世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

オーストラリア入国制限|いつから行ける?コロナ後の旅行(最新)

ハミルトン島のハートリーフ、美しさと可愛さの融合です。

ハミルトン島のハートリーフ、美しさと可愛さの融合です。

みなさんこんにちは!今日はオーストラリアの現在の状況と旅行の参考になる情報をお届けします!日本の21倍と広大な国土を持つオーストラリアには、季節と場所によって様々な顔があります。日本と逆の四季があり、オーストラリア大陸ならではの動物の宝庫であり、世界一住みやすい街があり、ワインがおいしく、常夏のビーチリゾート、オセアニア最大の都市、砂漠、美しい海岸線、自然、英国の風漂う街と種類豊かな食!一度には語り切れない魅力が詰まっています。早く旅行したいものです!!

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_071.html#ad-image-0

オーストラリア:いつから海外旅行に行ける?(11/8更新)

ヨーロッパ調のレトロで可愛らしい街並みが多いです。

ヨーロッパ調のレトロで可愛らしい街並みが多いです。

現在、日本の外務省が発出している危険度情報では、オーストラリアは渡航中止勧告であるレベル3からレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に引き下げられました。しかし、オーストラリア側がニュージーランドを除くすべての国に対してオーストラリアへの入国を制限しているので、まだ旅行はできません。入国が認められているのは、オーストラリア人及び永住者とその近親者のみです。

ワイナリーでチーズやオリーブをお供に。こんなの手と口が止まりません。

ワイナリーでチーズやオリーブをお供に。こんなの手と口が止まりません。

2021年1月22日から、5歳以上の豪州への渡航者(豪州をトランジットで通過する者も含む)は、出発前72時間以内のCOVID-19検査(陰性証明)をチェックイン時に提出する必要があります。また全渡航者に対して、指定された施設における14日間の強制的な自己隔離の義務付けもあります。

ただし乗り継ぎや周遊は注意!

ケアンズにてホテルの前に素敵な遊歩道発見!

ケアンズにてホテルの前に素敵な遊歩道発見!

今後オーストラリアが日本人の受け入れを許したとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国や乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。例えば、隣国のニュージーランドはオーストラリアと同様に日本人の入国を許可していません。

お!本当にペリカンいた!!

お!本当にペリカンいた!!

一方で、現在オーストラリアでは国際線乗り継ぎが認められています!国際線乗り継ぎをする場合、日本人は8時間以内であれば無審査入国が認められており、トランジットビザも不要です。なお、8時間以上の滞在または空港から一時外出する場合はトランジットビザの取得やオンラインでのETAS取得が必要になります。ただし、今後の日本内での感染者数によって条件が変わる可能性もあるということを念頭に置いておくべきです。

帰国後の規制について

魔女の宅急便のパン屋のモデルと言われている、「ロスビレッジベーカリー」

魔女の宅急便のパン屋のモデルと言われている、「ロスビレッジベーカリー」

帰りの飛行機にも無事乗れた!しかし「オーストラリア旅行楽しかったな~!」では終わりません。日本帰国後14日間は、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されています。空港から自宅へは公共交通機関を使ってはいけません。家族によるお迎えやハイヤー、レンタカーが許可されています。自宅待機中も保健所による簡単な健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けましょう!

クイーンヴィクトリアマーケットにて。ビタミンと自然のエネルギーをチャージ。

クイーンヴィクトリアマーケットにて。ビタミンと自然のエネルギーをチャージ。

ところで2021年1月13日より全ての日本人帰国者に対して、日本入国時の検査に加え、現地出国前72時間以内の検査証明の提出が新たに義務となりました。
世界的にワクチンの接種が始まり徐々に世界が開かれていくと思われますが、今はまだ辛抱が必要な時期。いずれ来るであろう収束を信じて、感染拡大を少しでも抑えられる様出来ることを行っていきましょう!

オーストラリア旅行を計画するなら今!

スーパーは美味しそうなものの宝庫。スナックに食事にお土産に!楽しい!

スーパーは美味しそうなものの宝庫。スナックに食事にお土産に!楽しい!

オーストラリアは国土が広大で様々な気候と季節を持つものの、年間を通して比較的過ごしやすい気候のため、旅行もしやすいです。日本からも最短(北部の超有名リゾート地ケアンズまで)で7時間のフライトと意外とアクセスしやすいです。そのため、日本帰国後の自己隔離規制が撤廃されればオーストラリアは注目されやすい旅行先と言えます。

2021年7月1日にサッカーワールドカップ最終予選のグループ発表されました。日本と同じB組となったオーストラリア。日本vsオーストラリア戦は、ホーム戦が2021年10月12日、オーストラリアで行うアウェー戦が2022年3月24日(キャンベラ)を予定しています。今から楽しみですね。感染が治まり、試合までにオーストラリアへの入国制限が少しでも緩和されることを願います。

プールでゆっくり自分の時間を楽しんで♪

プールでゆっくり自分の時間を楽しんで♪

コロナが蔓延している今は、海外旅行のことを考える気分でない人も多いはず。しかし、近い将来、日本帰国時における自己隔離規制が撤廃されれば、海外旅行人気が爆発し、これまで海外旅行に行きたかった人々が一斉に予約を入れ、旅行代金は高騰します。でも行けるかどうかわからない旅行を予約して、やっぱり行けなくなってキャンセルチャージを払う…なんてことはしたくないですよね?そう思う方々には、旅行会社を通じで企画旅行での予約がおすすめ!企画旅行の場合、出発前日から起算して30日前までキャンセルチャージはかかりません(ピーク期は40日前)。
企画旅行を申し込むにあたっては、旅のプロフェッショナルがいる旅行会社に依頼するのがベストです。個人の細かなニーズに合わせて旅行をアレンジしてくれる会社を選びましょう!旅のプロが揃った海外旅行専門旅行社「ファイブスタークラブ」を利用すればアフターコロナの旅行の仕方や、予約について、旅のアレンジなどなんでもお気軽にご相談いただけます。

オーストラリアの行き方

カンガルーに餌やり!ポッケに入っている赤ちゃんカンガルーも見れちゃいます。

カンガルーに餌やり!ポッケに入っている赤ちゃんカンガルーも見れちゃいます。

オーストラリアへは主にカンタス航空、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)を利用して直行便で行くことができ、とても便利です。直行便はシドニー、メルボルン、ブリスベン、パースにそれぞれ就航しています。また、格安航空(LCC)のジェットスターを利用すれば、ケアンズ、ゴールドコーストにも直行便で行くことができます。フライトの所要時間は都市によって7時間~10時間半です。

ポート・ジャクソン湾クルーズでハーバーブリッジとオペラハウスを一気に堪能

ポート・ジャクソン湾クルーズでハーバーブリッジとオペラハウスを一気に堪能

ただし、現在はコロナの影響でJALとANAのみ羽田・シドニー間での運航を行っています。カンタス航空、ジェットスターでは国際線の運航休止が発表されています(豪州・ニュージーランド間を除く)。

オーストラリアの気候

必ず訪れたい!サーファーズパラダイスはテンションが上がります!!

必ず訪れたい!サーファーズパラダイスはテンションが上がります!!

オーストラリアは熱帯、亜熱帯、温帯、冷温帯、砂漠気候の5つの気候帯に属する広大な国です。そのため、旅行する都市に合わせた服装をしましょう!北部のダーウィンやケアンズ、グレートバリアリーフは熱帯性気候のため、天候が落ち着く乾季が旅行に最適です。東部のハミルトン島、ゴールドコースト、ブリスベンは年間を通して温暖で晴れ間が多く、何月に旅行しても楽しく過ごせること間違いなしです♪東南部のシドニー、メルボルン、キャンベラ、アデレードは日本とは逆の四季があります。これって夏大好き冬苦手な私にとっては最高です。極寒の冬にオーストラリアに逃げれば向こうは夏なのですから!!笑(逆もしかり。)真夏のクリスマスも体験できます!

やっぱり美しい、、肉眼で見たいエアーズロック

やっぱり美しい、、肉眼で見たいエアーズロック

それにしても有難いのは、なんと言っても湿度の低さです!日本とは違い空気がとてもカラッとしているので、夏の41℃でも過ごせちゃいます。びっくりですよね!ただ、『灼熱』とはこのことを言うのだ、と思うほど太陽がジリジリ照り付けます。肌を守るために薄手のカーディガンなどを羽織った方が暑さを感じなかったりするのでご参考に!

オーストラリアの見どころ

大迫力でドキドキ。パヌルル国立公園にて。アクティビティに参加しよう!

大迫力でドキドキ。パヌルル国立公園にて。アクティビティに参加しよう!

見どころは沢山ありますが、やはり一番はバリエーション豊かな自然ではないでしょうか!オーストラリアならではの動物、海、自然から恵まれたワイン、世界遺産。心が豊かになるスポットに溢れています。

絶景のホワイトヘブンビーチ。美しいマーブル模様に息をのみます。

絶景のホワイトヘブンビーチ。美しいマーブル模様に息をのみます。

もう一つの見どころは多国籍な文化です。例えばメルボルン。シティ内はカフェやアートが多いだけでなく、トラムのすぐ傍に馬車が走っていたり、教会の隣にモスクが建っていたり、新旧と複数の宗教が入り乱れ独特の景観を作ります。というのも実は、オーストラリアは人口のうち移民が占める割合、そして移民人口、いずれも世界でトップクラスなのです。その数は年々増えて来てもいます。それゆえ、食や生活スタイルも様々。何度来ても毎回違う顔を魅せてくれるオーストラリア…嗚呼!早く行きたいものですね!

今回のトラベルアドバイザー
岡野 由里/84か国訪問

初めての海外旅行から30年旅行業界に入って約20年80ヵ国以上の旅経験を通じて実際にみて本当によかった事を旅の手配に活かすことに喜びを感じます。歩いて探したおすすめの場所を是非ご自身の目で見て確かめていただきたい!!旅が好きな人の気持ちに寄り添ったプラン作りのお手伝いを得意とします。

【FIVE PENGUINS ファイブペンギンズ】をフォローする
オセアニア
ファイブスタークラブ

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました