたスムールにさらにスープをかけるので、具材の旨味ががしっかりとスムールにしみ込んでいます。

スムールを作る名人のおばあちゃん。

スムールを作る名人のおばあちゃん。

本当に細かいパスタなので、パスタというよりお米を食べているような感覚でした。具材を煮込んだスープとスムールの相性は抜群だし、スパイスで味付けされ煮込まれた野菜やお肉も柔らかくて美味しい!タジン鍋同様に、モロッコに来たなら食べないわけにはいかないといえる料理でしょう。

食後やおやつ時には欠かせないミントティー

ホテルに着いたらまずはミントティーで一休み。

ホテルに着いたらまずはミントティーで一休み。

モロッコの飲み物といえば有名なのはミントティーです。ホテルでのウェルカムドリンクやツアー中のおもてなしには必ず出されます。茶葉に使用されているのは、その昔伝わったとされる中国緑茶。そこに生のミントと甘い砂糖をたっぷりと入れます。通常は温かいものですが、冷えた状態でもとてもおいしく、一息つきたい時には欠かせない飲み物です。

甘いお菓子にはすっきりした砂糖なしのミントティーがベストマッチ。

甘いお菓子にはすっきりした砂糖なしのミントティーがベストマッチ。

甘いお茶が苦手な方は砂糖なしが良いと伝えてください。すっきりとミントが香るおいしいお茶を提供してくれます。ミントティーを入れるミントティーグラスも、シンプルなものからカラフルなものまでさまざまな種類があるので、飲むたびに楽しめることは間違いなしです!

ジューシーな肉の串焼き・ケバブ

付け合わせのポテトとの相性も抜群。

付け合わせのポテトとの相性も抜群。

ケバブという料理で思い浮かべるのはトルコかもしれませんが、ケバブ自体はアラブ圏全体で食べられている料理です。鶏や牛、羊などの肉を串に刺し、炭火でじっくりと焼いたものを指します。いわゆるバーベキューのお肉です。シンプルな料理なので、もし万が一他のモロッコ料理が口に合わなかったとしても、ケバブなら間違いなく日本人の口に合うはずです。

お手軽な屋台でもケバブに挑戦!

お手軽な屋台でもケバブに挑戦!

日本でのバーベキューや焼き鳥と違う点は、スパイスが使われているということ。焼く前にスパイスをお肉に揉みこみ、じっくりと炭火で焼くことで、スパイスの風味がしっかりとしみ込んだケバブが完成します。長い鉄製の串からお肉を抜くのが少し大変ですが、美味しいことは間違いありません。ぜひ、いろいろな種類のお肉を使ったケバブに挑戦してみてください。

栄養満点スープのハリラ

パスタを入れることもあり、スープだけでも十分お腹いっぱいになる。

パスタを入れることもあり、スープだけでも十分お腹いっぱいになる。

国民の大半がイスラム教徒であるモロッコ。そのモロッコで、断食するラマダン期間が明けた後に食べる、体に優しいスープがあります。「これを飲めば医者はいらない」とまで言われているほど栄養満点スープの名前は、ハリラです。トマトベースのスープで、具材には主にヒヨコ豆、レンズ豆、玉ねぎ、牛肉などが使われます。そこに小麦粉でとろみをつけ、ターメリックやコリアンダーといったスパイスで味の調整がされています。

パンにつけて食べても間違いなく美味しい。

パンにつけて食べても間違いなく美味しい。

もちろんラマダン明け以外でも飲まれています。日本から遠く離れたモロッコでの旅行、知らず知らずのうちに体に疲労がたまっているはず。もし少しでも体調がすぐれなくて食欲がない、なんて場合はぜひハリラを飲むことをお勧めします。もちろん、元気な時でも美味しく食べれる栄養満点スープですので、ぜひ一度注文してみてください。

100%搾りたてオレンジジュース

生搾りだとジュースの色がかなり濃い!

生搾りだとジュースの色がかなり濃い!

オレンジの木が街路樹にされていたり、パティオという中庭に植えられていたりと、モロッコ人にとってオレンジはとっても身近なフルーツです。そのため、オレンジを贅沢に使用した生搾りオレンジジュースがそこかしこで楽しめます。一番有名なのは、マラケシュ旧市街の中心、ジャマエルフナ広場の屋台。いくつものオレンジジュース屋さんが並び、どこでもおいしい粒入りのオレンジジュースを楽しめます。

砂漠キャンプでもおいしいオレンジジュースがいただける。

砂漠キャンプでもおいしいオレンジジュースがいただける。

砂糖を一切使用せず、オレンジ本来の甘みと酸味が100%楽しめる生搾りオレンジジュース。注文すると、オレンジを贅沢に4つほど使って作ってくれます。一から搾るので小さな露店だと出来上がるまでに時間が少々かかりますが、抜群の美味しさなので旅行中毎日飲んでも飽きることはないでしょう。

モロッコでポピュラーなパン・ホブス

モロッコの朝食はとてもシンプル!ホブスにオイルや蜂蜜をつけると最高。

モロッコの朝食はとてもシンプル!ホブスにオイルや蜂蜜をつけると最高。

あまり日本では馴染みがないかもしれませんが、モロッコ人の主食はパンです。ほぼ毎日パンを食べ、市街にはたくさんのパン屋さんが軒を連ねています。中でもよく食べられているのが、ホブスという名前の平たい大きなパン。朝食から夕食まで、どのタイミングでも必ずと言っていいほど食卓に用意されています。

レストランでは注文が済んだらすぐに出てくる。

レストランでは注文が済んだらすぐに出てくる。

朝食ならジャムや蜂蜜、オリーブオイルと共に。昼食・夕食ならタジンやハリラのスープにつけて食べるのが相性抜群です。もちろんホブス単体でも無心で食べられるほどの美味しさなので、メインの料理が来る前に食べ過ぎないように注意が必要かもしれません。

 

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました